生徒に対する声掛けをするのが良いのか

しないのが良いのか

ちょうど最近、色々な意見を目にすることが多く

考えさせられていた内容です


でも自塾の生徒達の様子を見ていてひとつの答えがぼんやり見えてきました

それは生徒達が自主的に勉強を始めたのであれば、声掛けはいらないということです

ヘタに発破をかけたり、叱責することなく

時折がんばっていることを承認してあげる

それで生徒達は自分の力で伸びていくと思います

それこそ健全な成長につながると思います


今日も数人の生徒達が早めに自習に来て勉強を始めました

こちらがそれほど強く早めに来なさいと言ったわけではありません

そして今日も何人かの生徒達が残って勉強をしていくのでしょう

本人たちががんばろうとしているのです

僕たち講師や、保護者はそれが大きく間違っていない限り

認めて、見守ってあげることが大事でしょう

自分からがんばっている生徒達はかわいそうでもなんでもないのです

ただまぶしい存在なのだと思います
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1363-045d0f5a