先週、新中1に空席ができた

この空席にお問い合わせを何件かいただき

1時間ほどで埋まった

こんな流れを先週ブログに書いた



実はその方が私立中学進学ということで

入塾をこちらからお断りすることになった

これが今日の午後の話


その結果できた空席を17:40~18:40の授業で生徒達に伝えたところ

授業が終わって2分後に電話が鳴り(着信は18:41だった)

めでたく空席が埋まった

電撃作戦だな~すごいな~と思っていたら

その5分後にまた別の方からお電話をいただいた

空席は1つしかないのでお断りするしかないのだけれども

本当に申し訳ないとしか言えない


ここまでしていただいたらなんとかしたいのだけれども・・・

具体的には今は何もできない



ただ妄想レベルで良ければ色々と考えたりはする



一番考えやすい方法は、人を雇って教室を広げることなんだけど

それにはその雇う人を教育する時間が僕にない


別ブランドで個別指導塾でも作ろうか

それでも、悩みは一緒か・・・

結局答えは出ない


隣の部屋にあったく○んも無くなってしまった

隣の建物にあった○大進学会も無くなってしまうようだ

でも、この地域にはまだ塾に通いたいと言う気持ちを持った人たちがいる


う~ん、分身したい
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1185-50709d62