昨日、そして今日と保護者の方々からご相談をいただきました
それは何かというと・・・

バスケ部問題です

バスケ部問題といえばバスケ部が何かやったのか?と思われるかもしれませんが
そうではないのです

バスケ部が無いことが問題なのです

子供の人数が減りつつある藤岡学区では藤中と南中に分かれたことをきっかけに
いくつかの部活が無くなっています
そのため部活動の無いスポーツに取り組みたい生徒は
自分たちでどこかのクラブに所属しないといけません

これらの問題に直面している代表例が
藤中では男子バスケ
南中では女子バスケ、男子サッカーです

現在小学6年生である10期生
ここにはバスケクラブに所属している生徒が多くいるため
このまま中学に上がると予定されている通塾曜日と噛み合いません
それをどうにかならないか?ということで
保護者の皆さんが相談にいらっしゃいました

まずはこうやって相談に来ていただいたことがありがたいことです
本来なら、じゃあ塾をやめようとか、変えようとか思われても仕方がないことだからです
まあ田舎なんで他に塾の選択肢がほぼ無いってことも影響しているかとは思います
それでもうれしい限りですね

結論はお伝えした通りですが
曜日を変えるのはとても難しいです
なぜなら他の学年も含めた生徒たちに影響の出る話だからです
ただ中2以降、
月・木の予定から別の曜日(月・水・木のどこか)に動かせないか
各ご家庭に打診をすることはできます
そこも合わせて塾とスポーツの兼ね合いをどうするか決めていただければと思います

変に融通をきかせようとしすぎると
お互いにとって良くないことが起こり始めるのは
経験や肌感覚として知っています
そのため、ご相談いただいた時には
あえて厳しい言い方をさせてもらったつもりです
冷たい発言に感じられた部分はあったかもしれません
失礼に感じられていたら申し訳ないなと後になって思ったので
気にしすぎかもしれませんが
改めてこちらのブログにも書かせていただきました

基本的に他の習い事を優先させた結果
塾を辞められたとしてもしょうがないな~と考えていますが
だからといって塾を辞めてほしいわけでは全くありません
できたら皆で卒業するまで一緒に勉強できれば最高ですね
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2214-ef8f0341