最近の新聞によその塾のチラシが入っていました
蒼心塾と同じでそんなに規模の大きな塾ではないのだろうな~といつもチラシを見て想像しています

僕はけっこうこの塾のチラシが好きです
なぜかといえば、それはいつも塾長の思いがチラシに書かれているからです
今回のチラシにも手書きの思いのこもった文章が書かれていました

今回のチラシの要点だけまとめると・・・
○中身の良しあしを月謝で判断していませんか?
○成績の良い大学を出ていなければ、優れた学力を持っているとはいえない(自分は超一流の大学出身)
○現在通っている塾の先生の学歴は大丈夫ですか?
○塾に歴史はありますか?(自塾は26年)
○自塾出身の生徒は多士済々です
○今年は生徒募集がピンチ。紹介してください。

ざっとこんな感じでした
真面目な塾長、熱意もあるのだろうな~と思いました
ただ、ちょっとこれまで見たものに比べると
生徒募集の熱が強く出ていて
同業者としては生々しくて好きですが、保護者目線では受けが悪いのかもしれません


今回珍しく、よそさまのチラシに触れたのは理由があります
それは、僕自身がこのチラシに書かれている理想とかけ離れているからです
そして理想の塾(講師)ってそういうことかい?って思ったからです

別に隠していませんので堂々とこのブログに書いておこうと思いますが
僕は大学を出ていません。
愛知大学に在籍していましたが、ほとんど授業に出ずにマンガ喫茶に通っていました
そして2年で辞めました
一言で言えば大学中退ってやつです

そこからこの業界一筋で17年の講師業です
でも、蒼心塾としてはまだ6年半
そして10年で蒼心塾は閉めるつもりです
だから塾としての歴史はないに等しいですね

蒼心塾で教えている人間はそういう人間です
そんな人だとは思わなかった~という方はご相談くださいね(笑)
実際に相談されても、過去の経歴は変えようがないですが
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2094-ada40037