模試の結果が返ってきました
個々の成績はそれぞれ気になるところではあると思いますが
このブログでは各学年の偏差値を元に過去の生徒たちとの比較をしてみたいと思います
せっかくなのでランキング形式でいってみましょうか

<中1春>
1位:7期生(50.0)
2位:5期生(48.6)
3位:6期生(47.4)

トップ3はこんな感じですね
それに対して今年の中1、9期生の偏差値は・・・

中1生(9期生):42.5

これはどれくらいの成績かといいますと
昨年の8期生をぎりぎりで下回り
過去最低の数字となっております・・・
とはいえ8期生の42.8とほぼ同じ数字ですので去年の中1と同じくらいの成績という認識でよいでしょう
ということはここから伸びしろしかないということですね
実際に8期生はよく成績が伸びている学年ですし
南中の子たちは定期テスト平均が400点を越える過去最高レベルに高得点集団へと進化しています
9期生も同じ道をたどれるように導いていきたいと思います
忘れてほしくないのはここがスタートラインだってことくらいですね


<中2春>
1位:5期生(51.1)
2位:8期生(49.8)
3位:7期生(49.5)

中2(8期生)は歴代2位に食い込みました!
先ほども書きましたが現在中2の8期生は
成績がよく伸びている学年です
中1のスタート時は過去最低の成績だったにもかかわらず
塾内ランキングでは2位に食い込んできました
彼らもまだまだ伸びている最中なので
今後に期待が持てますね

<中3春>
1位:6期生(53.3)
2位:5期生(52.5)
3位:4期生(50.3)

中3の春になるとその学年の実力がはっきりと見えてきます
5期生と6期生は蒼心塾の短い歴史の中で
最も勉強ができた学年ですので数字的にもとびぬけていますね
ちなみに今年の中3生にあたる7期生の偏差値は・・・

中3(7期生):50.2

惜しくも0.1差で4位でした
蒼心塾の中3生はここから夏の模試までに平均3は偏差値が上がっていきます
夏休みに気合い入れて勉強するからですね
あとは中1、中2と時間をかけて培ってきた勉強体力のようなものが
中3になり芽吹き始めるのでしょう
模試の結果を反省したら、今はとにかく学校の内申を取りにいってくださいね!

以上、ざっくりとですが全体的は模試の結果を載せてみました
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2111-942d6c12