僕は基本的に学校の先生に敬意を払おうと思っている

だから生徒たちが学校の先生のことを悪く言いすぎるようであれば

いさめたりする時もある(多少は愛嬌だとおもってる)


勉強面に関しても、学校の先生たちは短い時間の中で工夫されているんだなということが伝わってくる

だから学校の勉強方針に対しても合わせられる部分は積極的に合わせたい

テスト前に一番生徒たちに伝えるのも

「テスト範囲表をよく見なさい」だ


ただ今年の南中で実施されている

自習ノートの強制だけは賛同しかねる

ノートを使って勉強しなさいというのはよくわかる

でもそこにページ数の指定があるのが納得いかない

たとえばうちの塾にも学年1桁の成績をとってくる生徒たちがいるが

彼らですら、60ページもの勉強をするのはかなり厳しい

たくさんやれば効果が出ると僕も思っている

でも基準を時間や、ページ数にしてしまうと

もっとも大切な「理解」と「暗記」がないがしろになってしまう

そしてその結果テストの点数が取れず

通知表に厳しい数字が並ぶこととなる


今日も塾での勉強で、ただ自習ノートを埋めることだけが目的となっていた生徒が

講師に注意された


ただ時間をつぶす、ノートを埋めるためだけの勉強だったら

やらないほうがいいと僕たちは思っている
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1648-3004ead5