PCの中のデータを整理していたら
何に使ったか記憶にない文章が出てきたので
せっかくだからブログに載せておこうと思います

タイトルは真心ブラザーズの名曲から
「いらだちの日々」としておきましょう



「いらだちの日々」

小学校、中学校とそんなに勉強に困らなかった僕は
何を勘違いしたのか、高校入学と同時にまったく授業を聞かなくなりました
そして暗黒の大学時代を経て、塾で働き始めます

今日はせっかくなので、僕が塾で働きはじめたきっかけをお話します
ダメなエピソード満載です


僕の高校時代の思い出といえば・・・
朝からジャンプを読んでいたら学校に遅刻をしたり
マンガ喫茶に行くために夏期講習をさぼったり
通学途中に読んでいた本が面白すぎて、途中で電車を降りて家に帰ったり
ワークは自分の表紙と他人の表紙を付替えて提出したり
廊下の端と端をゴールという設定にしてサッカーをしたり
サッカーは危ないからボクシングごっこに切り替えたり
隣の席の女の子に頼まれてラブレターを書いてみたり
授業中に弁当を食ってみたり
ファイナルファンタジーの略称が「ファイナル」か「ファイファン」かで議論したり
(時代の流れはFFに落ち着きましたね)
テストで賭けをして友人の頭をバリカンで刈ったり

・・・などなど、素敵な高校生活を送っていました
勉強?当然できませんでしたよ
高3スタート時のマーク模試は英語が68点(200点満点)でしたからね


決してグレていたわけではないですし、
いわゆる不良とは縁遠い真面目な子だったはずです。
なぜかこんな風になってしまいました。


それでもなんとか勉強して大学に入った僕は
ますます学校をさぼるようになります
ただ・・・楽しかった高校時代と違い
大学の日々は正直言って辛かったです


昼過ぎに起きれば、当然のように授業に間に合わない
仕事から帰ってきた家族に合わせる顔が無いから
逃げるように家を出て、マンガ喫茶へ
夕方になればバイトしていた塾へ行って授業
授業が終わったら朝まで麻雀
また昼過ぎに起きる。毎日がこの繰り返し


真綿で首を締められるとはまさにこのことかもしれません
自分の中でこのままではダメだということは分かるのですが
それでも大学に行こうとは思えないのです

せっかく入ったんだし・・・

親が高いお金を出してくれているんだし・・・

就職するにも大学くらい出ておかないと・・・

通った方が良い理由はいくらでも浮かんでくるのですが
結局最後まで行動には移せませんでした


当時は自分の中で大学をサボることに、
はっきりとした理由は見つかりませんでした

今ならなんとなくわかります

きっとあの頃の僕は自分の未来を決めるのが怖かったんです

僕は塾バイトの影響で、
教師になりたいと思い始めてました
でも教師なんて平凡の極みと思っていた僕は
教師になってしまうのが怖かったのです


あの頃は何もわかっていませんでした
まだ教師になると決めきれない、そんないらだちの日々でした



なんと!文章はここで途切れていました
でも、懐かしい話だったので一応載せておきます
不惑と呼ばれる40まであと5年
あと5年経ったら迷わなくなるんでしょうか(笑)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1661-e8cd085c