今日はお昼から求人広告の会社の方と打ち合わせでした

新しい塾と蒼心塾それぞれで新しい講師を募集する予定です

塾の先生と言うと「頭がよくないとやれない」なんて思われがちですが

実際にこれまで見てきた印象では

少なくとも大学の名前と先生としての能力は関係ないなと感じます

要するに「頭のよさ=学力」がすべてでは無いということですね


先日、生徒たちにも話をしたのですが

結局仕事というのは「自分の考え」を「相手に伝える」能力や

「相手の考えていること」を「自分が理解する」能力が大切だと思います

簡単に言えばコミュニケーション能力とも言えますが

僕はちょっとこのコミュニケーション能力という表現は適切ではないといいますか

足りない表現だなと思います


たとえばうちの講師の青山先生や、大原先生は

上記の力、特に「理解する力」が高いように思うのですが

必ずしもコミュニケーション能力が高い人という印象はないからです
(ほめてますよ笑)


というわけで蒼心塾、また末野原・上郷の方にできる予定の新しい塾では講師を募集しています

学力は普通だけど、伝達力や理解力ならある気がするなんて人

ぜひ一緒に働いてみませんか?
PCの中のデータを整理していたら
何に使ったか記憶にない文章が出てきたので
せっかくだからブログに載せておこうと思います

タイトルは真心ブラザーズの名曲から
「いらだちの日々」としておきましょう



「いらだちの日々」

小学校、中学校とそんなに勉強に困らなかった僕は
何を勘違いしたのか、高校入学と同時にまったく授業を聞かなくなりました
そして暗黒の大学時代を経て、塾で働き始めます

今日はせっかくなので、僕が塾で働きはじめたきっかけをお話します
ダメなエピソード満載です


僕の高校時代の思い出といえば・・・
朝からジャンプを読んでいたら学校に遅刻をしたり
マンガ喫茶に行くために夏期講習をさぼったり
通学途中に読んでいた本が面白すぎて、途中で電車を降りて家に帰ったり
ワークは自分の表紙と他人の表紙を付替えて提出したり
廊下の端と端をゴールという設定にしてサッカーをしたり
サッカーは危ないからボクシングごっこに切り替えたり
隣の席の女の子に頼まれてラブレターを書いてみたり
授業中に弁当を食ってみたり
ファイナルファンタジーの略称が「ファイナル」か「ファイファン」かで議論したり
(時代の流れはFFに落ち着きましたね)
テストで賭けをして友人の頭をバリカンで刈ったり

・・・などなど、素敵な高校生活を送っていました
勉強?当然できませんでしたよ
高3スタート時のマーク模試は英語が68点(200点満点)でしたからね


決してグレていたわけではないですし、
いわゆる不良とは縁遠い真面目な子だったはずです。
なぜかこんな風になってしまいました。


それでもなんとか勉強して大学に入った僕は
ますます学校をさぼるようになります
ただ・・・楽しかった高校時代と違い
大学の日々は正直言って辛かったです


昼過ぎに起きれば、当然のように授業に間に合わない
仕事から帰ってきた家族に合わせる顔が無いから
逃げるように家を出て、マンガ喫茶へ
夕方になればバイトしていた塾へ行って授業
授業が終わったら朝まで麻雀
また昼過ぎに起きる。毎日がこの繰り返し


真綿で首を締められるとはまさにこのことかもしれません
自分の中でこのままではダメだということは分かるのですが
それでも大学に行こうとは思えないのです

せっかく入ったんだし・・・

親が高いお金を出してくれているんだし・・・

就職するにも大学くらい出ておかないと・・・

通った方が良い理由はいくらでも浮かんでくるのですが
結局最後まで行動には移せませんでした


当時は自分の中で大学をサボることに、
はっきりとした理由は見つかりませんでした

今ならなんとなくわかります

きっとあの頃の僕は自分の未来を決めるのが怖かったんです

僕は塾バイトの影響で、
教師になりたいと思い始めてました
でも教師なんて平凡の極みと思っていた僕は
教師になってしまうのが怖かったのです


あの頃は何もわかっていませんでした
まだ教師になると決めきれない、そんないらだちの日々でした



なんと!文章はここで途切れていました
でも、懐かしい話だったので一応載せておきます
不惑と呼ばれる40まであと5年
あと5年経ったら迷わなくなるんでしょうか(笑)
蒼心塾では卒業した高校生も自由に自習室を使ってよいことになっている

これは卒業した生徒の特典ということで無料になっている

そんなに座席数も無いのだけど、学年ごとに数人のメンバーが継続して使っている

テスト前だけ増えるかな(笑)


今日は高3生のNOKから連絡があった

「自習室を使ってもいいですか?」と。

あれ?もう進路も決まったはずなのにな~?なんて思っていたら

なんでもTOEICの勉強を始めたようだ

いや~すごいね!

そうなんだよね。大学は別にゴールでもなんでもないもんね

というか、ゴールなんてないんだよね

それにしても感心した出来事だった


また最近勉強に来ていた高1のYUTもテスト勉強が終わりそうだ

本当に大事なのは、これが終わっても勉強が続けられるかどうかなんだけど

良いリハビリになったと思う

引き続きがんばっていってほしい
公立高校の入試倍率が出ましたね

今年の生徒たちが受験する高校は・・・

豊田北:1.84倍(昨年1.73)
豊田西:2.32倍(昨年2.25)
豊 田:2.22倍(昨年2.36)
加茂丘:1.32倍(昨年1.74)
工 業:2.42倍(昨年2.68)
農林デ:1.18倍(昨年2.70)
豊田東:2.13倍(昨年2.21)


このような感じです
全体的に数字はほぼ変わっていませんね
昨年から急に高倍率になった工業が、引き続き高倍率ですね

うちの生徒たちはまだ志望校に対して厳しい状況です。
ただ残りの時間にできるかぎりのことをやり
全力を出せる手助けをしてやりたいと思います!
今日は朝から銀行に行って打ち合わせをしてきました

こういう打ち合わせなんていうのが初めてなので

多少は信用された方がいいだろうと思い、僕にしては珍しくスーツを着て行ってきました

銀行の打ち合わせも順調に終わり(おそらく笑)

その後は3月に入れる予定のチラシの打ち合わせ

お友達の塾長とランチを経て

そのまま塾に来ています

というわけで今日の授業はスーツ

普段はスーツなんて着ないので小学生の反応が新鮮ですね

僕も新鮮な気持ちで授業しようと思います
最近、生徒たちに感化されてパズドラやりたい病の加藤です

パズドラにはまっていく過程で必ず通るのがマックスむらいとスプリングまおじゃないでしょうか?

彼らはアップバンクという会社の社長さんと社員さんであり

パズドラに関する情報を様々な形で提供してくれています

そんなスプリングまお先生がブログでとても良いお話を書いていました

スプリングまおのブログ

「何を勉強すればアプリを作れるようになりますか?」という内容です

僕も読みましたが、わかりやすく説明してくれていて

中学生くらいでも十分読めると思います

アプリやPCなどに興味がある人はぜひ!読んでみてください!

パズドラ好きな生徒は多いですからね

それなりの説得力で響くのではないでしょうか?


中でも特に印象に残ったのがこの部分

(前略)学校で何を勉強したかではなく、一緒に仕事をする仲間の仕事をある程度想像できるくらいに知識量があるということが大切なんじゃないかなと。


私が仕事をする上で大事にしていることは、一緒に仕事をする仲間がどうしたら仕事しやすくなるかということです。一緒に仕事をする仲間というのは、プログラマさん・デザイナさん・攻略班メンバー・AppBankライターなどなど。仲間の仕事が捗れば、アウトプットは増えますよね。

相手によって、頼み方を変える・私が決める範囲を減らし、相手の自由度を大きくする・スケジュールの調整をする・全体の優先順位と相手のタスクを把握して調整する…

こういうことは、先にも書いたように、初歩的なことでもいいから、相手の仕事を理解できるだけの知識量がなければ難しいでしょう。



これはなぜ勉強するのかという問いのもっともわかりやすい答えの一つだと思います

結局どこまでいっても、コミュニケーション能力というのは必要です

そしてコミュニケーションというのは自分の意見を相手に伝える

また、相手の言いたいことをくみ取る力と言えるでしょう

そんな大切なコミュニケーションをするには最低限の知識が必要です

だから僕らは勉強するわけですね

そしてマナーやルールもそう考えると大事なことがわかってきます

あまりにもよい文章でありますし

それを伝えているのが、中学生に届きやすい人であるというのも最高でした

繰り返しますが、ぜひ読んでみてください!
今日は昼から受験対策講座!・・・とは言っても

推薦入試の合格者が抜け、欠席も重なり参加者は2名でした

基本的に全部個別指導でしたね~

合格はめでたいことですが、人数が減るのはやっぱり寂しいですね


夜は自習

今日はめずらしく高1生が3人来ていました!

やっぱり僕は生徒が勉強しているときの雰囲気が好きですね

生徒ががんばっているとこちらもちゃんとしようと思います

あと質問も歯ごたえがあって良い!

…とは言っても高校生の質問は解説が無いと解けないことが多いのでお手柔らかに(笑)


明日は3週間ぶりの休み!

髪の毛を切って、ラストスパートに備えようと思います
最近は新しい塾の準備と、蒼心塾の中3生への指導

そして新年度に向けての準備が重なり

何かと忙しく過ごしています

そんな中、今日は豊田高専の発表がありました!

結果は…合格!

いや~良かった!

これで残るは公立一般組です

公立一般まであと17日!
今日は公立高校の推薦入試の発表日!

…と思っていたら、高校生から連絡が!

南山大学合格しました!と2人から

いや~うれしいですね!

合格という結果はもちろん、報告してくれたこともうれしいです


そして夕方、生徒たちから報告が届き始めます

公立高校の推薦の結果はというと

全員合格!

今年の推薦は工業と農林と東でしたが

見事に全員合格しました!

いやあ嬉しいですね

結果を調べてみると、農林や東は全員が合格したわけではないので

きちんと生徒が評価された上での結果です

また明日授業がありますので

しっかりと褒めてあげたいと思います
実はこの1年くらい、ぐっと生徒を怒る回数を減らしています

なぜなら強く怒ったところで

生徒たちは少しも良い方向に変わっていかないと実感しているからです

もちろんこれはしつけというようなレベルのことではなく

勉強に関する問題点についてですね


ただまだまだ、僕の精神力が足らずに

今日も会話の流れが読めずに

勉強の話をしているときに

全然関係ない話を挟んできた小学生を思いっきり

怒ってしまいました

そんなことで?と思われるかもしれません

そうです。そんなことで怒ってしまうほど

まだまだ修行が足りないのです。


もちろんその後の教室の空気は重くなり

お互い良い後味ではありません

こうならないようにしていくことこそが

授業、教室の雰囲気づくりなのでしょう

15年も塾講師をやっていてこのざまです

修業は日々続きますね


あ、念のため

体罰とかはしてませんよ(笑)
明日はいよいよ公立高校の推薦入試ですね

生徒たちにも若干の緊張が見て取れます


愛知県の公立高校入試は面接のみで合否が決まっていきます

面接では定番の質問が色々とあるのですが

その中の一つに

「最近気になったニュースは?」というものがあります

最新のものなら雪のニュースでしょう

この雪のニュースについて面接で答える場合の

リアリティがあり、さらに中学生でも十分に考え付く答えというのを

今日来ている生徒たちには伝えておこうと思います

せっかく入試前日に来ているんですから

これくらいのサービスはしてあげたいと思います
昨日、今日は朝から藤中のガチンコ

明日からのテストに向けてがんばってほしい

よく集中できる子たちの横で

僕も質問に答えながら自分の仕事に取り組む

今やるべき仕事といえば、それはチラシの原稿!

2月中に3つのチラシを形にしないといけないのだけど

一番準備に時間を割いているチラシが最も苦戦中(泣)

なかなか書きたいことが揺れ動いてしまい

魂が乗った文章には程遠い

原稿用紙1枚程度の文章に対して

現在書き直しもおそらく…15回目くらい

まるでネタの出てこない小説家にでもなったような気分だ


できるまで頑張ります!

今日は夕方から推薦入試を受験予定の生徒たちと面接の練習をひたすら実施

とは言っても火曜日が本番なので

混乱させないように、アドバイスは原則1つに絞って伝えた


Rは練習時点から面接官の方にきちんと視線を向けること!

Hは就職先の希望を出すなら、もう少し調べられることを調べておくこと!

Aは相手に伝えるってことを意識すること!

Nは早口にならないこと!

Rは返事を明るく声を張ること!


今日練習した皆はこちらの想像よりも上手に応答できていた!

もし心配だったら明日も一日塾は開いているから練習しにおいでね~
いよいよ推薦入試の倍率が発表されましたね

生徒たちがいる間にHPを見つけられませんでしたが

なんとか見つけることができました

まあ明日の新聞には載るんですけどね

↓こちらです↓

愛知県公立高校入試のHP

予想通りですが、東高の推薦は絶対安全ということはありませんね

もしものこともあるでしょう

いずれにしても試験に絶対はないので勉強を続けましょう!


同様に猿投農林の推薦も農業科は全員合格にしてくれるかどうか微妙な数字です

10名程度の不合格者は出るかもしれません

合格を意識して面接の練習をするべきですが

同様に勉強の手も抜いてはダメですね!

蒼心塾の生徒たちが受験するそれ以外の学校や学科は

十分に合格が狙える数値でした!

ここから数日は面接の練習に集中しましょう!!
僕は基本的に学校の先生に敬意を払おうと思っている

だから生徒たちが学校の先生のことを悪く言いすぎるようであれば

いさめたりする時もある(多少は愛嬌だとおもってる)


勉強面に関しても、学校の先生たちは短い時間の中で工夫されているんだなということが伝わってくる

だから学校の勉強方針に対しても合わせられる部分は積極的に合わせたい

テスト前に一番生徒たちに伝えるのも

「テスト範囲表をよく見なさい」だ


ただ今年の南中で実施されている

自習ノートの強制だけは賛同しかねる

ノートを使って勉強しなさいというのはよくわかる

でもそこにページ数の指定があるのが納得いかない

たとえばうちの塾にも学年1桁の成績をとってくる生徒たちがいるが

彼らですら、60ページもの勉強をするのはかなり厳しい

たくさんやれば効果が出ると僕も思っている

でも基準を時間や、ページ数にしてしまうと

もっとも大切な「理解」と「暗記」がないがしろになってしまう

そしてその結果テストの点数が取れず

通知表に厳しい数字が並ぶこととなる


今日も塾での勉強で、ただ自習ノートを埋めることだけが目的となっていた生徒が

講師に注意された


ただ時間をつぶす、ノートを埋めるためだけの勉強だったら

やらないほうがいいと僕たちは思っている
昨日から同じ豊田市内で塾をやっているK先生や

江南で塾をやっているY先生と連続してお話をする機会がありました

彼らは僕よりも年が若いですが

強い情熱を持ってそれぞれの塾を運営している

尊敬すべき塾人です

そういう人たちと話し合えるというだけで

とても大きく、強い刺激を受けます

というわけで、今はやる気に満ち溢れていますので

今のうちにエネルギーのいる仕事に手をつけようと思います!
今日から南中生はテスト!

ということで生徒たちは相変わらずがんばって勉強しています

この時期の生徒たちの勉強はすばらしいですね

中3生はもちろんですが、やっぱり目の前にやるべきことがはっきりとあれば

皆がんばれるんですよね

ということは普段は、やるべきことを自分で見つけられるように指導していかないといけません

この辺りが来年度の塾としての課題となりそうです。

ちょうど1週間後の19日はテスト直後ということで

自習を講師に任せ、ひさびさに他塾への見学に行こうと思っています

こちらも色々と学ばないとね

そうそう、明日は午後3時より開校です

上手に勉強に使ってください
明日から南中はテストということで

この祝日は昼からは自由参加

夜は強制参加で塾を開けています


14:30の段階で16人の生徒が勉強しています

半年ほど前と比べると

自習に来る中1の数が増えてきました

彼らの成績はまだまだ不安定ですが

勉強のやり方はかなり成長してきました

ここからさらに伸びていってほしいです

勉強が難しくなってきているのを肌で感じているのでしょう


こうやって塾の代替わりが進んでいくのだなと思います
学診の結果が出ました!

各学年、もちろん優秀な生徒たちはいます

そして心配な生徒たちもいます

ただ、こちらとしては全体的な出来がまず気になります

個々の成績は上昇、下降はするものですから

全体として伸びていないと塾として指導が甘いということになってしまいます


で、全体的な結果はというと

中2が非常に良くないです

昨日、生徒たちにも話をしたのですが、全体的に成績が下降気味です

テスト直前の様子などを見ていると

とてもよくやっているのですが

それだけでは足りないのだと思います

瞬間的な勉強量ではなく、普段からの恒常的な勉強量が必要なのです

元々成績の良い生徒たちです

それだけに慢心、驕りもあったでしょう

いよいよメッキがはがれてきました

これは僕たち塾の責任でもあり、生徒たち個々の責任でもあります

今はテスト直前なのでとても良くやっています

問題はそれ以外の期間

生徒たちとの接し方を今一度考え直さないといけないのでしょう

もう一度真摯にならないといけません

まずは僕たちから!
今回のトライアスロンでは

いつも取り組んでいた英語の本文暗記テストを文法の確認プリントに変更してみた

良かったことはわかっていない部分がたくさんあることを確認できたこと

失敗だったのはプリントの量を多くしすぎて

生徒と先生の両方の負担が増えすぎたこと

方向性は悪くない気がするので

さらにブラッシュアップをしていきたい
今日は南中生のトライアスロン!



雪にも負けずがんばりました!

また明日も朝からです!がんばりましょう!
今日も朝から南中はガチンコです

ただあいにくの雪ですので

【重要】

今日の夜のガチンコについては、

路面の状況を見て各ご家庭の判断に任せようと思います

また9時40分以降の居残りは無しとします
今日は南中が代休ということで

昼の1時から塾を開けていました

すると自習にやってきたのが

中1が3人、中2も3人

土日のガチンコに参加できないことがわかっているので

その分を先にやっておこうとしたり

土日も来るけど、さらに追加でやったり

なかなか意欲的に取り組めていてすばらしかったです


一方、中3生は皆私立一般に無事合格できました!

これであとは国立、公立の試験を残すのみですね

あと一か月がんばっていきましょう!
今日は小5の国語の授業でした

そして授業が終わると5年生は算数のワークをすすめるために居残りが始まります

本当だったら冬休み終了までに終わらせようね、というものだったのですが

冬休み中に終わらなかった生徒は授業日に居残って進めてもらっています


これが今日の時点で1人クリアしたので、残り4人となりました

ただ4人中2人はもうすぐ終わりそうなので、実質あと2人です


冬休みまでに終わらせようねといってもその分量はワークのおよそ半分

しかも全問正解でクリアです

普段宿題が全くでない蒼心塾としては

なかなかハードな課題となります


でもこの1冊全問正解するまでやりきるというのは

なかなか良い取り組みだと感じています

採用しているワークもそこまで難易度の高いものではないので

一冊やり切ることで確実に基礎的な計算力などが身についていくからです

やっぱり授業を受けているだけで

できるようになるなんてことはありません

この辺はスポーツと同じです

自分でやってこそ、自分の力が伸びるのです

来年度はこれに国語のワークも組み込もうと思っています

なんか年々小学生の勉強がハードになっていきますが

それだけ小学校の基礎が大事だということです!
今日は懐かしい顔が続々とやってきました!

まずは高3のNOK!

大学が決まったということで報告しに来てくれたのです!

いや~~うれしいですね!

別に報告の義務もないのにきちんと卒業した生徒たちが来てくれるというのは

とてもうれしいです!

NOKが帰ったと思ったらすぐにYSKもやってきました!

NOKと同様に大学が決まった報告です。

YSKも久しぶりですが、元気そうで安心しました

わざわざ報告に来てくれるとは思っていなかったので

嬉しいですね!

そして授業後は高校1年生のYUTと面談

こちらも久しぶりでしたが元気そうで安心しました

今後の勉強の予定も決まってよかったね

次のテストで大逆転してやろう!


気付けば蒼心塾も開校してから4年半

卒業していった生徒たちも3期にわたり

今の中3が4期生となります

それぞれの学年にそれぞれの思い出がありますね

思い返せば皆よいこたちばかりです
ひ・さ・し・ぶ・りに、新年度の入塾の時期がやってきました!

そうです、今日から新中1クラスがスタートしたのです!

蒼心塾は一度入った生徒はそうそう辞めていきませんので

年間を通してほとんどのクラスの座席に空きが無いことが多いです

ですから学年が切り替わるこの時期くらいしか

新しい生徒たちに出会うことはありません


今日の新中1クラスは最初の授業ということで

前半で塾のルールと勉強方法の説明をした後

後半は小学校の復習の計算を行いました

計算力は皆それなりにあるようでしたので一安心です。


蒼心塾の勉強方法はとても単純ですが

それでも最初はなかなかうまくいかないことがありますので

今後繰り返し伝えられていくことになります

要点だけを言うなら「反復」です

反復をする方法と道具まで渡していきますので

しっかり活用して勉強していきましょう!


そろそろ学校であのペンを持ってるってことは蒼心塾?って言われないかな~
今日から中学生はガチンコスタート!

テスト日程の違いで南中の1・2年生だけでしたが

1年前と比べるとやはり成長を感じます

蒼心塾のガチンコは基本的に生徒たちが自分でやる内容を決めて勉強をすすめていく自習形式です

これが最初の頃はなかなか難しい

特に1年生などは最初の頃この自習が上手にできません

こちらから声がけなどをする頻度がとても多くなります

それが夏休み辺りから落ち着き始め

この学年末の時期になると

今日からガチンコだよ~くらいの声がけで

自分たちで勉強を始めるようになります

こういう成長がとてもうれしいです!


蒼心塾では特別な勉強方法などを伝えることはありません

学校でもらったワーク、塾で与えた問題集

それらを反復する時間と場所と道具を与えるだけです


塾が反復する場所であり

ガチンコはその時間

そしてオレンジペンと赤下敷きがその道具です


たったそれだけ、でもそれで生徒たちは結果を出してきます

これこそが勉強の王道です

良い成績を取ってくるのは塾ではありません

生徒たちなのですから
土曜日は昼から塾が開いています

ただ基本的に中3生しか来ない形になっています

そのため1日中落ち着いた雰囲気で進んでいきます

今年は公立高校の受験が残っている11人の生徒のうち

6人が推薦入試を受験することになりました

半数以上が推薦入試を受けますので

先週あたりから推薦入試用の作文を書いている生徒がとても多いです

こちらも色々とアドバイスをしているのですが

生徒たちは学校の先生からももちろん色々なアドバイスをもらうので

混乱しないように、学校の先生に言われたことの範囲内でアドバイスするように気をつけています


生徒たちにはすでに話をしていますが

公立高校の受験の仕組みがかわります

対象となるのは今の6年生が受験する2017年度から

そして今まで学力検査のなかった推薦入試に学力検査が追加されます

つまり今の推薦入試の形で受験できるのも今年をいれてもあと3年なのです

今の推薦入試は実際のテストができなくても合格できるというとてもラッキーな仕組みです

現中1・2はせっかくラッキーな制度で受験できるので

必死で通知表の数字を稼いできてくださいね