最近、先生たちの中で出るようになってきた話題が「生徒たちの言葉遣い」です

正直言って、僕自身、あまり丁寧な話し方ができるわけではないので
蒼心塾は言葉遣いについてはあまりうるさい塾ではありません
それでも気になる状況であるというのが現状です。

はっきり言って気になるのは中1生です

先生に対して
友達に対して
先輩に対して
敬語を使う、使わないとかの次元ではなく
単に失礼だったり、不快にさせたり
聞いているだけで「それは言い過ぎだろう」と感じさせる場面が見られるようになってきました

そもそも中1生は上級生に比べて幼くて当たり前です
だから発言もいたらない部分が多くて当たり前
例年であれば、勝手に成長するのを待って
あまりうるさく言わないようにしていましたが
今年はこのまま放置しておくよりも
こちらから干渉していったほうが生徒たちにとって良いのではないか?と思い
明日から生徒たちに順次伝えていこうと思います

勉強に限らず、ありとあらゆる面で生徒たちの成長に期待します
もちろん先輩たちもお手本になってね!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2201-95be23aa