今日は中1の授業日でした
テスト結果を期待して待っていましたよ!

結果は・・・
上がっていそうな生徒が3分の1
現状維持の生徒が15分の7
下がっていそうな生徒が5分の1

おおよそこんな感じになりそうです
まだ平均点や順位がわからないのでだいぶ憶測も入っています

今日生徒たちに伝えたのは大きく2つ

1つは自分の点数は把握して当たり前ということ
もう1つは生徒によって、勉強の段階が違うということ

まず自分の点数を把握していないというのは論外です
良かろうが、悪かろうが、今の結果を元に
今後どうするかが決まっていきますし
自分が成長できているのか、いないのかの評価ができるのです
ダイエットをするときに自分の体重を知らない人はいませんよね?
それと同様に、塾に来る、成績を上げると考えると
必ず今の自分の成績を把握しないといけません

次に今回何人か良く頑張っていたのに
厳しい結果が返ってきた生徒がいます
特に前回大きく順位を上げた生徒に多いですね
この場合は勉強のやり方を変えないといけません
ちょっとレベルの高い話になり始めたということです
具体的には反復の量は足りているのに結果がついてこないわけですから
反復に入る前の理解だったり、授業内での理解が足りない可能性が大きいです
これに該当する生徒は
学校の授業内容でわからないところを塾ですぐに聞くなど
先手、先手を打って勉強していき、テスト前には色々な問題にあたることで
理解を深めていく必要があります
つまり、反復だけでは通用しなくなってきているということです

勘違いしないでくださいね
そもそも普通の勉強(=反復)ができていない生徒はまずそこからですよ
それができていてこそ、その先の話が意味を持つのです
授業内では名指しで伝えておきました
今後の成長に期待したいです!

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2235-c90d4580