今日は2月29日です
まだ2月なのですが、今日から3月ということにして
小5クラスは新小6クラスに進化します!

体験生が新しく4人来ますね~
さっそく塾に来た古株の生徒がなんか緊張する~と言っていましたが
僕も同じです
やっぱり何回やっても体験授業は緊張しますね
これは体験だからというよりも
新しい人に会う緊張(ワクワク?)なんでしょうね

新入塾の生徒に、新しく始まるレプトンに、中3生の受験に、卒業式の準備に・・・
バタバタの3月が始まります
ミスを恐れず攻めていきたいですね

あ、そうそう
昨日書いた火星の人読み終わりました
久々に集中して読み切りましたが、それだけの面白さはありましたね
2016年はここまで面白い本しか読んでいない気がします
すみません、バタバタとしているうちに
ブログの更新をせずに数日が経過していました

このところの動きを箇条書きでご紹介

○Leptonに対するリアクションをいくつかいただいております
ご兄弟が興味があるというものが2件
体験のお申し込みが2件といった感じです
今年度のレプトンは上限を8名で進めていこうと考えていますので
とても良い反応なのではないでしょうか?
こちらも手探りな部分がありますが、良いものだという予感はありますので
気になればぜひお問い合わせください

○中3の受験もあとは公立一般を残すのみとなりました
蒼心塾からは6名が一般入試を受験しますね
倍率なども発表されていますが
よほど極端な倍率にでもならない限り
入試までの勉強に影響することはありません
やるべきことを自分で考え、やるべきことをやるだけです
がんばれ!受験生!

○火星の人
忙しくしていると本を読みたくなる病気です
高校3年生の頃に発症しました

映画「オデッセイ」の原作となる「火星の人」という小説を読み進めています
火星に一人取り残されてしまった宇宙飛行士のサバイバルものです
ロビンソンクルーソーや、十五少年漂流記
マンガだったら自殺島
また海外ドラマLOSTからDASH島まで
無人島ものは好きなので、同じ感覚で楽しめます!
上記のどれかにピンときた人におすすめです
でも、LOSTは途中からクソだと思う

以上
新小6クラスの体験授業を受けるご家庭への説明が終わりました

本当にありがたいな~と思うのは
それぞれが蒼心塾に対する良い評判を聞いてきてくださるところです
おかげさまでご説明もスムーズにすすんでいきます

毎年思うのですが、この時期に新年度の生徒募集について必死にならなくてすむということは
そのまま今いる中3生への指導に全力をそそげるということになりますので
とてもありがたいことです

それもこれも、過去から現在まで在籍してくれた
もしくは在籍している生徒たちや、保護者のみなさんのおかげだといつも感謝しております
本当にありがとうございます

そうそう
ありがとうございますといえば
バレンタインということで多くの女子生徒がチョコレートをくれました
こちらもまた本当にありがとうございます!

ホワイトデーか・・・
中1、中2のテスト結果が出てきています
南中は明日順位が出るのかな?

今の時点ではですが
南中の1年生がいい感じですね
聞いたところ平均点がものすごく高いということは無さそうなので
良い結果が期待できそうです

逆に藤中の1年生は心配ですね
当たり前のレベルが学年全体で下がっているのかもしれませんが
それに流されないように引っ張っていきたいと思います
今日の自習の報告を聞いていても
まだ勉強のやり方が完璧では無い生徒たちです
具体的にはワークを解くのに、答えを一緒に持ってきていない時点で
勉強のやり方がまずいですよね
こういったところから、声をかけ続け、正しい方法を身に着けてもらわなくてはいけません

2年生はSRNやSIYが社会が良かったと報告をしてくれました
またSRやHRTはようやく勉強が形になり始めているような気がします
逆に心配で相談をしてくる生徒たちが多いのもこの学年の特徴ですね

中2の子たちには「志望校を決めろ」という話をしました
決まらないのであれば、高い高校を目指せと伝えました
本当に受験する時には、自分が行きたいところを選べばいいと思います
そしてそれは体験入学などに行くことで見えてきたりするのでしょう
でも、はっきりとしないのであれば、いったんはっきりさせてしまえばいいと思います
あとから目標はいくらでも変えられますから

もう全力を出していいころです
あと二週間で、塾の中では代替わりです
6期生の生徒たちは毎日居残りをしたりしながら
入試に向かっています
7期生の時代はあと少しでやってきます
今日からレプトンの案内を開始いたします!
まずは塾生を優先として対象といたします





「今はよくても、この先は・・・?」
 ここ数年で急速に膨れ上がってきた小学生の英語教育に対する不安。それが「この英語がちゃんと大学受験や、就職試験につながっているのか?」です。何か良い答えはないか?その答えを探して数年。ついに素晴らしい英語教材に巡り合うことができました。それがこの春開講するレプトンです。

「とにかく体験してほしい!」
とにかく今は、一人でも多くの人に体験してほしい。そして「なんちゃって英会話」ではなく、「書くだけの英語」ではなく、高校でも、大学でも、就職でも、先々の人生まで「使える英語」を身に着けてほしい。それがレプトンを始める僕らの正直な気持ちです。お問い合わせお待ちしています!

対 象 :新小3~新小6(中学生以上は個別にお問い合わせください)
曜日・時間:火・金 17:40~18:40
料 金 :週1回 6,600円  週2回9,600円
      ※3月は開校キャンペーン中のため月謝無料(教材費のみいただきます)
      ※少人数でスタートするため、塾生・ご紹介の方を優先させていただきます。
      ※外部の教材を利用するため、兄弟割引の対象外とさせていただきます。




最初はこちらの準備の都合もあり、小3から小6でスタートの予定です。
ご兄弟に興味を持っていただいているケースもあるようなので
全学年に案内は配布予定です
ぜひご確認ください!
すでに何人かの保護者様からお問い合わせをいただいていますレプトン!

とりあえず看板を置いてみました。寂しいですね笑
来週にはご案内できると思います。もうしばらくお待ちください!
こんにちは加藤です

今日は木曜日
定期テストも終わったんで
久しぶりにエイムに来ています

来たら上郷中学の2年生が6人ほど自習に来ていました
そしてこれを書いている間に2人増え8人になりました

嬉しいですね
塾に来て勉強するのが当たり前のこの空気
これはエイムの先輩たちから
そしてさらには蒼心塾から受け継がれるうちの塾生のDNAです

成績が上がったりする短期的な結果ももちろん嬉しいのですが
こうやって勉強をする習慣を身に着けていってくれることの方が
もっともっと嬉しいですね
塾を作ってよかったな~と思わされる瞬間です
今週から、新小6クラスの入塾説明を個別に始めています
3月から新小6クラスの授業がスタートする予定だからです

入塾の説明をさせていただいて
いつもありがたいな~と思うのは
たいてい、蒼心塾を口コミで聞いて入塾いただけること
そして、その口コミの内容は良いものであることが多いことでしょうか

今日は蒼心塾の口コミに多いと予想されるものランキングを発表したいと思います
ちなみにこれは僕の勝手な予想によってつくられていますので
事実とは異なっている可能性大です

それでは蒼心塾口コミランキングいってみましょう!

第1位:なかなか入れない
これは自信があります
今となってはついに全学年キャンセル待ち状態です
面談で一番言われるのがこの噂でもあります

第2位:勉強時間が長い(≒面倒見が良い)
面倒見が良いという優しい言葉に変換してお伝えしてくださるご家庭もありますが
塾において面倒見が良いといえば
やはり塾にいる時間が長いということだといえるはずです
これはこういう塾を作りたかったので、そうやって言っていただけてうれしいです

第3位:先生(の髪の色)が変
まあ、そういうことです
保護者の方からは言われませんが、きっと思われていると思いこんでいます
被害妄想でしょうか?(笑)
真面目な学生時代をおくってきた反動なのか
父親が若いころからハゲていたことの反動なのか
白髪を隠すためなのか
老いから逃げたいのか・・・
自分でも理由はわからなくなってきていますが
髪の毛を染めるようになって気付けば5年以上経っていますね
まあ、もうしばらくは落ち着かない色でいきたいと思います

以上、急に思いついた
蒼心塾口コミランキングでした
新年度の準備でバタバタしております
こういう時に限って、読みかけのマンガが面白く感じてしまったりするのは何なんでしょうね?
世の中には不思議がいっぱいです、いや~~不思議だ


・・・さて、今日はこの3月から開講予定の子ども英語教室レプトンについて書こうと思います
まずは僕がレプトンをやろうと思った理由からお伝えしようと思います

生まれも育ちも愛知県は豊田市
そして20歳から今日まで、主に愛知県で塾講師をやってきた僕の感覚としては
ここ数年の高校入試における
英語の難化を感じずにはいられませんでした

特に気になるのがリスニングです
これについては明らかに学校や塾での練習量に対して
実際のテストの難易度が高すぎる気がするのです

もちろん難しいなら難しいで対策をするべきなのですが
リスニング対策にとって一番大切なものとは
実際に知っている単語を「聞く経験」なのではないかと思うのです
今の学校教育や、塾ではここの経験、
もっと言うなら練習量が足りていないのではないかと僕は思います

もちろん何かできないか?と色々模索はしましたが
どうしても目先の問題の解き方のようなテクニックになってしまい
本質的な解決はできていませんでした
他の教科や、長文問題とのバランスからいっても、
リスニング対策だけに長時間割くのはとても難しいことです
また聞く力が一人一人違うのに、一斉で聞く練習をするというのも非効率すぎて難しいです

そんな現場の困惑とは別に
ここからさらに入試制度の改革が予告されています
これからの英語は「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能が大事になっていきます

これは根本的にこちらも変わっていかなくてはどんどん生徒たちの困っている部分と
実際に実施される授業とがかい離していってしまう
このままでは生徒や保護者のみなさんの期待に応えられない・・・
これはやばい・・・

そう思っているときに出会ったのがレプトンだったのです

これはいいですよ!
なんといっても、生徒たちが聞くのは本物の英語
そして一人一人がそれぞれのペースで進んでいけるのです
しかもただの英会話教室とは違い
ゴールにTOEICという、はっきりとしたものが置かれているのもポイントです

これが蒼心塾でレプトンを導入することに決めた理由です
レプトンで学んだ生徒たちが中学校の英語で活躍し
さらに先の英語でリードを広げていけるような
そんな活躍を期待しています

また少しずつレプトンについて書いていきますね
2月に入ってから、まだ休みが1日もなく
曜日の感覚がよくわからなくなってきました(笑)
もうジャンプが出ているから月曜日ってことしかわかりません

2月15日月曜日
今日はいよいよ公立高校の推薦入試の倍率が発表される日です
以下のHPで夜8時ごろから発表されるらしいですね

公立高校 入試倍率

推薦入試の結果はその倍率に大きく左右されます
倍率が低ければ、限りなく合格に近づけるといえますし
倍率が高ければどんな結果になるかはわかりません

いずれにしても大事なのは自分の出せる力をきちんと出すことですね
合否は相手が決めることですから


僕も中3の頃、推薦入試を受け
そして見事に落っこちました

当日の朝から迷子になったり
思いのほか待ち時間が長かったり
緊張しないと思っていたのに、けっこう緊張したり

そういった経験ができたからこそ
一般入試の本番はびっくりするほど緊張しなかったことを覚えています

今となっては推薦受けたことがあってよかったですし
そこで落ちて、一般を受けたことも良かったです
実体験として生徒たちに伝えられますからね(笑)

今日の8時を僕もドキドキしながら待とうと思います
もうすでに少しずつ生徒たちには話していますが
蒼心塾ではこの春より英語の新教材を導入します

それが
こちら


Lepton(レプトン)です!

小学生から高校生まで勉強できる教材!
そして「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能に対応した教材!
さらに蒼心塾の自習のコンセプトともブレない
自分で学べる教材!
それがレプトンです!

詳しくは各生徒に案内を配布していこうと思っています
また外部の生徒募集はいったん小学生のみですすめていく予定です
それまでは上記の動画で期待を膨らませておいてください
明日は早起きして大原と京都に行ってきます
冬の京都を堪能するためではなく
この春から導入する予定の英語コースの研修に参加してきます!

今回導入するのは
英語の4技能の習得に効果を発揮する
(そしてあの地元有名大手塾も導入するらしいとチラシに書いてあった)
素晴らしい教材です

早起きは大変ですが、夜の授業までには戻ってきます
きちんとした案内ができるようにしっかり勉強してきます!
生徒たちには同様の内容のプリントを今日より配布をしております


【ガチンコ延長のお知らせ】

南中のインフルエンザによるテスト延期のため、ガチンコ期間を変更します。

<南中1・2年>
2月16日(火)まで
 ※13(土)、14(日)は10:00~18:00
 ※13(土)、14(日)は両日とも居残りはできません
 ※休校期間:17(水)~19(金)

<藤中1・2年>
ガチンコ期間の変更はありません。
16(火)まで休校、17(水)より通常通り

体調が悪くなったら無理をしないように、治ったらまたがんばりましょう。


できる範囲のことを精一杯やりましょう!
本当は蒼心塾でのアルバイトはブラックではないという
半分ふざけた記事を書こうと思っていたのですが
それどころではなくなってしまいました

現在藤岡南中1・2年でインフルエンザが流行中です
それに伴ってテストが来週に延期されたため
ガチンコも来週まで延期することにしました

また案内を配布するつもりですが
とりあえず金曜・土曜は南中生のガチンコ継続しようと思っています

インフルエンザにかかってしまった生徒は
これをチャンスと捉え、家でビシバシ勉強してね
あ、もちろん体調優先でお願いします!
土日のガチンコも、もうすぐ終了です
生徒たちはよくがんばっていましたね
さすがに年度最後のガチンコ
これまでに比べて集中具合で成長を感じることができたように思います

今回は歴史のトライアスロンの方法を変更してみました
これまでは記述でテストをしていく形式だったものを
口頭でチェックする形に変えたのです
これがどんな結果につながるか楽しみです!
良ければ今後も続けていきたいですね~

ちょっと心配なのは体調を崩しがちな生徒が何人かいることでしょうか
まだ多くはないものの、インフルエンザにかかっている生徒がいたり
発熱をした生徒も何人かいます
勉強は大事ですが、体調はさらに大事です
すばやく治し、勉強をしましょう
特に睡眠を削ると体(気持ちも)が弱るから気を付けてくださいね
今日はテスト直前の土日ということで
中1と中2が朝から塾に来て勉強しています
また、中3生も何人か自習にやってきていますね
とても良いことです

蒼心塾ではこのテスト直前の土日に
トライアスロンと呼ばれるテスト対策を行ってきました

これは漢字・英語・歴史の3教科の基本的な内容を
全員テスト形式で確認していこうというものです
そして終わるまでず~~っと続くというのが
その大きな特徴でもあります

塾ができてからずっと蒼心塾の大きな特徴として続いてきたこのトライアスロンですが
年ごとに様々な変更が加えられ
ついに今回、大きな変化を果たしました

それはこちらの判断でこのトライアスロンに取り組まない方が
成績が上がりそうだと感じた生徒は
トライアスロンに取り組まなくても良いという変化です

全員強制、終わるまで!

そう決めることで強制力や一体感は発揮しやすくなり
とても良い雰囲気で行われてきたトライアスロンですが
生徒によっては土日の勉強時間
つまり20時間以上が塾のトライアスロンをクリアするためだけに使われていってしまいます

無駄なことをやっているつもりは無くても
生徒によってはそれよりも学校のワークを完璧にしたほうが
よほど効率が良いなんてことは十分あり得る話です

そういった判断から
今回より中2生の一部は
トライアスロンの内容を調整して実施しています

塾の伝統が変わっていってしまうのは
少し寂しいような気がしますが
そんなクソの役にも立たない伝統よりも
今いる生徒たちの良い結果の方がほしいですからね
必要に応じて今後も変化していこうと思います


あ、そうだ先日始まった小6生(新中1生)の体験授業ですが
めでたく全員の入塾が決定しました
たくさんのお問い合わせありがとうございました
2016年も始まって、はや1か月が過ぎてしまいましたね
毎年のことですが、この仕事をやっていると
本当にこの時期の過ぎる早さに驚かされます

毎年冬の時期になると読書熱が高まる傾向にある僕は
今年に入ってからハードカバーを2作品読みました

1つは「教団X」

もう1つは「鹿の王」です

教団Xは中村文則さんの作品で
アメトークの読書芸人で絶賛されていたことでも有名ですね
僕も気になっていたのですが、ようやく読めました
中村文則さんの本は初めて読んだのですが
とても引き込まれるものを感じました

鹿の王は上橋菜穂子さんの作品
昨年の本屋大賞も受賞していましたね
上橋さんの作品は過去にも何作も読んでいたので
こちらは安心して読めました
というか読む前から安心していました
この人のファンタジーの現実とつながっている感はすごいですね
確かにそういう世界があると思わされる描写
生活の匂いが半端ないです

どちらの作品も小説
つまりつくりごとのお話です
それでもその物語は現実のぼくらが抱える問題について考えさせられるものです

色々な人や問題のあるこの世界で
何を支えに生きるのか?
共に生きるというのはどういうことなのか?
戦争、難民、貧困、格差、幸せの形・・・
考えないといけないことがたくさんあり
かんがえたくなくなるようなことばかりですが
本を読むということで
少しでも想像力を働かせるようになりたいと思います

どちらも今の時代に生きる
僕たちにこそおすすめの作品ですね
冬休みからずっと中3生は授業時間を使って入試6回という模擬テストを進めている

各教科テスト時間を5分ずつ縮めて実施しているものの
それでも解く時間と解説に時間が必要なので
毎回の授業で時間が足りなく感じることが多い

その分だけ僕の無駄話も減り
これはもちろん良いともいえるけど
・・・ちょっと寂しい(笑)

中3生は微妙な緊張感を身にまとっているので
それを思うと今こそしょうもない話を連発してやりたいところだけど
やっぱり難しいね

あと33日
お互いがんばらないといけない
無駄話はコンパクトにはさみつついこう笑
今日は・・・いや今日も中3生が自習に来ています
だいたいいつもAYNがいますね
あとは日によってRKです
そして最近は入試が近づいてきているRYTも加わっています

彼らはそのまま蒼心塾内の成績上位3人でもあります
きっとわかっているんです


やらなければならないことを?
いえ、そんなことはだいたいみんなわかっています
彼らはそうではなくて
環境を変えないとできない自分をわかっているのです
そして、環境を変える一歩を踏み出しているのです

行動をすることで環境は変えられます
また環境を変えることで行動も変わっていくのです
誰だって意志は強くありません
人間は弱い方に、楽な方に流されるものです
それだからこそ「塾に来る」という行動に価値があるわけです
がんばれ受験生!!
今日から新中1クラスがスタートしました!
新しく5人の体験生が来て、16人で授業スタートです

何人かはすでに入塾の意志が固いようなので
それはとてもうれしいですね
また体験の子たちが来て、元々いる生徒たちのテンションも上がっており
「これはテンション上がりすぎて、授業に集中できないパターンかな?」と心配しておりましたが
体験生、元々いる生徒たちの両方共が
実際の授業ではきちんとこちらの話を聞けていたのも良かったですね

勉強内容は少し難しい部分もあったようです
ただ、それは授業内で話をしたとおり
反復してクリアしていってくれればと思います
まだまだ詳しいことはわかりませんが
良いスタートを切れたのではないでしょうか

公立高校一般入試まで
あと34日

<<生徒募集状況(2/2現在)>>

新中3クラス(現中2):満席(キャンセル待ち3名)
新中2クラス(現中1):満席(キャンセル待ち3名)
新中1クラス(現小6):満席(キャンセル待ち4名)
新小6クラス(現小5):満席(キャンセル待ち2名)
この時期は各都道府県、各学校で受験が行われています
受験シーズンってやつですね

それぞれの地域で、学校で、そして塾で悲喜こもごもの様々な受験が行われているはずです
もちろん、蒼心塾やエイムでも同様です

今日はネットで見かけたある塾の塾長さんの発言に考えさせられました
ある学校(おそらく難関校)の受験結果が出て
合格率が塾として上がってきているという話でした
その中でこういった趣旨の発言がありました

10人中5人しか合格しなかったのが
10人中9人合格するようになれば
それは塾として成長と言うことはできる
でも一人でも合格していない生徒がいるのであれば
塾講師はどうしてもそこを見てしまう
講師にとって受験というのは
0か100のようにしか見れない

うろ覚えでぼくの言葉になってしまっていますが
こういった趣旨だったと思います

そうなんです
塾をやっていると多くの生徒たちを見ることになります
その中で印象に残っているのは
実は合格した生徒たちよりも、不合格だった生徒だったりするのです
もちろん受験に成功したら人生が安泰で
失敗したら人生は不幸だなんてことは
まったく思っていません
でも、それでもどうしてもそうなのです

僕も塾講師歴が長くなってきました
20歳からと考えても18年
それでもこういった部分は変わりません
悔しい思いは、目の前の生徒たちにきちんと接することで晴らしていこうと思います
今日からガチンコも始まりますしね

いかんいかん、なんだかセンチメンタルな気分になってきました
まだ何も終わっていないのにこれではいけませんね
おっしゃ~~今日からガチンコがんばるぜぇ!!