小学生の生徒がため息をつきながら塾に来た

こういうときはきっと何か聞いてほしいのだろうと思い

聞いてみることにした


僕:どうした?

生徒:いやー今日は歩いて帰らないといけないから怖いんです

僕:家までどれくらいかかるの?

生徒:遅くて10分くらいです

僕:近いじゃねえか(笑)


僕ら大人にとってはたいしたことがない話でも

彼らには一大事

そういえば小学生の頃は世界は冒険にみち溢れていたなぁと

思い出させられた出来事でした

小学生の頃はランドセルをそりにしたり

下水道とかくぐって帰ってたなぁ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1404-1428eb1a