蒼心塾の中3生によく授業中に眠そうにしている生徒がいます
もちろんずっと寝ているわけではありませんし
とても意欲的な生徒なので、仮に寝てしまってわからないところができてしまっても
きちんと授業後に残って質問ができるような生徒です

最近は中3生の希望者に
理科の説明の時間をとっています
通常の授業が終わった後の時間なので、希望者のみとしています

良く寝てしまう生徒は意欲があるので
その理科の説明の時間にも参加しているのですが
昨日はそこでも眠そうにしていて説明についてこれていませんでした

そして授業後にいつものように質問をしてきました

ただ昨日はその質問にあえて答えませんでした

なぜならその生徒に残されている時間はもう少ないからです
授業中に寝てしまって聞いていない問題を授業後に残ってもう一度聞く
これはとても時間がもったいないことです
残りの勉強時間に限りのある中3生にとってはとても大きな問題となります

そのことに気付いてほしいと思い
昨日はあえて説明しませんでした

わからないんだったら何度でも説明をしてやる
でも聞いていないのであれば、今日はもう説明しない

その生徒にはそう伝えました
厳しいようですが、もうそろそろ成長をしないといけない時期がきているのです
勉強のできるできないに関係なく、一皮むけて成長していってほしい時期なのです
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1830-37857490