今日は公立高校の結果発表でした

蒼心塾からは5人が受験しました

5人中4人がギリギリと言っても良い挑戦でした

可能性はもちろんあったため、僕もドキドキしながら今日の結果を待っていました



まだ一人から連絡をもらっていないのでわかりませんが

中には悔しい思いをした生徒たちがいました

同じ内申点の生徒が合格しているのに自分は第一志望に届かなかった生徒

B日程での失敗を乗り越えて、

A日程の第一志望では自己ベストといえる点数を出したのに第一志望に手が届かなかった生徒

B日程では順調に点数を重ねたのに、A日程では実力を出し切れなかった生徒


ちゃんと合格が見えるところまで本人たちはがんばってくれたことを思うと

塾として、先生として、自分が情けないです

あと少しの努力をもう少し早くさせてあげられなかったこと

本人たちがどうしようもなくやらなかったのであれば仕方がありませんが

それぞれがそれぞれの形で意欲を見せてくれました

こちらがそれを増幅してあげられなかったことを本当に申し訳なく思います


彼らは本当に最後良い雰囲気で勉強していました

あれが塾の理想であるのであれば、少しでも早くその状態にしてあげることが僕の務めです

この経験を生徒たちには糧にしてがんばってほしいですし

僕も糧にさせてもらおうと思います

うまくまとまりませんが、目の前のことをがんばりながら

気持ちに整理をつけて今週末の卒業式を迎えようと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1685-91249548