火曜日に5年生のYUTが塾に来て僕のところによってきた

「せんせい、借りていったマンガを破ってしまいました」

見るとページの端が5cmほど破れていた

はっきり言って黙っておけば僕は気づかないかもしれないことだ

気づくとしても数年後か、他の生徒が借りたときくらいだ

それでもきちんと僕に報告をしたことはとても良いことだ

どうしようか考えた結果、テープを貸して本人に補修をさせた

本当は気をつけて扱うようにという注意をきちんとしたうえで直させるべきだったので

次回全体に注意を呼びかけようと思うけど

きちんと僕に報告をしてくれたのは嬉しい

なぜなら最初に注意事項として、破ったり、お菓子をぼしたりしたらきちんと報告をすること

そのままにしないということを伝えてあったからだ

黙っていてもすんでしまうことを

ごまかさずにきちんと言ってくれた

これはすばらしいことだと思う
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1280-840b1f37