偽善でも、人気取りのためでも

自分はこんなに世界の問題をまじめに考えているんだ!すごいでしょ?ほめてよ?

・・・こんな恥ずかしい気持だとしても

自分の気持ちをはっきりさせることはできないけど

全部無関心より良いと思う

やっぱり現地の人の気持ちや

直接関係のある人が被害にあった人の気持ちというのは

本当の意味でわからない

でも、だからと言って無関心になって

何もしなくなってしまったらそれは最悪だと思う



今日タワーレコードに行った

どうしても欲しいCDがあったから

I LOVE YOU & I NEED YOU ふくしま/猪苗代湖ズ

何枚か買ったから欲しい生徒に配ろうと思う

このCDの利益は福島県に寄付される

僕は自分の好きなアーティストを生徒に知ってもらえる

生徒はただで歌が聞ける

まずはここまでやってみる

・・・そっから先は任せてみよう

誰に?

現地の人に?ボランティアでがんばる人たちに?

偉い政治家に?歌を歌う人たちに?歌を聞いた子供たちに?

このうたから広がる全ての人に期待したい

もちろん自分にもね
2011.03.12 満月の夕
昨日からテレビでは悲しい映像や情報ばかりが流されていて

なんともいえない気持ちで胸がいっぱいになります

本当なら高校入試のことで、頭がいっぱいになる時期なのに

それ以外の情報が無理やり、脳内に入ってくる感じです

普通にシャワーを浴びたり、エアコンをつけたり

もっと言うなら塾に来て勉強できたり

そういった僕たちにとっての「当たり前」を簡単に災害は呑み込んでいきます


ところで

生徒たちは知っているかもしれませんが

僕はよく塾で音楽を聞いています

だいたい月に3枚ほどはCDを買ったりするので

一般的な人と比べれば、よく聞く方に分類されるのではないでしょうか?

そんな僕が過去に聞いてきた曲の中でも、特に大好きな曲が1つあります

それは「満月の夕」という曲です


以下wikipediaより転載



1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の惨状、復興への厳しい現実、それらに向き合おうとする被災地の人々の姿が歌い込まれている(震災当日の夜、満月がのぼっていた)。
関西に活動拠点を置くソウル・フラワー・ユニオンは、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットという別動隊バンドで、被災した阪神各地の避難所を数多く訪れて、慰問ライブを行っている(1995年だけでそのライヴの回数は百回を越えている)。ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬とヒートウェイヴの山口洋はかねてより親交が深かった(「盟友関係にあった」といってもよい)。その中川に招かれて被災地を訪れた山口もまた、その惨状を目にして思わず言葉を失ったという。同年2月10日、被災地の神戸で慰問ライヴ活動を開始したソウル・フラワー・モノノケ・サミットの中川が、2月14日、神戸市長田区の南駒栄公園で行ったライヴの光景を元に、山口と作った主旋律の一部に乗せて一気に書き上げた。その日の神戸の空には、震災から丸一か月の満月が浮かんでおり、最大余震の到来が噂される中、ライヴを観る被災者たちが口々に「満月を見るの、怖いわ」と言っていたのを中川が耳にしたことから、この唄は産まれている。



僕はこの曲を初めて知ったのは

ガガガSPという神戸のバンドがカバーしているものを聞いたときでした

元々好きだった曲なのですが、カバーということを知り

その背景を知り、忘れることのできない一曲になりました

そして聞けば聞くほど思うようになりました

なんであのとき何かをしようと思えなかったんだろうと



思えば阪神大震災が起こった1995年

僕は高校1年生

たいしてまじめな学生でも無かったんだから

別に学校なんて休んで、ボランティアでもなんでも行けたはずです

直後は無理にしても、春休みとかできたことはあったはずです

いまさらそんなん考えてもとか、ただの偽善じゃんとか

自分でも思います

でも曲を好きになればなるほど

何かできたんじゃないか?という気持ちも強くなるのです



また大きな地震が起こりました

まだ被害の全容の把握も難しいほどの大規模な地震です

今の僕にできることもあると思います

調べたところこんな文章を見つけました

災害が起きると全国から様々な支援物資が送られてきますが、
物資が原因の新たな災害が引き起こされる危険性があることはあまり知られていません。
中越地震では物資が無節操に届き過ぎることで、
被災者が毎日徹夜で仕分け作業を行わなければならなくなったり、
日が経って腐ってしまった生ものを報道陣に隠れて処分しなければなりませんでした。
せっかくの支援物資が災害を起こさないために読んで欲しいです。

過去の地震の場合の情報ですので、
今回の地震には当てはまらない点もある可能性があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○物資の送り方○
1つの段ボールには1つのものしか入れない。
いろいろなものを少しずつ入れると仕分けに苦労します。
段ボールの表面の見えやすい場所に大きく何が入っているかを書く「水」や「おむつ」など。
重すぎないようにする。ペットボトル飲料などを入れるときは注意。
常識ですが、食べ残しのようなものや、消費期限の切れたものは入れない。
お金を送る方がいい場合もあります。
お金は封筒に入れて送るとわかりにくいので必ず振り込みましょう。


○何を送ればいいか○

避難所で喜ばれる物資を分類して書いておきます。
また、送られると困るものも書いておきます。

ソースは「震災がつなぐ全国ネットワークさんの冊子より」

・食料
喜ばれるもの:飲料水、カップ麺、お湯だけで作れるレトルト食品、乳児用粉ミルク、哺乳瓶

困るもの:野菜や魚などのなまもの、アイス、電子レンジで調理しなければならないもの、消費期限切れ食品

・衛生用品
喜ばれるもの:おむつ、生理用品、歯磨き、石けん、タオル、トイレットペーパー、ウエットティッシュ、マスク、水を使わないシャンプー、

・その他
喜ばれるもの:マスク、新品の肌着や衣類、使い捨てカイロ

困るもの:古着(古着は誰も貰いません、ゴミになるだけです)、
家でかきあつめたようなこざこざ、趣味で作った装飾品、絵画など。


・医薬品
医薬品は医師や薬剤師がいないと配れません。
自分に処方された薬などをたまに送る方がいらっしゃいますが誰も使えません。
本音を言えばモノよりお金だそうです。
自宅の不要品処理のような気持ちで送らないようにしましょう。



ボランティアに直接行くことはできないかもしれません

でも寄付金を送ることくらいはできます

偽善でもなんでもいい

何か行動を起こしたいと思います

自分が好きな曲をいつまでも好きでいられるように

クソガキだった過去の自分からきちんと成長したと言えるように

いたって個人的な理由ですが

それでも何かをすることが大事でしょう?
2010.10.26 羅針盤
情熱の羅針盤は 君の胸にありますか?

その針震えて くるっと回って未来をさす

情熱の羅針盤は未来をいつもさしている

ほつれる蜘蛛の糸 切れそうでも伝ってゆく

羅針盤/ASIAN KUNG-FU GENERATION



アジカンの中ではかなり古くて有名な曲

彼らの初期衝動が詰まっている

先週からずっと頭の中でなりやまない

14歳という多感な時期には

ぜひ素敵な音楽にどっぷりつかってほしい

それはきっと未来を照らす
2010.07.12 京都大作戦
7月11日(日)

京都の宇治で行われる京都大作戦というフェスに行ってきました

フェスというのはよく夏フェスなんて言われますが

さまざまなアーティストが出演する音楽イベントのことです

有名なものに「フジロック」「ライジングサン」「ロッキンジャパン」「サマーソニック」などがあります

それ以外にも毎年、7月、8月を中心として全国各地でフェスが行われています

基本的に野外イベントなので、台風の影響を受けやすい9月、梅雨の6月なんかはほとんど行われないですね

あと今年から春フェスと言われる5月に行われるフェスも増えてきました

さて京都大作戦

これは10-FEETという京都出身のバンドが主催のフェスです

初年度にあたる2007年に台風の直撃をくらい中止になるという辛いスタートを切ったフェスですが

2008年に見事にリベンジに成功、2009年も大成功

そして2010年で4回目を迎える、そんなフェスです

2日目に雨が降りましたが、そんな雨にも負けないすばらしいものになっていました

僕自身各地のフェスにそれなりに参加しているつもりですが

各フェスと比べても素晴らしい出来だと思いました

もちろん「こうなるといいな」という改善点もありますが

2万人という人が集まっていることを考えれば

不満は無いに等しかったです



個人的なハイライトはいくつかありました

東京スカパラダイスオーケストラのときの会場全体でただただ音楽を楽しみつくすという雰囲気

あれは最高でした

そして雨の中のDragon Ash

もう見るのは何回目かわかりませんが、すべてが素晴らしかったです

特に新曲「Rock Band」

活動も10年を越える彼らがうたうからこそ響く素晴らしい曲でした

ブルーハーツへの愛も感じました

最後は大トリ10-FEET

最初から最後まで会場すべてをまきこんだ素晴らしいパフォーマンスでしたが

1曲しかないアンコールでまさかのトレイントレイン

ご存知のとおり、ずっとブルーハーツを聞いてきて

「蒼心塾」なんて塾まで作ってしまった僕です

まさかライブでトレイントレインを聴ける日が来るとは思いませんでした

本当に京都大作戦にかかわるすべてのひとに感謝です

大雨にも降られましたが

それも含めて京都大作戦

最高のフェスでした。来年もぜひ行きたいです。