ついにこの話題に踏み込まなくてはならなくなったか・・・

前々から気になってはいたが
問題としては小さいものなので
なんとなくスルーしてきた問題が
ちょっとずつ増えてきたような気がする
それは何か?

それは「なぞの欠席問題」だ
最近、塾で理由があやふやな、なぞの欠席が増えている気がする
感覚的には過去に0%だったものが
ここ数年2%くらいになったという感じだ
大きな問題ではないがぼんやり気になる

蒼心塾を開校した当初は
けっこう厳しく、遅刻や欠席に対して対応してきた

生徒に対して叱るのは当たり前
時には保護者にもきつめのことを伝えていた

今でも覚えているものでは
「子供が寝ていて起きないので塾に行かせられません」
と連絡してきた保護者に対して
「だったら塾を辞めてください」と返した
「なぞの欠席」エピソードなどもある
ちなみにこの生徒はこのあとちゃんとやってきた


段々と厳しくするばかりが良いことではないというように考え方が変わってきたので
遅刻や欠席に対してもうるさく言わなくなってきた
実際に遅刻や欠席などほぼ無いし

ただそうなってくると
生徒や、ご家庭によっては「なぞの欠席」をするうちが
本当に本当に一部だが増えてくる
もちろん連絡はいただけるのだから
さぼりではないだけど・・・

やっぱり塾をなぞの理由で休むようになったら
それはその生徒の成績下降のサインだと思う

感覚的な話だが少し引き締めるようにしたい
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2196-1a64b3cb