もちろん個々の違いはあるという当たり前の前提のもとですが

全体としては心配していた中2はまずまずの結果

逆に上がるだろうという読みだった中1は

後期中間と比較して

上がるだろう生徒→8名

横ばいの生徒→6名

下がるだろう生徒→2名


もし横ばいと予想の生徒達が全員下がれば、半分の生徒しか成績が上がっていません

このような結果となった原因はなんだったのか?

それは問題演習の質だと思います

言い換えるなら「できた」と「わかった」の違いです

今回は意図的に理数の問題演習を増やしたのですが

それが思った以上に効果に現れませんでした

これは「できた」で勉強が終わってしまい「わかった」まで持ち込めていないからだと思います

まだ順位は出ていませんので

もしかしたらそこまで順位は下がらないかもしれませんが

それでも今回の中1の結果は蒼心塾にとって大きな敗戦です

これでは期待して生徒を預けていただいた保護者の方々に申し訳ないですし

なんといっても、こんなかっこ悪い結果を出すために自分の塾を作ったわけではありません

これを見ている中1生たち

次の期末はリベンジの期末だ!

もう一回、塾生全員成績上昇を目指そう!
中2のテスト結果がほぼ出揃った

大きく上がった生徒が数名

他の生徒はほとんど変わっていないという状態

まだ順位は出ていないけど

下がる生徒が続出するんじゃないかという心配は杞憂に終わった

これはいいことなのかな・・・?

数値だけ見ればギリギリで塾が出来ていらいの好成績になりそうだけど・・・

いや、そんなはずは無い

僕はこれを停滞と受け止めている

確かに塾に入る前に比べれば遥かに成績は上昇した

でも、これが今の指導方法のひとつの限界なんじゃないだろうか?

どうやら蒼心塾は、つまり僕と生徒達には

ここからさらなる飛躍が必要なようだ


中2の生徒達には軽~く話したけど

成績を上げたいと思っている(ワンパターンですみません)

彼らには上位層・中位層・下位層でそれぞれ目標がある


上位層4名はなんとしても藤岡中1位の奪取を目標としたい

ちなみに塾内の過去最高順位は4位

あと3人の壁が厚い

各教科の1位に匹敵する点数を取るだけの力はあるのだから

不可能ではないはずだ。あとは僕の作戦と彼らの努力が合わさればいい


中位層10名の目標は400点(50番以内)の壁を突破することである

これは新しい勉強方法が浸透すればいける気がする

あとはやるだけだ、まだまだ伸びる層なだけに期待も大きい

鍵は国語の90点突破だと思う


下位層2名は300点(150番以内)の壁を何としても突破だ

これも中位層とコツは一緒だ。あとは普段からの徹底が大事

科目としては英語・数学の克服かな


塾に入ったときの順位は平均120位

1桁順位のやつはいなかったし、150番以下の生徒が4人もいた

そんな16人が最高1位、最低でも150番以内を目指す

こんなにかっこいい話はあるだろうか


僕はできると思っている

あとはみんなができると思えばいい

大丈夫、できる
といっても蒼心塾の話ではありません

中3生を指導しているもうひとつの塾のお話です

怒るときはこちらが怒っていることをしっかり伝えないといけませんし

問題があって怒られているわけですから、もう一度同じ問題を起こさないように

きっちり怒らないといけません

僕が修行期間中に学んだことのひとつです

受験直前の不安定な時期であることは分かっていましたが

それでも言うなら今しかないと思い、本気で怒りました

中3というのはそもそも叱られるようなことをあまりしない学年です

僕自身この1年で今回ほど叱った記憶は思い浮かばないくらいです

入試まであと3週間

やり残しのないようにしたいです
あんまり意識したことはないんだけど僕は蒼心塾唯一の講師であり、また経営者でもあります

なのでたまには経営者っぽいことも書いてみます

正直言って、経営面から言うと今はものすごく良い流れにあります

だって中学生は3学年全部満席ですからね

これで喜ばなきゃバチが当たるってもんです

でもこれはこの半年間の生徒達のがんばりによる御祝儀みたいなもんで

いつまでも続くわけもないのは分かっています

同じように真面目にやっていても

やっぱり良いときと悪いときってのはあるわけで

今は調子が良いからこそコツコツやるべきだと思うんです

表向きは調子こいたことを言いながら

裏では真面目に成績上昇について考える

せっかくたくさんの生徒が来てくれたんだから

みんなの順位がガツンと上がるように工夫を忘れないようにしたいですね

今日の授業中でも話をしましたが、やっぱり学年一番狙っていきたいね♪

あれ経営っぽいことを書くつもりが

結局いつもの成績上げたいになっちゃいました

ま、いいか
今日だけで3件の入塾に関するお問い合わせをいただきました

全部、新中1のお話です

これに対して、現在残席は1

事実上、新年度の中学生の募集が終了しました

たくさんのお問い合わせありがとうございました

ちなみに次回の募集は3月中旬、新小6の予定です
ふと思ったのですが

ブログの言葉遣いはおうちの人も読むことを意識して

なるべく丁寧語になるようにしています

ですが、授業中の言葉遣いはというと

生徒との距離感を縮めることが大切だという発想から

なんというか、非常に「汚い」言葉遣いになっています

ちょっと再現してみると

今回のトライアスロンはおまえらに地獄を見せたろうと思って

英語のプリント作ったのにさ~全然地獄になってね~の・・・とか

○○くんがコンビニでう○こを50kg買いました・・・とか

あぁ?なんで遊戯王買ってんだ、てめえ禁止だって言ったろ~が・・・とか

適当にテストやるくらいだったら、家で眠っとったほうがましだろうが

やる気ねえなら塾来んくていいわ、金もったいないし・・・とか


で、どう考えても、こちらが本当の僕なんですね

このブログも塾の窓口である以上、少しでも本当の自分に近づけたほうが

嘘が無くてよいと思うのですが・・・どうなんでしょうか?

まあしばらくは迷いながらこのブログも続いていきます
今日は授業後に居残ったYSKとJPの理科を見た

蒼心塾では期末テストの順位が前回よりも下がったら

強制的に居残りの対象となるんだけど

居残りを「残らされてる」と捉えるのか

それとも「チャンス」と捉えるのかで変わってくる部分は大きいと思う

チャンスを逃さない生徒達になって欲しい

今回の期末は正直言って不安だけど(特に中2)

杞憂に終わるような結果を出して欲しい
2010.02.16 塾のお仕事
明日の授業でほとんどテスト前のやるべきことは終わるはずなので

ここからは溜まっている授業以外の仕事をしないといけないです

大きくは2つ

ひとつは新年度生募集のチラシ作成

こちらは中学生が定員状態なので

実際には小学生募集のチラシとなります

今年度の経験を生かして、いろいろと小学生に対しても

実施したいことが出てきているので、それらを盛り込んだチラシになるはずです

もうひとつは人生初の確定申告

果たして上手く出来るのでしょうか?

まあなるようになるのかな・・・?

見えない部分で色々な動きが出る3月になりそうです
2010.02.15 新中1残席
新中1の残席のお知らせです

体験生もいるので不確定な部分はありますが

残席はです(もしくは2です)

またちょっとした冒険として

新小6の募集を3月末で1度締め切ります

再募集は夏休みの予定です

こちらは残席ありまくりです

まあまだチラシなども出していないので当たり前ですが・・・
ありがたいことに今日もお問い合わせをいただき

これで生徒数48名、体験生を含めてぴったり50名となることが決定しました!

大手の塾と比べれば生徒数では大差がひらいていますが

やはり、自分ひとりで見ているということを考えると

50人というのは感慨深いものがあります
2010.02.14 あっと一人
トライアスロンもあと一人を残すのみとなった

さあ今日は何時に帰れるのか

まあ英語のテストもあと一枚なので

先は見えてきたと思う

今回は数学の課題を出したのだけど

これについてはやっぱりやって良かったと思う

そして出し方をもっと考えないといけないとも思う

とにかくテストまでの授業回数はあと2回

中1はおうぎ形の面積の確認と英語の確認と地理

中2は英語の確認と地理

この辺りをしっかり確認したい
期末前の日曜日を利用してトライアスロンを実施しています

中1生13名が10時から勉強中ですが

結局昼前には誰も帰れず、今はみんなで昼ごはんタイムです

さあ午後からもがんばるぞ
現在トライアスロンの期間中です

この数日間を見ていて思うことは

どうやったらもっと点数を取れる勉強をさせてあげられるのかということ

これにつきます

今回は過去のトライアスロンと比べて数学を強く意識して追っています

逆に中1の英語とそれぞれの国語はそこまで追っていません

これは過去の結果を参考に決めているのですが

不安がないわけではありません

特に最近塾に入った生徒達は、上がりそうな手ごたえがありますが

それが全ての生徒達に当てはまるかと言うと・・・

もっともっとブラッシュアップが必要なようです

とにかくがんばります

成績を上げたいんだ!!!!!!
2010.02.10 ちっ・・
地獄を見せようと思っていたら結局5枚でした

なんだ普通だね
中2の成績を上げるべくテストを作っていたら

どうやら7枚ほどになりそうだ

まあ漢字が今回2枚しかないから大丈夫だよね?

あ、もちろん満点合格だから

いやあ久しぶりに地獄のトライアスロンになるといいなぁ
そして11時10分

本日最後の生徒がトライアスロン初日を終えました

苦手な数学だけどよくがんばった!

本人の満足そうな顔も印象的でした
がんばっていきましょう!

というわけで体験生も4人いる中、いきなり説教で始まった小6クラスです(笑)

授業中も言ったとおりうちの塾は自由に楽しくがモットーです

そしてそれは成績が上がることが大前提です

つまりそれは塾で何をしてもよいと言うことですし

成績が上がらなくなるようなことは何もしてはいけないということです

特に明文化して配布したり、掲示したりはしていませんが

そのことを早めに脳に刻み付けておいてくれると良いでしょう

がんばれ新中1!
不安だ

今の中2の子達は塾に入ってから成績が上がった生徒が多い

それだけに塾でやってる勉強で十分だと思っている節がある

確かに塾ではトライアスロンと銘打ち、テスト対策を実施しているけど

ここでやっているのはテスト範囲の基礎の確認だけだ

それでは現状の彼らの成績を上げることは難しい

そもそも塾に入ってから成績が上がって今の位置にいるのだ

ここから上がろうと思ったら、強烈な意識改革がいる

今のところそれができていると感じるのはJP、NOK、SGくらいかな

他の生徒は今までどおりテストに臨もうとしている気がする

このままではダメだ、大敗は必至だ

ちょっとトライアスロンの内容をレベルの高いものに変えよう

そうしよう

こんなもんで終わる彼らじゃないはずだ
2010.02.09 文化を創る
蒼心塾では開校当初より「暗記トライアスロン」というイベントを

テストごとに行っている

これは塾側で設定した3つの課題をクリアするまで塾に拘束されるという素敵なイベントであり

蒼心塾の定期テスト対策の肝である

流石に開校してから3度目のテストともなると

このトライアスロンも生徒や保護者に浸透してきた気がする

早くに定員になった中2クラスでは「トライアスロンやるから」の一言で大体の説明が終わるほどだ

今回は中学の休みの関係もあって、中身を相当いじったトライアスロン

きつさが減った分だけ、家庭での勉強に当てる時間は増えたのかもしれない

でも、それは結果ではない

とにかく結果に結びつく形を作り上げなくてはいけない

生徒達にも言っているけど

トライアスロンの合格だけを目指してもしょうがない

順位が1番でも上がることを目指さなくてはいけない

中1の塾内平均100位

中2の塾内平均60位


これが今回の僕の脳内目標である

達成は厳しいが、できない目標ではないと思う

大切なのは「やる」か「やらない」かだ
学診の結果が返ってきたようです

全体的には上がっている生徒が多いですが

中には厳しい結果が出ている生徒もいます

上がっている生徒にしても、下がっている生徒にしても

実力テストというのはこの結果がすべてです

この1年間の勉強をどれくらい覚えていられるかが問われているといえます

明日聞けるであろう中2の結果は来年の入試を占う上で重要なものになりますが

中1に関しては特別あせる必要はありませんし

良かったからといって調子にのってはいけません

塾では目の前の期末に全力を注ぎます

ひとつひとつの勉強を真剣に吸収し、それを繰り返す

1年間それができれば1年後の学診はおのずと結果が出てくることでしょう
ありがたいことに連日のお問い合わせをいただいています

チラシを入れてから一週間

問い合わせのなかった日は無いです

だからといって生徒数がどんどん増えているわけではありません

なぜなら満席となっているクラスへの問い合わせも続いていますし

席が空いていても曜日の都合がつかなかったりするケースが少なからずあるからです

塾業界で働いて長いですが

この半年間で、もう10年分は入塾を断った気がします

その分も在籍してくれている生徒達に力を注いでいきたいです
いよいよ中1と中2のテスト範囲が出揃った

ということは地獄のトライアスロンが始まる

今回はありがたいことに中1の漢字の範囲が狭くなっている
(だいたい前回までが広すぎたんだよ)

しかも歴史の暗記分を確認したら2枚半の分量だった

これは今回はスムーズにトライアスロンが終わるのか・・??
独立してからは全教科を自分一人で授業を行わないといけないので

けっこう予習をしています

特に問題は解けるけど、バックグラウンドの知識の少ない社会と理科は予習必須です

今も明日やる中2社会の予習をしていたらこんな時間

まあ仮眠を先にとった僕が悪いんですけどね

がんばってノートを作ると、授業が楽しみになりますね

思わぬ副作用があります
僕は授業中によく妄想トークをします

時には調子に乗りすぎて本筋からそれた妄想の方が

主要な内容よりも長く続くことがあって反省したりもします


今日の歴史は織田信長と豊臣秀吉だったのですが

気づいたら足利氏は学校の室長になり、信長は小学校2年生、武田氏は軍人になっていました

ここは授業をする前から生徒達が内容を知っているケースが多い単元です

そのためにこちらの話に生徒達が口を挟んでくる傾向が例年強いのですが

さすがに小学校2年生で急に踊りだす織田信長には誰も口を挟めず、笑っていました


・・・あれ?この授業大成功なのか?
6年生には英語の読みを徹底していこうと考えています

というか今年度も徹底してきたんですけどね

生徒が3人しかいなかったから目立たなかったんですよ

ただしこれをやるには途中入塾の生徒がいると授業が成立しにくいんですね

ですので小6生については入塾のタイミングを限定しようと思っています

タイミングは4月スタートと夏休みスタートくらいですかね

そこからなら今年の様子を見ていても読みの徹底はできるのではないでしょうか?

入塾のタイミングを制限して生徒が増えなくなったら困りますが

中学でよい成績を取るためには、小学校の基礎を徹底したいですからね

これも2月中に検討したいと思います

だんだん新年度の募集チラシの内容が固まってきました
小学生の定員は12名を予定しています

と言っても・・・実際に生徒が12名いるわけではありません

中学生が(ほぼ)満員御礼の状態でありながら、小学生は座席に余裕がある状態なんです

ここまでの募集がしっかりできていないのが最大の原因かもしれませんね

さて、そんな小学生の授業ですが

ちゃんと実施しています(当たり前だ!)

小5生は国語と算数の授業を実施しているんですが

この国語で教科書の音読を徹底していきたいです

もちろん今までもワークに載っている部分はかなり音読を繰り返してきたのですが

それだけでは足りないんじゃないかと考えています

やっぱり教科書そのものを使って何度も繰り返して読むべきではないかと考えています

で、僕の能力で生徒達に音読を徹底するとなると・・・12人って多いんじゃないかなと思うわけです

もしかしたら新小5生は8人くらいに定員が減るかもしれません

もうちょっと考えて今月中に結論を出したいなと思います
先週の日曜日に中1限定の募集というチラシを折り込ませていただきました

おかげさまで、新中1生はほぼ満席状態となりました

3月から時間や曜日が変わってハードになるので

もしかしたからここから何人か抜けるかもというドキドキ感はありますが(笑)

ちなみにまだ蒼心塾を開校してからは発生していないケースですが

もし退塾されたいという申し出をいただいたら、基本的に引き止めることはしません

本人が来たくないと感じている状態で授業をしても

正直、成績を上げる自信はありませんから


おっと、ちょっと話がそれました

で、ここ数日間「小学生は募集していますか?」というお問い合わせをよくいただきます

すみません、紙面の都合で前のチラシには書きませんでしたが

新小5、新小6むっちゃ募集してます

詳しくはお問い合わせください

また3月には小学生募集チラシも折り込む予定です。

あ、小学生の定員は12名で~す
2010.02.03 月謝の変更
現在各家庭に配布している月謝袋の中に

新年度の変更点をまとめたものが入っています

保護者の方々もぜひ御確認ください

用紙に書いてある通り月謝を4月より変更いたします

蒼心塾に通っていただいている皆様には本当に感謝しております

可能な限り楽しく、真面目に、長く通っていただければ嬉しいです

逆にしょぼい塾だと感じられれば、すぐに見限ってやってください

大切な時間とお金をかけるだけの価値のある塾にしていきたいです

新年度もよろしくお願いします
2010.02.03 よこやま先生
見覚えのない番号からの着信で、携帯が鳴り始めました

時間が夜の11時過ぎだったので知らない人ではないだろうと思い、出てみると

よこやま先生からでした

今回の蒼心塾のチラシが好評だったと知ってわざわざ電話して来てくれたのです

ちょうど折込を行う直前に完成したチラシを見せて

「このチラシで問い合わせがあって欲しい」なんて会話をしてたこともあり

調子に乗っていろいろと自慢させてもらいました


よこやま先生と僕は同じ場所で修行をした仲です

ただし時期はきれいにずれています

だから年齢は僕の方が2,3こ上のはずですが、立場的には兄弟子にあたります

実際に独立したのも僕より早いですしね

でもよこやま先生はとても謙虚で、人の話をしっかり聞いてくれます

しかも笑顔が素敵です

なんというか男からも、女からも好かれるタイプです

きっとそれはよこやま先生がいつも相手を好きになろうとしているからなのかななんて思ったりします

広そうに見えて、実は心の狭い僕とは大違いです(笑)

そんなよこやま先生から連絡をもらって、逆にエネルギーを分けてもらったような気がします

よし!俺もがんばるぞ~~!!

次は小学生募集のチラシだ!

でもその前に期末だ!

とにかく成績を上げるんだ!!!!!
体験生が全員入ったらとの仮定の下ですが・・・

新中1生の残席はです
(2月2日夕方時点)