5日の土曜日にウォーキングマラソンに参加してきました!
ウォーキングマラソンってのは中3生対象のイベントで
夏の合宿同様に他塾と合同で実施しています
コースは例年同様、犬山城から名古屋城までの約40km

今年のウォーキングは蒼心塾にとって忘れられないイベントとなりました

実は塾生のKが途中で足を痛め、皆と同じペースで歩けなくなった時
一度ゴールした塾生、講師、みんなでもう一度Kのところまで戻り
一緒に歩いてゴールしなおしたのです

先にゴールした生徒たちだって、決して楽してゴールしたわけではありません
それでもすぐに全員で戻るという決断をしてくれたこと
男子も、女子も全員が即決でした
卒業生でもあり、今は講師でもあるかなが
「自分もこの学年の生徒だったらよかった」というくらい
7期生の素晴らしさが詰まった場面でした

またKもよく歩ききりました
このままでは時間をオーバーしてのゴールとなることは確定という状況
一緒に歩く講師も疲労困憊
同じ塾の仲間は皆先に行ってしまい姿も見えない
弱音や、愚痴や、自分への苛立ちや、
湧き続ける負の感情と戦いながら
それでも歩みを止めずにゴールを目指し
皆と一緒にきちんとゴールしました
彼女にとっても貴重な体験となったはずです

ただ歩くだけのイベントですが
なぜかそこには感動があります
だからこそ毎年、毎年このイベントは続いているのです
卒業生にアンケートをとっても
非常に評価の高いイベントがこのウォーキングです
それはこのイベントに感動があり
その感動の源泉が仲間の存在にあるからなのかもしれないと感じた
今回のウォーキングでした
一緒に歩いてくれた講師、生徒
送りだしてくれた保護者の皆さん
全員に感謝したいです
どうもありがとうございました




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2217-3576b8f5