今日は6年生の授業でした

ちょっと勉強の苦手な生徒の多い6年生クラス

春からアルファベットの読み(フォニックス)に取り組んでいるのですがなかなかできるようになっていきません

そこで先週から小テストを取り入れることにしました

しかも、ただのテストでは苦手な生徒の苦手意識が取り除けないので一工夫してみました

テストを点数ではなく時間で評価するようにして、制限時間を下回ればクリアという形にしたのです

さらにこのテスト、答えを見ても良いという形にしてあります

だから苦手な生徒でも進めることはできます

でも答えを見ながらでは時間がかかってしまいクリアできません

このテストの狙いは時間で評価することによって、1枚のテストの中に成長が見られるようにしたことです

最終的に何も見ずに早くやれるようになってほしいのですが

そうなる前にあきらめてしまう生徒がたくさんいます

そこでタイムが縮むことに主眼を置かせて結果に到達するまでを何段階にもわけたのですね

おかげで今日もモリモリ解いていました

さあ一番最初にレベル1をクリアするのは誰だ?
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1726-94baefcb