今日は中学生の模試と同時進行で小学生のラッキー補習が行われています
13時~3名の生徒たちががんばって勉強中です

ラッキー補習というのは指定された算数の課題が終わっていない生徒たちが
呼び出されて終わるまで勉強するというものです
ぶっちゃけ生徒たちからすればラッキーでも、なんでもないわけです

では、なぜラッキー補習なんていう名前にしたのか?

それはアホっぽい名前にすることで
ちょっとでも生徒たちの気持ちが前向きになればいいなぁと思ったからです

言葉の力は意外と強力なので、ラッキー補習なんて名前にするだけで
キツさが2割減くらいになることもあります

これから先の彼らの勉強は、何度も、何度も嫌だなぁと思うことがあるはずです
そんなときに、少しでも気持ちが軽くなる手助けを塾ができたらいいですし
最終的にはそうやって考える癖がついていくと
人生の楽しさも2割増くらいになるのではないかと思います
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2172-40dc6fe9