チラシにも書いてありますが

僕の趣味はフェスに行くことです

今年は
【5月】
ARABAKI(宮城)
ROCKS TOKYO(東京)

【6月】
サカエスプリング(名古屋)

【7月】
京都大作戦(京都)

【8月】
ROCK IN JAPAN(茨城)
MONSTER BASH(香川)
RUSH BALL(大阪)

人生の中でもかつてないくらい全国を飛び回りました

特に8月は夏期講習と並行してのフェス参加だったため

正直きつかったです

まあ夏期講習もフェスも全部自分でスケジュールを組んだので

誰にも文句は言えないし、後悔もしていませんが(笑)

今日で夏休みが終わりますね

この夏に得たものを常に生徒たちにフィードバックできるようにがんばります
2010.08.31 夏の成果は?
今年の夏

中1と中2は苦手な数学を克服するために

毎日2問ずつの計算テストを繰り返した

これは2問とも正解だったらそれでOK

1問でも間違えたら

さらにプラス4問正解するまで居残りをしてもらうというもの

1枚や2枚これをやっても何も変わらないけど

さすがに夏休みを通して10枚

多い生徒で50問以上、似たような問題解いてれば

そりゃあできるようになるってもの

昨日の中2授業で連立方程式の計算部分の確認テストをしたところ

14名の結果はこうなった

100点
91点
91点
91点
91点
91点
91点
82点
82点
73点
64点
55点
45点
28点

やたら91点が多いのは

「52分の39」の約分に気付かず失敗した生徒が多かったから

中には前期中間で1ケタ得点だった生徒もいることを考えると

なかなかの目に見える進歩と言ってよいだろう

さあ期末まであと一週間

後は学校のワークを繰り返そう
小学生の夏期期末テストの結果が出た

これは塾で勝手に範囲を決めて行ったテストで

内容はものすご~~~く簡単だ

勉強期間は2週間程度

1日30分から苦手な子でも1時間程度の努力をしてくれれば

9割以上の得点は堅いんじゃないかと思われる

そんなテストだ

それでも勉強しない生徒というのはいるもので

夏期中間テストの結果が出た時に

成績不振者には大量の宿題が与えられた

そんな経験を踏まえて行われた

夏期期末テスト

やはり勉強をしない生徒はいる

彼らには「意識の変化」が不可欠だ

成績上昇には小学生だろうと「気持ち」が最重要だ


今回は小6に厳しい対応をとろうと思う

最悪これで生徒が減ってもそれは仕方がない

その方が本人と保護者にとっても良かったと思うしかない

塾なんだから成績上昇に対して最善の方法を選択したい
隙間の時間を見つけてはちょこちょこ作っていた

合宿のDVDがほぼ完成した!

本当はもう一つ、趣味全開のおまけをつけるつもりなので

もう少しかかるけど

早ければ来週の火曜日の中3の授業で配布できるかもしれない

もちろん想論館にも送付したいと思う

11分程度の映像だけど

作るのには10時間近くかかったりする

DVD編集は楽しくも辛い時間だったりする
2010.08.27 結果を出せ
今日で20日間の中3夏期講習が終わる

生徒たちにとってはこの夏期講習どうだっただろうか?

表情を見る限り、慣れてしまってなんとも感じていないようだが

よくよく考えるとものすごい量をこなした夏期講習だった

まずは一つ受験生への階段をクリアしたといっていいだろう

ただし

「長時間の勉強に耐えられる」というのは

合格に向けて必要な能力ではなく

受験生なら誰でも持ってる能力のひとつである

つまり長時間の勉強は成績が上がることを保証しれくれるものではない

明日の模試

来週の学診

再来週の期末

大切なのはこのテストで結果を出すことである

今まで以上に「結果」を求めていく日々がこれから始まっていくのだ
中3生の朝の自習時間を利用して

昨日から1日2枚ずつ数学の演習を行っています

ほとんどの生徒が8割近い得点を取るので

全体の出来は悪くないのですが、その中で生徒ごとに思わぬ穴が見つかったりします

こういうのを見てしまうと、もっと早くから9時から自習にしておけばよかったのかと

プチ後悔中です

前向きにとらえれば今週だけでも朝9時からにして良かった~とも言えますね


来年は今年と比べて宿題の量を8割ほどにして、自習時間を増やしてみるのが良いかもしれません

朝に弱い僕には辛い話ですが(笑)
合宿などで自分が得た刺激を少しでも生徒に還元しないといけないということで

今日からの3日間

中3生の授業は朝の9時からとしています

ちょっとしたハプニングがあったものの

朝から生徒たちはがんばっています

このまま夏を乗り切るぞ!
今日は自由参加の教室開放日

YKが一人で自習中

家で勉強できるなら

わざわざ暑い塾に来て勉強しなくてもよい

でも・・・本当に家でできているのだろうか?

まだまだその辺は信用できない中3生たち


ってわけで今週水曜日からの夏期講習最後の3日間は

朝の9時から開講することに決定

まだまだ強制力が必要だと思われる中3生である
よこやま先生のブログを読んで合宿のことをいろいろと思いだした

生徒にとっては得るものの多かった合宿と言ってよいし

僕にとっても多くの刺激と反省を得る合宿となった


想論館のこ~むら先生やよこやま先生、

さらにはさくら個別の國立せんせいなど

周りにさまざまな先駆者がいるおかげで

僕の置かれている環境というのは

個人塾の経営者として考えると非常に恵まれていると思う


特に今回の合宿のようなイベント事は強くそれを感じる

イベント時の環境や雰囲気は蒼心塾の力だけでは

決して出せるものではない

塾に戻ってからの合宿参加者の自信のある様子

そして参加しなかったものたちのうらやましそうな表情

これらを見ていても本当に各塾の先生と生徒たちに感謝したいと思う

僕も自分の得意とすること、できることで(なんだろう?)

恩返しをしていきたいと思う
2010.08.19
今日で中3の夏期講習も17日目を迎えます

そして合計2冊400ページにも及ぶ夏期テキストの宿題も今日で終わりを迎えます

最初は出しているこっちも終わるのか?と疑問を持つような量でしたが

それでもがんばればやれるもんだし

やれればそれが当たり前に変わっていきます

塾に通うことが

生徒たちの当たり前の壁をぶち壊す

そんな効果を与えたいです
前期期末テストが近付いてきています

前期後期制のあえて良いところをあげるとするならば

生徒たちの気持ちが緩むタイミングを作りにくいということでしょうか

前期中間が終わってからは夏休みの課題を始め

夏休み中は前期期末を意識して過ごす

常に生徒たちに「終わった~」と思わせず過ごしていけます

これは受験生にとって思わぬメリットかもしれませんね


まあ未だに夏休み前に通知表が出ないことが不安といえば不安ですが・・・
あんまり凝ったものを作り出すときりがないので

本編5分+おまけ5分くらいの映像を編集中

できたら夏期講習の最後くらいには渡したいなぁと思ってます

生徒たちは帰ってきてからも合宿の話でもちきりですから

その熱が冷めないうちに完成させたいですね

睡眠時間を削らないようにがんばります

想論館と合同で開催させてもらった合宿が終了しました

こ~むら先生とよこやま先生をはじめとする、各先生方

また多くの想論館の生徒たちのおかげで

厳しく、また緊張感に包まれた中での

良い合宿にできたと思います

そばの教室では他の塾の合宿も組まれていましたが

明らかに勝ってましたね(身内びいきなだけかもしれませんが)

蒼心塾の生徒たちにとっては得るものがとても多く

また、課題も多く見つかった合宿となりました

明らかに合宿参加前よりも成長し、それを実感できた合宿となったので

ここで得たものを他の生徒たちにも伝えていってもらいたいです。




合宿での生徒たちのがんばりにも感動しましたが

そのあとの夕食での食いっぷりにも気持ちの良いものがありました

思った以上に好評でよかったです
2010.08.12 合宿の楽しみ
今日でお盆前の夏期講習は終わり

中3生は今日まで14日間勉強してきたことになる

その辺の塾の夏期講習と比べると

蒼心塾の夏期講習は圧倒的に長い(そして暑い)

実は明後日から他の塾と合同で合宿をはるんだけど

本来ならそこで身につけるべき「勉強体力」は

通常の夏期講習の中でもうすでに身についていると言ってもいいだろう・・・たぶん

じゃあ合宿では何を身につけるのか?

僕は「学力」と「精神力」を身につけてほしいと思っている

蒼心塾は可能な限り生徒に勉強以外のストレスを与えないように気をつけている

つまり彼らは場の雰囲気に与えられるようなストレスをほとんど感じないで生活している

だから会ったこともない他の生徒たちと一緒に

いつもと違うルールの下で勉強するというのは

彼らに大きなストレスを与えるはずだ

そのストレスを軽く振り払えるような精神力を身につけてほしい

そうすることで彼らは大人への階段をぐっと昇ることになるだろう

楽しみだ
初めて範囲を指定して勉強期間を与え

テストを行った小学生

そしてその結果に応じて宿題が出してある

どの教科も成績上位者には宿題はない

逆に漢字などは間違えた問題数と同じ枚数のプリントが宿題として渡してある

提出日は17日

もしこの日に持ってこれなかったら、そのまま居残りスタートだ

来年に向けて心の準備をするいい機会にしてほしい

成績は「やろう」と思ったときに上がり始めるのだから
今日は6年生のテスト結果発表と課題配布の日だ

最も多い生徒は3教科で30枚のプリントが出される

生徒が自分からやらなければ、先生に無理やりやらされる

いつもそういう塾でありたい

もちろん小学生であろうと宿題を忘れたら

できるまで残ってやっていってもらう

いつも通りの蒼心塾です
中3の夏期講習も折り返しを過ぎました

徐々にテストを意識しないといけない時期に差し掛かっています

あれほどあった宿題も気づけばあと4日分

あれほどあった歴史も気づけば明日でおしまい

積み重ねの力というのは本当にすばらしいものです
授業風景

1周年記念Tシャツを着て授業をする先生と

それを着て授業を聞く生徒たちの様子を撮影してみました

ただし捏造です(笑)

実際には背もたれに隠れてここまではっきりと蒼心とは見えません

こちらはねつ造ではない自習の様子

自習

毎日生徒たちはがんばっていますよ~
2010.08.10 再開
夏期講習再開です

毎日午前中は中3生の自習にあてているのですが

その時間の中で宿題のチェックも行っています

前にも書きましたが

蒼心塾では宿題を基本的に出しません

なぜなら適当に出すだけの宿題なんて

なんの意味もないと思っているからです

宿題を出す以上は、それを先生がきちんとチェックしてなんぼだと思うのです

だから午前中に生徒たちの宿題チェックをしていくわけですが・・・

これが時間がかかる

気づけば16人見るのに1時間以上かかることもあります

それだけに生徒たち個々の勉強の様子も把握できるというメリットもあります

来年の夏期講習も同じパターンで進めようっと
中3生たちはハードな夏期講習の合間をどのように過ごしているのでしょうか?

僕は趣味が夏フェス巡りなので、この連休を利用して

茨城県はひたちなか市で行われる

ROCK IN JAPAN FESに行ってきました!

正確には僕がフェスに行くために連休が組まれていると言っても良いでしょう(ごめんなさい)

さまざまなアーティストを見て

多くの感動と日々を過ごすエネルギーを得てきたのですが

その中でもこれは生徒たちに話したいなぁってことがひとつありますので

ここに書いておきたいと思います

それはサンボマスターの演奏を見ていた時のこと

本編(アンコール前)最後の曲をやる前に

ボーカルの山口がこう言いました

ロックンロールに「できない」はないんだ

ロックンロールは「できる」んだ!

そうして始まった曲は

「できっこないをやらなくちゃ」

馬鹿みたいにストレートな歌詞で彼らは歌います

あきらめないで どんなときも
君ならできるんだ どんなことも
今世界にひとつだけの すごい力を見たよ

君ならできないことだって
できるんだ 本当さ嘘じゃないよ
今世界にひとつだけの 強い光を見たよ


もう僕はこの曲を聞いて

今年の中3生のことしか浮かんできませんでした

始まる前にはどうなることかと思った中3生の夏期講習

明らかに他の学年とは違った密度で毎日が進んでいきます

先生というのは馬鹿なもので

明らかにがんばっている彼らを見ながら

それでも、もっとできてほしいと思うのです

もっとやれるはず。そう思ってしまうのです


塾を離れて日常をすごしてみて

あらためて彼らのがんばりに気付かされました

16人の男ばかりの中3生

本当に彼らはがんばっています

明らかに無理がある量を毎日黙々とこなしています

まだ夏休みは残っていて

受験まではまだ勉強の日々は続いていって

面と向かって彼らを認めてあげられるのは

まだまだ先のことですが

心の中だけでも彼らのがんばりを認めてあげないといけないと思った

そんなサンボマスターの演奏でした

また明日から夏期講習は始まっていきます

ロックンロールに「できない」がない以上

蒼心塾にも「できない」はありません

さあまた明日からがんばるぜ~
今日実施した小学生中間テストの結果が出た

まだ一人受験していないけど

現時点での平均点は

≪小6≫
算数 64.5点
国語 88.7点
社会 81,3点

範囲が指定してあったうえに、簡単なテストでもやはり完璧にするのは難しいらしい

そうだろう、だってこういった形式のテストは初めてなのだから

ここからどう行動するかで今後は大きく変わってくる

それをわかってもらうためにもやってみて良かった
今日は小学生の中間テスト!

範囲を指定してあるので、そこの勉強をきちんとやってきているかどうかを見るのだ

はっきり言って中学の定期テストよりも超簡単

順位も出すよ!座席変更もあるよ!成績に応じて宿題も出るよ!

努力の跡を見せてほしい

テスト開始は17時40分だ!!
2010.08.04 電流を極めろ
今日の中2生はひたすらオームの法則の計算練習をしてみた

例年、ここであきらめてしまう生徒が多く出るけど

ほぼすべての生徒がオームの法則の計算が解ける状態になった

テンポはゆっくりめになってしまったが

かなり勉強面での手ごたえを感じた授業だった

また正解が多かったことから生徒たちの集中力も良い感じで持続し

最後の直列回路と並列回路の違いまでしっかり説明を聞いていたのが印象的な授業だった
2010.08.03 差し入れ
今日の夕方

なんとバイトのわたなべ先生がサプライズでアイスの差し入れを持ってきてくれた

まったくこちらが頼んだわけでもないのに講師がこういうことをしてくれるのは

塾という器を作った僕としてはとっても嬉しい

直接授業料という対価をもらっている僕が

生徒に対して何をしてあげたって、それは裏返せば自分のためでもあるけど

バイトの先生たちは違うもんね

差し入れの内容と共にテンションの上がる出来事だった

2010.08.03 富士山
夏期講習前にに富士山に登ってきたので

そのときの写真を大公開!

P1000186.jpg

富士宮口5合目の看板です。ここからスタート

P1000189.jpg

7合目、過去に登った時は山小屋に泊まって高山病に苦しめられましたが

今回は山小屋で泊らなかった分、嘔吐することもなく余裕がありました

っていうか過去2回は嘔吐しながらも登った自分の根性をほめたいです

P1000192.jpg

もうすぐ8合目です

P1000195.jpg

雲を越えて

P1000214.jpg

頂上につきました!つえに押印してもらいます

P1000212.jpg

富士山の頂上の火口周りは1周できるようになっていて

1周することを御鉢巡りといいます

ただし1時間ほどかかるんですよね・・・

P1000206.jpg

富士山の火口です。雪が残っていますね

P1000205.jpg

頂上には郵便局もあります。学業のお守りも買ってきました

P1000220.jpg

帰り道で見かけた「連邦の白い悪魔」です

メンテナンス中でしょうか?あまり近づいて修正されても困るので

遠くから隠し撮りしておきました
夏期講習も2週目に入った

今日でいよいよ歴史の復習も1周目が終わり

明日から地獄の2周目に突入だ

歴史は僕がノートに流れをまとめたものを穴あきプリントにして

覚えてもらうのが1周目

そこでの様子とこれまでの学力、そして志望校を加味した上で

明日からの2周目は内容が変わる

まだまだ地力が足りない生徒は

もう一度1周目と同じ内容を進める

逆に実力十分と判断された生徒の2周目は

白紙に覚えた内容を再現していってもらう

手がかりがなくなる分だけ

困難さはグッと増す

あす以降は学力の高い生徒の帰宅時間が遅くなるかもしれない