今日の中1授業はお説教からスタートでした
何に対して説教したのか?をここにも書いておこうと思います

中1クラスでは最初に英単語テストを実施しています
満点合格で、不合格の場合は合格するまで居残りで追試というやつです
これの出来が悪かったから説教をしたわけではありません

このテストができなくてもしょうがない
「だって勉強する時間がなかったから」
「だってプリントを無くしたから」
「だって英語が苦手だから」
テスト時にこういった発言が複数の生徒から見られました
その出来なくてもしかたが無いという態度に説教をしたのです
「がんばってできない」と「やらなくてできない」には
ものすごく大きな違いがあるのです

だいたい、できなくてもいいなんて言い出したら
もう塾にいる意味はありません
だって塾には勉強ができるようになるために来るんですから

わかっています
中1の生徒たちはそこまで深く考えて発言しているわけではありません
でも、塾にお金を払って通う以上
そこは深く真剣に考えてほしいのです
わからんくてできないと、やらなくてできないは全然違います
そこをごっちゃにしたような発言はたとえ深く考えていなくても看過できません

僕は塾に来ることで、勉強にたいして少しでもプラスを得てほしいのです
それを台無しにしてしまうような発言は、何より自分のためにしてはいけないと僕は思っています

説教の後はいつも通り進みました
その後の生徒たちの様子もいつも通りでした
これは良いところですね
別に形だけの反省を求めているわけではありませんから(笑)

今日の話がどう心に残っていくのかは
また彼らの行動を通してみていこうと思います
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2120-ebd4e7e5