今日の中2生はまず単語テストの出来がとても悪かったです

僕が普段の授業で使っている言葉づかいで言うのであれば
出来がクソでした
最悪です
ただ悪いという意味ではありません
勉強してきていないという意味でクソでした

叱り飛ばすことも考えたのですが
そこを叱ったところで、結果が良くなるわけではないことは
過去の膨大な経験からよく分かっていますので
今日は説教をしました

叱るのと説教って違いますからね

今日の説教の内容は大きく2つです

1つは「気持ちがのらない」「やる気が出ない」とか思うかもしれないけど
そもそも観点がずれているということです
気持ちなんてコントロールしきれない部分が多いんだから気持ちを変えようとしない方がよい
変えなきゃいけないのは、そして変えないといけないのは行動だという話をしました

続いてこの夏期講習では「連立方程式」の克服に力を入れるということを話しました
がんばれ!がんばれ!だけでは具体性が何もないですから
生徒たちも困ってしまいます
より具体的に何をがんばったらいいか迷わないように
連立方程式という具体的な目標を掲げました
そして、それに向けて毎回の授業時にテストを行うことにしました
これはたった2問だけの簡単なテストです
ただし、
どちらか1問でも間違えたら、追加で4問解かなくてはいけないというテストです
題してDEAD OR ALIVE
生徒たちにはぜひ生き残ってほしいものです


これらの話をしてから授業を始め
また最後にまとめの話をしました
なぜ上記の2点を今日話したのか?
それは今が成績上昇のチャンスだからです
内容が難化していく中2
そして勉強から気持ちが離れやすい中2でもあります
これは塾にいる生徒に限ったことではなく
それ以外の生徒たちも同様です
ということは・・・・ビッグチャンスと言えますね!

このデカいチャンスを、ぜひつかまえる夏にしたいと思います
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/1985-28fefa86