ありがたいことですが、今日になって問い合わせが2件(3人分)ありました

もちろん問い合わせだけで

先は何も決まっていませんが

これにより中2は予約4名、キャンセル待ち3名と

最終定員16名が一気に見える状態まで来ました

来週から予約待ちの方たちにお電話をさせていただきます

よろしくお願いします



しっかし、なんでこのタイミングで問い合わせなんだろう・・・?

もしかして通ってくれてる生徒たちのお母さんたちが

良い噂を立ててくれてるのかもしれませんね

もしそうだったらすごく嬉しいです

っていうか、もうそうやって思い込んでおこう

ありがとうございます!
2009.07.29 祝、定員!
今日は中2の授業で松華堂のシュークリームをみんなで食べました!

定員達成おめでとう記念です

今後定番のイベントとしていきたいです

とはいっても開校の時期の生徒以外はそんなに味わえるものではないですが

早く入ってきてくれた人には喜んでもらいたいので

こういったお遊びもちょくちょく取り入れていきたいです

今日は中1社会の思わぬ知識不足(生徒たちのね)が発覚しました

ちょっと詳しく社会を追ったほうがよさそうです

絶対値の問題はもう大丈夫かな・・・?
今日から蒼心塾の夏期講習もスタートしました!

新しい生徒たちもなじめそうな雰囲気でよかったです

逆に中2は早目にメンバーが固定化されただけあって

授業しやすい雰囲気になってきていますね、良い感じです

今からご飯を食べて、明日の授業準備に入りたいと思います

それではみじかいですがこのへんで
前回の続きで富士登山記です


僕たちが山小屋で布団に入ってからも雨と風はさらに強まっているようでした

布団にくるまっていても肌寒いですが、それでもこんな天気の中、頂上を目指すよりましです

本当にこの山小屋に泊まれて良かったです

安心感の中眠りについたのですが、実は僕にはひとつだけ不安なことがありました。

それは高山病です

高山病:
高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400m 以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐気、眠気(めまい)である。他に、手足のむくみ、睡眠障害、運動失調などが現れることもある。



実は僕は前回の富士登山のときにひどい高山病にかかっているのです

まあ今回は大丈夫だろうと思って、眠りにつき、また目を覚まし、また眠りにつく

そんなことを繰り返しているうちに、始まりました

徐々に頭痛が襲ってきます

それと同時に軽い吐き気ももよおしてきます

高山病再発です。

睡眠中や休憩後は呼吸が浅くなるので、かかりやすいようです。

外ではまだ強い風と雨が吹き荒れています

いくら吐き気があると言っても、こんな中外のトイレまではいけません

応急処置として風船をふくらましながら、頭痛が引くのを待ち、眠りにつき、起きて頭痛に気づき、風船をふくらます・・・そんなことを何度も繰り返しているうちに外の風雨が弱まってきました

ちなみになぜ風船をふくらますのかというと

以前に泊まった山小屋で教えてもらった方法なのですが、高山病になる理由は酸素が足りないからです。

酸素が足りなくなる理由はしっかり酸素を吸えていないから、しっかり吸えないのはしっかり息を吐いていないから・・・つまり風船はふくらますことでしっかり息を吐き、酸素を吸い込みやすい状況を作ってやるための道具がゴム風船なのです

頭痛も少し引き、外の風雨が弱まったのでトイレで用を足し、布団に座って、これからどうするかをぼんやり考えていました

すると急に吐き気をもよおして、結局はいてしまいました。(山小屋の方が気づいてくれてビニール袋が間に合ってよかったです)いやあこれは油断しました。

でも吐いたら少し楽になってきました!せっかくなので周りの人と交流をしましょう!



長くなってきたので今日はここまでとします

さあ明日からいよいよ夏期講習ですね、塾生のみんなには富士山土産のお菓子を買ってきたので配っていきますね~
7月23日、24日の2日間にわたって

富士山に登ってきました!

コースは吉田口、富士宮口、須走口、御殿場口と4つある中から

もっとも過酷と呼ばれる御殿場口を選びました

御殿場口が過酷な理由としては大きく2つ

1:コースが長い

2:山小屋が少ない

実は以前に須走口から登ったことがあるのですが

須走口
2000m地点からスタート
登:5時間半
下:3時間半
山小屋:8つ?

御殿場口
1440m地点からスタート
登:7時間半
下:3時間
山小屋4つ(実際は3つ)

この山小屋が少ないというのが本当にきつかったです

僕たちが登りはじめたのが夕方6時

そのときの天候は晴れでした

1時間ほど登ったところで霧が出て、雨が降り始めます

3m先もみえないような暗闇と横殴りの雨の中を

お互いのヘッドライトの明かりだけを頼りに進んでいきます

5mも離れてしまえばヘッドライトも見えなくなる中

目的地となる7合目(3050m)まで山小屋はひとつもありません

これが御殿場口の最もきついところです

途中何度もコースから外れ、道を見失いかけながら

必死で山頂を目指しました

何度も心が折れそうになる中で

とにかく一歩ずつ足を出すことだけを考えて

雨と風の中を7合目の山小屋を目指しました

夜の10時過ぎくらいだったでしょうか?

ついに7合目の明かりが見え始めます

そのとき・・・というかもっと前から

僕の心の中では7合目でのリタイアを決めていました

歩き始めて少ししてから右足の付け根が痛くなってしまい

先行する2人と同じペースで歩くのがつらい状況だったのです

山小屋についたら「明日は2人で山頂を目指して」と言おう

そう考えながら7合目の山小屋(日の出館)へ着くと

先行していた一人が山小屋の前で待っています

わざわざ外で僕を待っていてくれたのではなく

宿泊を断られたというのです

僕も中に入って泊めてくれるようにお願いをするのですが

もう15分登れば次の山小屋があるからというばかりで

少しも泊めてくれる気配がありません

強くなるばかりの雨と風の中

仕方なく次の山小屋(わらじ館)を目指します

しばらく登ると次の山小屋がありました

・・・が、なぜか山小屋は営業していませんでした

絶望的な気持ちの中

3人で話し合いがもたれます

といっても、結論はひとつしかありません

次の山小屋まで行ってみる

これしか方法は無いのです

脳裏には富士山で遭難した人の話が浮かんできます

幸いなことに次の山小屋(砂走館)はすぐそこに明かりが見えています

必死でたどり着いた砂走り館で無事泊まることができました

全身びしょぬれの状態で寒さに凍えながら一日目の幕が閉じていきました
藤岡地区で一番の塾を目指して開校した蒼心塾ですが

その誓いを固くするために

富士山に登ってきます

この2日間電話の転送がスムーズに行われないかもしれませんが

ああ、今頃富士山で苦しんでるんだなとお考えいただければ幸いです
開校して半月、蒼心塾の塾生も10名を越えました

これも支持してくれた皆様のおかげです!ありがとうございます!

また夏期からスタートや体験中の生徒も10名以上います

迷わず入ってきてくださいね(笑)


生徒が入ってきて月謝などをいただきはじめております

これは大変ありがたい!

だって机や椅子を増やせますからね

入ってくれた生徒たちが勉強しやすい環境を整えていきますよ!

お金が手元に残るのはまだまだ先のことのようです
今日の中1の授業で

藤岡中のテスト範囲を確認することができました

これからこの範囲を元に

夏期講習の内容を再検討していきます

中2は事前に範囲が分かっていたので

ちょっと社会多目の夏期講習になりそうです

中1はどうなるかなぁ
本日の小5、中1クラスをもって1学期の授業は終了し

7月27日から夏期講習がスタートします

来週1週間は

・夏期講習準備
・授業研修(よその塾と合同で行ってきます)
・富士山登山

以上を行っていく予定です


日本一の富士山に登り

藤岡一番の塾になることを誓って参ります

5年前に登ったときは高山病に苦しまされたけど

今回は高山病にならないといいなぁ~
2009.07.17 初説教!
今日は中2のテストの時間に軽く説教をしました

記念すべき蒼心塾での初説教ですね(笑)

理由は英単語テストの勉強不足が見られたからです

僕は一回、一回のテストを真剣に受けるべきだと考えています

なぜそう考えるのかというと、適当に受けると怖いことが起こってしまうからです

それは

「テスト=できなくてもしょうがない」

という感覚が身についてしまうことです



テストを受けるたびに悪い点を取るくらいなら

実はテストを受けないほうが良いかもしれません

そのほうが変な習慣は身に付かないからです

今日のテストが微妙だった子達は日曜日に再試を受けに来てもらいます

きつく感じるかもしれませんが

成績上昇が目標なので、きっちり合格していってください
2009.07.16
ついでだから松華堂ブログの紹介

塾の前に地元の有名店があるというのは良いですね

僕が帰るころには完全に閉まってますが
2009.07.16 決意の夜
今日の授業で体験を受ける予定だった方が

塾の印象と授業の人数が想像と違ったらしく

体験を受けずに帰って行かれました

また同じことがあるかもしれませんので言っておきますが


うちの塾は定員制の集団授業です
最大16人程度の授業を考えております
今のところ定員は8名です
それ以上のお問い合わせに関しては
予約という形で対応させていただいております
夏休み後半からは12人程度に増員しますが
中2に関してはそこも定員で
現在キャンセル待ちをお願いしております



確かにチラシでは人数について触れておりませんし

チラシからは塾の中身までは分からないでしょう


何より塾の商品は「先生」と「授業」でありますので

そこに不信感を抱かれたらしょうがないでしょう

授業を受ける前に何がわかるのか?とも思いましたが

僕自身、説得する気は0でしたし

不信感を持って体験に参加されるくらいだったら

最初から受けないほうが良いと思われるので

今回の結果はお互いにとって良かったと思います


まあ通う気のない生徒や通わせる気の無い保護者の方に

どうやって評価されようとかまいません

大切なのは通ってくださっている生徒と保護者の方の意見です

幸い今のところは良い評価をいただくことが多いです

僕は僕の経験を元に

正しいと思うことをやっていくだけです

半年後、大して人数が増えていなければ

僕のやり方がまずかったということでしょう

半年後、入りたくても入れない塾ができていれば

僕のやり方が多くの人に評価されたということです


今日の出来事は

僕の自尊心が深く傷つきましたし

過去の見てきた生徒

今見ている生徒含めて

僕を先生と認めてくれた全員の意見が否定されたような錯覚を覚えました

もちろん僕の勝手な思い込みですけど(笑)

おかげで闘志も湧いてきました

塾の開校時のイベントとしては最高でしょう

とにかく通ってよかったと思われる塾を作りたいです

今日は生徒たちと定員になったら

松華堂のシュークリームを食べることを固く約束しました

楽しく、かしこくなる塾

周りからうらやましがられる塾を必ず作ります

応援よろしくおねがいします
2009.07.14 力が・・・
今日の授業中になんだかずっと違和感がありました

きっと体験生が多い時期だから

勝手に体が緊張しているんだろうとか

ちょっと今日は暑かったから

体の調子がおかしくなったんだろうとか

そんなことを思いながら授業をしていました

9時を過ぎ、最後の授業に入る前

急に原因に思い当たりました

今日1日何にも食べてない

ご飯を食べに行ってきます
中2生の募集は現在1次定員(8名)でストップしています

そして募集を夏期講習後半の「予習コース」から再開することに決めました

さらにそれに合わせてチラシをうつことも決めました

・・・と思ったら予約だけで2次定員(12名)に到達してしまいました

前回のチラシの内容は「中3生の授業は実施しません」でしたが

次回のチラシの内容は「中2生の募集は終了しました」になってしまいそうです


まだ開校して1週間

海のものとも、山のものともつかない現状で

これだけの好評価をいただくのは

正直びっくりです

当然期待に沿えるようにがんばります


他の学年の状況は中1生あと2名、小5・6は余裕がありま~す
なめてました

とても良い天気の今日

教室がもんのすごく暑いのです

夕方からの授業は大丈夫でしょうが

夏期講習に向けてよしずを買って来たいと思います
ほとんどの生徒が家ではなかなか勉強しない

これが成績上位層、中位層、下位層に関係ない

生徒たちの現実です

蒼心塾ではそんな状況を見過ごさないように

自習室の開放を予定しています

なぜ予定なのか?というと

単純に座席が足りないからです

ですが御安心を!

8月から座席の追加を決めました

自習室に4席、教室に4席

これで快適な勉強空間が築けることでしょう

おっと、大事なものがまだ足りません

生徒たちはまだ気づいていないでしょうが

実は入ってすぐの部屋にはエアコンが無いのです!

教室は今のところ快適ですが

僕がPCに向かっているこの部屋

特に僕の席周辺は

激暑です

座席の追加とエアコンの追加

これが8月の課題です!

勉強したい生徒がどんどん来れる環境を作っていきます!
2009.07.12 今後の予定
藤岡中学の年間行事予定を確認すると

9月7日から前期期末テストが行われます


蒼心塾における中学生の勉強は

定期テストに向けた勉強を基礎として

入試に通用する力を育てよう


と考えています

つまりこの9月7日が具体的な最初の目標ということになります

定期テスト直前には復習の期間を2週間ほど設けたいと考えていますが

それをするには2つの問題がありました


ひとつは夏期講習の予習コース

これは予習中心に進めて

後期の授業についていきやすいようにしようという主旨のコースですが

夏休みの後半はテスト2週間前になっているのに

後期の授業の予習をしていては

定期テストを通して実力を養成するという主旨に反してしまいます

そこで夏期講習後半の予習コースの内容を前期期末テスト対策といたします

前半で復習した内容を問題演習を通して徹底して理解していきたいと思います


さらにもうひとつの問題点

これは中2の予約者をいつから受け入れるのか?というものですが

当初の予定では9月からを考えていました

でも、これではテスト1週間前に生徒が増えて

1週間後にテストという

よくわからない状態になってしまいますので

受け入れ時期を早め

夏期講習後半からの受け入れも可能といたします

既に予約をいただいている御家庭には順次連絡をいたします


夏期後半のスタートに合わせて

2回目のチラシもうつ予定です

机と椅子も大量に増加する予定です

どんどん塾で勉強できる環境を整えていきます

お金?後からついてくると信じましょう(笑)
2009.07.10 見えてきた
中2の今日の授業は社会・国語・テスト(英・数)

けっこう学校内の順位が高いメンバーですが

テストが驚くほど取れません

どうやら学校のテストが終わって

勉強した内容をすっかり忘れてしまっているようです


これは夏期講習で絞る必要がありますね

英・数の基礎が大目の夏期講習としましょう

そうだな、毎日テストで不合格だったら直しをしてもらおうかな?

それか、授業終了後は強制的に自学としようかな?

あ、でもそれだと机が足りないですね


可能性を感じさせる学年なので

しっかり鍛えていきます!
前にも書きましたが

中2生の問い合わせが順調です

体験生も含めて定員の状態です(7/10現在)

お問い合わせをいただいた方には

9月以降の予約をお願いしております

9月からの定員は12名

現在2名が予約待ちの状態です

他の学年はまだ余裕があります

より良い指導を行うためと御理解をいただけたらと思います
2009.07.10 時間泥棒
つい先ほど建物がなぞの停電をしました

隣の公文さんも、下のサークルKさんも消えてたから

間違いなく建物全部が停電です

一瞬で今日は休校にしないといけないのか?

体験初日から校舎が休みって印象最悪だなぁ・・・

でも電気が付かなかったらどうしようもないから

あやまるしかないか・・・・など

最悪の事態を色々と考えましたが

数分で電気は復旧したので良かったです


が、

PCで作っていた月謝などの書類は全部吹っ飛びました

完成直前だったのに・・



やつ(停電)は大変なものを盗んでいきました

僕の時間です
2009.07.10 藤岡No.1
藤岡No.1なんていう目に見えないものを目標にしてしまった以上

やっぱり目に見える形で結果を示したいと思っています


でも生徒数No.1は塾のキャパ的に無理だし

基本は全部僕が教えたいと思っているので

生徒数No.1は今のところ目指しません


だったらまずは検索でNo.1を目指してみようと思います

今のところ「蒼心塾」って打てば検索トップにきますが

「豊田市」「藤岡」「塾」の検索でトップを目指そうと思います

僕が知っている方法としては

このブログの更新をがんばるということくらいしかありません

誰か良い方法があったら教えてください
今日は僕の新しい相棒を紹介させていただきます

tiritori.jpg

このほうき(?)とちりとりが

生徒が机の上に残していった消しかすを片付けるのに大活躍です

本当は校舎のイメージカラーである

青×白のものが良かったのですが

アントにある中ではこの組み合わせがベストでした


そういえば修行前と修行後で一番違う点は

そうじをしたほうが良いという感覚が身についた点ですね

それでは今日はこのへんで
2009.07.09 説得はしない
蒼心塾を始めるにあたって決めていること

おうちの方への説明はしても

おうちの方を説得はしないということ

入塾の勧誘や、退塾の引きとめなど

おうちの方へ話術を駆使してもしょうがない

おうちの方には塾から帰ってきた子供の表情や

塾に入って変わった子供の姿

そしてテストの結果などを見て

蒼心塾を判断して欲しいのだ


今日の体験生たちはどうだったかなぁ?

家に帰って楽しかったって言ってたらいいなぁ
中2生については順調にお問い合わせをいただきまして

現在体験生も含め第1次定員(8名)までうまっている状態です

次回の募集は2学期スタート時を検討中です

今後お問い合わせいただいた方は

2学期以降の予約か

体験生の結果待ち

というかたちでお願いをしていきます

集団の中で個々を見ていくための決断です

ご理解をいただければと思います

蒼心塾 かとう
もうすでに教室をごらんになられた方はお分かりかと思いますが

決して広い教室ではございません

また集団形式の授業を行っていきますが

実際には一人一人に対応したいと思っています

それらの要素を考えると

現在の教室での限界の生徒数が1クラス16人になります

これ以上の人数で授業を行うことはないです

僕の理想を通す、限界値がこの人数です。

ただし、最初から16人目指して受け入れてしまうと

初対面の生徒ばかりの教室になってしまいますので

生徒個々への目がどうしても行き届かなくなってしまいます

そこで段階的にクラスごとの定員を設定していきたいと思います

夏期講習終了時までの第1次定員は8名です

教室に机も8個しか入れてありません

この後8人→12人→16人と増やすか

8人→10人→12人と生徒を増やすかは

通ってくれている子達を見て決めていきます


ちなみに現在の状況ですが

小5~中1は余裕があります

どんどんお問い合わせください(笑)

中2はあと2名となりました

中2だけは第1次定員が見えてきています

問い合わせをいただき検討中の方を入れると

現時点でちょうど8名です

ご検討されている中2の方はお早めにどうぞ
2009.07.07 初授業終了!
最初はお互い緊張を隠せない部分がありましたが

生徒が帰った教室でホワイトボードを拭きながら

今日の授業の様子を思い返してみると・・・

めっちゃいい子達じゃーん!

今日は顔合わせだけだし、授業の内容も様子を見つつ進めたけど

早くお互いにペースに慣れていきたい

一緒にがんばろう!!

それにしてもあらためて言わせてもらおう

めっちゃいい子達じゃーん!
いぬどう先生のまねをしてチラシを載せてみました。僕も七夕折込です
チラシ

とは言っても1回目(7/4)と同じものです

しかもデータじゃなくてチラシを携帯で撮っただけ


1回目に気づかなかったあなた

気づいていたけどちょっと最初は怖いから問い合わせをしなかったあなた

すでに体験を受けた方たちからうわさを聞いたあなた

どんどんお電話ください!

・・・でも5時以降はすみません

授業に入っていて電話に出れません

※勘違いしてました、折込は七夕翌日でした
いよいよ今日から開校!なんですが

予想以上の問い合わせをいただきまして

嬉しい悲鳴をあげながら、たった今も開校準備中です

授業は慣れたものですが、それ以外は必死で慣れていかないといけませんね

つい先ほど、体験時にお渡しする書類が完成しました

全部で5点ありますので、お子様がちゃんと持って帰ってきているかどうか

ご家庭で確認してみてください

1:入塾申込書
2:募集要項
3:規約
4:プライバシーポリシー
5:体験から入塾までの流れ

さあ、必要なものの買出しに行って

3時から掃除と授業準備をします!
想像以上にたくさんのお問い合わせありがとうございます!

少しずつ藤岡に根付いた塾にしていきたいと思います

今後とも応援よろしくお願いいたします

いよいよ今日7月7日から授業がスタートします!




体験はまだまだ受付中ですが

しばらくの間

各学年8名までで授業をしていきたいと考えています

最終的には1学年12人~16人の少人数クラスを作りますが

新しい生徒ばかりのこの時期に

下手に生徒数を増やして

無責任な授業を行うことが、一番かっこ悪いと思うので

各学年8名でいったん募集を締め切ります

次回の定員枠増加は夏休み終了時か、期末終了時を考えています

【小5・小6】
むちゃくちゃ余裕があります(笑)
どんどんお問い合わせください

【中1】
お問い合わせは多いですが
曜日の都合がつかなくて断念された方なども
何人かいらっしゃいます
中1の通常授業は月曜、木曜です
ただし7月だけは木曜、日曜に実施しています

【中2】
もっとも動いている学年です
順調にいけば定員まであと2名です
開校曜日は火曜、金曜です


定員に達した学年につきましては入塾予約という形をとらせていただきます

枠を増加した場合は優先的にご連絡いたします
蒼心塾では塾内の飲食は部分的にOKとしていきたいと思います

まず飲ですが、小学生は授業時間外なら自由に

中学生は授業中でも空気が読めてればOKとします

たとえば1対1で話しかけているのにゴクゴクと飲みだすようであれば

失礼にあたるから駄目です

ルールとしてはOKだけど

空気を読むセンスを身につけて欲しいと考えています

次に食ですが

小学生も中学生も

授業時間外ならOKです

ただしごみをそこらに捨てて帰るようならNGです

これもいちいち明文化はしませんが

ゴミのぽい捨てが駄目だという当たり前のことを

判断できる生徒になって欲しいと思います

今日は蒼心塾の飲食についてでした

それでは今日はこのへんで