2012.07.31 ゴミ問題
蒼心塾はコンビニの上にある

だからこそ気づくのだけど

コンビニには大量のごみが捨てられている

ゴミ箱にもだけど

駐車場にもだ


当初はこれらのゴミを見て見ぬふりをすることが多かったのだけど

最近は拾うように気をつけている

他人の食べかけのゴミなんて拾うのは嫌だけど

それでもそれを見て見ぬふりをするのはダサいと思うから

なるべく拾うようにしている


そんなことを考えて授業をしているので

生徒たちにもよくゴミが落ちている話とか、拾った話をするようにしている

身近な人がゴミを拾っていると知ることで

捨てるという行為にストップがかかると思うからだ

すると今日、生徒がゴミを外に捨てていることが発覚した

もちろん叱ったわけだけど

正直ショックだ

この話は各クラスで必ずしたうえで、もう一度注意を呼び掛けたい

そりゃあ僕だって過去にゴミ箱で無いところにゴミを捨てた経験はある

でも、生徒を指導する立場に立っている以上

これは看過できない
プレ模試の結果

英語と理科は相当やばいことがはっきりした

特に理科

そこで理科は宿題内容の変更に着手

さらに中3の学校の宿題の進みが遅いこともはっきりした

結局彼らは覚悟が足りない

この夏に上げるという覚悟が足りない

・・・ということは僕のやり方がまずいということ

あせらせても意味が無いし

後ろ向きにさせても意味が無い

ついて来れる子だけついてこればいいってのも嫌いだ

日々苦悩の夏期講習だね

今日は社会と数学のプレ模試をやってみる

数学の計算辺りで改善の兆しが見えればいいが・・・
2012.07.30
今日は午後から中3生にテストを実施する

科目は英語・理科

明日以降も他の科目に取り組み

現在の実力を知ってもらうことが目的

どんな結果が出るのかな?
毎日授業についての反省を文章化している

今年度から始めたこの「振り返り」だけど

昨日で75日目まできた

当初の目標は100日だったけど

ここからは1000日を目指そうと思う

始める前は100もできるかどうか未知数だったけど

ここまできたら1000もできる気がする

こうやって自分への期待感を高めていきたいし

このことを生徒たちにも伝えてあげたい
今日で夏期講習3日目だ

けっこう今日あたりから夏期講習を始めると言う塾がちらほらあるようで

そういった話を聞いたり、見たりすると

ちょっと先手を打てているようで嬉しい

中3の夏期講習は1時間の自習から始まる

この自習の最初には各自「儀式」を行ってから

勉強をスタートすることになっている

この儀式

どやさんの講演会で学んできたもので

正直、どんな効果を生むのかはまだわからない

でも良いと思ったものだから

日々続けてみる、これが大事だと思う

良いと思ったことを続ける

そして効果が出るように改善して行く

これを繰り返していきたい
明日から2012年の夏期講習が始まる

今はその準備のために塾に来ている

今年の夏期講習の大きなテーマは「ほめて、ほめて、ほめまくる」ことだ

生徒のささいな成長を見逃さない

特に中3、毎日塾に来るんだから

毎日ほめまくってやろうと思う

ほめることの重要性は先週のミーティングでも各講師に伝達した

講師全員で生徒をほめていきたいと思う!
江南のかとう先生(よその塾の先生でたまたま同じ名前です)のブログを読んでいたら

自分のやりたかったことが見えてきた

やっぱり僕は本を大事にしたい

そして本を読むのは良いことだというのを

先生にも、生徒にも伝えていきたい

なんていうか本を読むということは

人間らしい「美しい生き方」だと思うんだよね

抽象的すぎるか(笑)

講師向けに読書をすすめる企画を始めたところだけど

生徒向けにも何かをやりたいな

読書感想文コンクールでもやろうかな

完全自由参加で楽しめる人から始めていくってのはどうかな

楽しんでやってたら他の生徒たちにも広がっていくだろうしね

あともう一つの案として

かしもと先生の塾のトイレのネタもパクろうかな(笑)

これにはラミネーターがいるな・・・



よしインスピレーションに導かれて進んでいこう

心躍る方向に行きたいよね

世界にひとつしかない塾なんだから
昨日高2のYSKから電話があった

「塾の自習室開いていますか?」

聞いてみると予想通り成績がやばいことになっているらしい

そしてまず勉強時間を確保しようということで

塾に来ることを決めたらしい

早く気づいたとして

行動を始めたとして

あとはそれを継続するかどうかが大事

がんばれYSK

他の高2生もそろそろ受験を意識し始めるころか?
合宿用の教材の作製はほぼひと段落といったところなのだけど

その模範解答の作成が難しい

数学を1セット作るのにおよそ40分かかる

僕の学力で本気で取り組んでの結果だ

数学だけは今日中にあと2セット作りきるつもりだけど

英語を作るのは講師たちにも手伝ってもらわないとだめかもしれない
よその塾の先生と会って話をすると

自分の良いところ、足りないところが発見できる

そして、これで蒼心塾は良いのだろうか?ということを考えさせられる

同じくらい蒼心塾は良い塾だとも思うけど

そんな日々の刺激を元に色々なカリキュラム

そして勉強に関係ないイベントが組まれていくのです

オリジナルTシャツの締め切りは明日になっております

お忘れなく~
よその塾(とはいっても旧知の仲)の講師から

見学に行ってみたいと言われた

ちょっとは魅力的に写っているのかもしれないと思うと

嬉しいね

さあ今日は海の日だけど、塾もあります

集中して勉強しよう!
2012.07.14 ミーティング
昨晩は合宿に向けてのミーティングを実施

今回は相手方の塾にうかがって色々と話をしてきたのだけど

相手の塾の講師たちと会話ができたことで

うちのおおはら先生とあおやま先生にも良い刺激になったようだ

合宿の申し込みも何件か出始めた

準備万端で合宿を迎えるべくがんばっていきたい
2012.07.13 満員御礼!
先程お電話をいただき

めでたく2013年度の予約も全学年満席となりました

本当にありがとうございます!
最近地域の方から塾すごいみたいですね~なんて

声をかけられることが増えた気がする

始めて3年

ようやく小中学生とその保護者以外にも認知され始めたかな・・・?

今日あたり中1の順位が出揃うと思われる

どんな結果かな?10位以内に二人くらい入ってるといいな
2012.07.11 講師の視線
個別指導塾の先生と色々と話をしていて感じることが

今は上手に言葉に直せそうなので

ちょっとブログに書いてみようかと思う

おまえは個別指導塾の先生じゃないんだから

何を生意気なことを言ってるんだと思われるかもしれないが

僕自身、個別指導塾の教室長を8年ほどやっていたし

その間も、毎月100時間以上は授業に入り続けていたので

そんなに的外れな意見と言うことはないだろう


多くの個別指導塾の講師と言うのは

大学生のアルバイト講師であることが多い

そしてアルバイトの講師というのは成績を上げられないことが多い

絶対ではないが、確率は高い

これはなぜだろうか?


講師の学力の問題?
コミュニケーション力の問題?
教材の問題?
生徒の学力の問題?


確かにこれらも要因としては考えられる

でも、僕は成績を上げられる先生と

成績を上げられない先生の間には

もっと大きな一つの違いがあると思う

その違いとは何か?

それは「講師の視線」だと思う


生徒をきちんと見ているとかそういう話がしたいのではない

生徒がどうなっていくかを視ることができるかが大事なのだ

もっと具体的に書こう

成績を上げられる講師というのは

その生徒が成績が上がると本当に「信じて」指導をしているのだ

自分が教えることがきっかけになって、生徒の成績が上がると信じている

それが成績を上げられる講師の条件だと思う

逆に成績を上げられない講師は

生徒の成績が上がると信じていないのだ

特にアルバイトの講師たちはこれができないことが多い

もちろんこれはしょうがない部分もある

なぜなら生徒の成績を上げた経験が絶対的に不足しているので

何をどれくらいやったら生徒の成績が変わるかについて

「自分自身の経験」以外の指標がないのだ

だから生徒に勉強をさせることで成績が上がると信じることができない



「生徒の成績が絶対に上がる」

これを具体的に信じることができるというのは

講師にとってものすごい武器になる

これに気づくだけで講師の指導は劇的に変わるかもしれない

うちの講師たちにもなんとか伝えないといかんね

しかもできるだけ早く!
2012.07.10
早いもので2012年も半分が過ぎましたね

蒼心塾では夏期講習の準備、特に中3向けの合宿の準備の真っ最中です

この合宿ですが、藤中の出校日と重なり1泊2日に計画変更を迫られ

さらに高校の体験入学とも重なりそうだという情報が出てきています

申し訳ないのですが

各高校の体験入学の日程がまとまっている用紙を

学校で配布されていましたら

生徒に持たせていただけると嬉しいです
久しぶりに問い合わせなどに関する数字の整理をしています

正確に言うと

金曜、土曜と早く帰宅してしまったため

そのツケが日曜日に回ってきているのです

自営業のいいところと悪いところを体感中です(笑)


さて蒼心塾の生徒募集に関するナマナマしいデータを載せてみましょう

同業者しか楽しめない記事ですね

たまにはそういった話も良いかもです


開校3年時点

問い合わせ総数:186~230くらい
186は間違いないのですが、お断りしてしまったものや、質問されただけのものは1年以上前からデータを残すのをやめてしまったので、それらがプラス50くらいはあるんじゃないかなって予想です。まあ約200ですね。多いか、少ないかはよくわかりません

塾生(通算):103名
卒業した生徒や、退塾した生徒を含む通算の数字です。これまた多いのか少ないのかわかりませんが、多くはないだろうなと思います。

塾生(今年度):68名
ありがたいことに今年も満席です。


体験後未入塾:12名
12名中1名は1年後に入塾したので、実質11名ですね。これはどうなんでしょう?普通かな~体験の入塾率は103名/115名だから89.6%ですね。80%越えたら普通のはずだからまあまあかな

退塾:4名
理由はもちろん色々なのですが、とにかく卒業式まで在籍しなかった生徒を退塾としています。退塾0をほこっていたころが懐かしいです・・・退塾率は4名/103名なので3.9%ですね。これは5%をきると低いという情報をどこかで見た記憶があります

予約:19名
体験の予約をしてくださっている小学生の数です。本当にありがたいことです。もういちど書きますが本当にありがたいことです。これが多いのかどうかはわかりません。予約率なんて聞いたこともありませんし・・・でも来年度からの入塾枠が16名であることを考えると予約率は19名/16名で100%越えとも言えますね。実際は再来年度の予約も4名入っているので来年度の予約率は15名/16名が誠意のある数字かな?




こんな生々しい数字を載せている塾ブログはあまり見たことありませんが

だからこそ興味深いかなと思い載せてみました

でもあまり同業者に見られているブログではないはずなので

誰向けの記事かよくわかりませんね・・・

保護者の方とか、生徒達には

なんとなくすごいんでしょ?と思ってもらえれば十分です(笑)
2012.07.07 大雨の中で
今日はめでたく3周年ということでチラシを折り込ませていただきました

一部だけですが予約の受け付けをしている学年もあります

良ければお問い合わせください。


さて昨日の夜のことですが

下の駐車場で車が縁石に乗り上げてパンクして立ち往生してしまうというアクシデントが起こっていました

中2RNのお父さんがそれを助けようと声をかけてくださり

残っていた生徒達と大雨の中で救出作業を行いました

行動を起こされたRNのお父さんにまず感謝

そして手伝ってくれた生徒達に感謝です

雨には濡れてしまいましたが、良い気分になれました
順位はまだですが、各中学校、各学年のテスト結果が出揃いました

色々と言う前にまず塾生の平均点(およその学校の平均点)をお伝えしましょう

<藤中1年>
426.4点(353.5点)
平均+72.9点

<南中1年>
419.2点(370.0点)
平均+49.2点


<藤中2年>
387.7点(325.8点)
平均+61.9点

<南中2年>
357.0点(292.0点)
平均+65.0点


<藤中3年>
313.3点(283.0点)
平均+30.3点

<南中3年>
356.2点(301.5点)
平均+54.7点


全体としては良く頑張ったテストだったと思います

特に中1は初めてのテスト、初めてのガチンコでしたが

素晴らしい努力と結果を見せてくれました

素直にほめたいですね

心配が残ったのは3年生の数学です

どちらかというと普段そんなに悪い点をとらない生徒達の数学のできが

いまいちでした

塾平均も学校平均よりは上ですが、それでも+3点とほぼ誤差と言っていい範囲です


塾側の原因は僕の精神的な比重にあると思います

今回は英語の改善にかなり心が傾いていたので

英語がいつもより、全学年良い成績なのです

その影響が数学に悪い方向に出てしまったのでしょう

やはり全科目学校平均より安定して10点は上をとらせたいです

そのために工夫を続けていこうと思います
2012.07.03 英語の進化
チラシの折り込み完了しました

土曜日に折り込まれます

今回は3周年の記念チラシなので

読んでほしい対象は、生徒達と保護者のみなさんです

感謝の気持ちを少しでも感じとっていただけたら嬉しいです



さて、中2南中の結果が出揃いました

特筆すべきは英語の結果です

今回最も授業方法を変えたのが英語でしたが

それが見事に成果となってあらわれました!

<藤中2年>
前回テスト   →  今回
学校平均:54.8    58.6
塾生平均:68.4    82.5

<南中2年>
前回テスト   →  今回
学校平均:53.0    54.0
塾生平均:76.5    83.2

藤中の生徒達も、南中の生徒も

明らかに平均値で上昇しています

テストの難易度が簡単ということはないでしょう

なぜなら学校の平均点はほぼ横ばいと言えるからです


この結果に嬉しくなりすぎ、でかい声で授業をしていたら

腹筋が痛くなってしまいました

今日はおとなしくしておこうと思います
今日はチラシの校正が完了した。

あとは明日受け取りにいくだけ、今週の土曜日に折り込まれる予定です。

また南中1年のテスト結果が出揃い始めた。

今のところの塾平均は・・・

英語 97.4
数学 78.6
国語 81.3
理科 88.0
社会 81.3

まだ科目によっては返ってきていない生徒の方が多かったりするけど

だいたいこんな感じになりそう

数学が厳しいのは平均と比較しても理解できるけど

社会が思ったより伸びなかったのが気になるところ

なんにせよ藤中の1年と合わせて

平均値が過去最高になりそうな学年ですね

中1の最初が簡単だとはいえ

彼らがよくがんばったのは間違いないです

ここはほめたたえましょう

他の生徒達はどうだったかなぁ