2013.05.10 祖父と孫
今日は祖父の病院の付き添いのため、朝から厚生病院に行ってきた

祖父は今96歳

見事なまでにボケてしまっていて、介護施設のお世話になっている

だから病院に付き添っている僕が孫であることもよくわかっていない

診察を終え、会計の順番を待っていると

そこに母親と弟がやってきた

その弟を見て祖父が「どこかで見た顔だなぁ」と言った

横から僕が「○○○だよ」と言ったら

祖父は「そうだそうだ、○○○だ」と反応をしていた

ああ、ボケてても、瞬間、瞬間ではわかるんだなと思って

さらに「僕は誠、ま・こ・と」と僕の名前も伝えたところ

ニコニコしながらうなずくだけ

弟と違って僕はわかってもらえなかった(笑)

もう完璧にボケてしまっているので怒りはわいてこなかったけど(笑)

ちょっと寂しい気持ちにさせられたよ、おじいちゃん
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1497-e4f74391