ここ数年勢いを増しているフランチャイズの塾に武田塾があります
フランチャイズというのは加盟金を支払った人に屋号(店の名前)とノウハウを教え
その後、売上等に応じてお金(ロイヤリティ)を徴収していくという商売の仕組みですね
塾業界、特に個別指導塾業界では多い仕組みで
明光義塾も、ITTOもこのフランチャイズという仕組みで校舎数を伸ばしてきました
他業種ではなんといってもコンビニが代表例でしょう

この業界では最近良く名前を聞くようになった武田塾
僕自身気になっていたので、一冊本を読んでみました
その名も「代ゼミが負け、東進が勝ち、武田塾が伸びる理由」です
著者は竹村義宏さん
なかなか興味深い内容で一気に読むことができました
まあ、興味深いのは自分の業界の話だからでしょうが(笑)

武田塾のコンセプトは「授業をしない」ということにあります
授業をしないで何を塾が提供しているかというと
自学自習の指導、もっと言えば学習状況の管理ですね
この「授業をしない」ことを武器に
武田塾は全国展開をすすめています

結局成績が上がるのは自学自習
これは僕自身も深く納得できる部分です
だから蒼心塾のガチンコはひたすら自習ですし
最近は塾の授業もアクティブラーニングを意識し
こちらが教えるのではなく、教え合いの時間が多くなるようにしています

逆に大きく違うのは塾に通う生徒たちですね
武田塾のメインターゲットは高校生(大学受験生)
蒼心塾は中学生(高校受験生)

武田塾の勢いが増しているのは
この基本的なコンセプトの徹底にあるのだろうなと感じました
この徹底というのは、自分の苦手な部分でもあるので
そこを意識することで、自分の指導も色々と変わっていきそうです
参考になりました

似たような指導方法を取っている塾が全国展開をし、伸びていっている
これは少し励まされる部分でもありますし
逆に蒼心塾の独自性なんて、すぐに消えてしまうようなもんだと危機感も感じます
興味深い本だった代わりに
昨晩本を読んだ後、いろいろと考えて眠れなくて困りました(笑)

さて今日も生徒たちは朝から自習をがんばっています
こちらも眠いとか言わずにがんばっていきましょう!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2232-64f94cfe