最近ずっと意識していることが励ますことです
褒めるのではなく、励ますことが大事なんだと意識しています

よく色々なところで耳にするのが
「褒めるのが大事」という言葉
そして保護者の方とお話をしているとよく聞くのが
「褒めるのが難しい」という言葉
そうですよね。褒めるのってどうしても難しいです
だってなかなか褒めるような結果を出してくれませんもんね

だから褒めるのを諦めちゃいませんか?っていうのが今日の僕のブログであり
最近生徒を見るうえで気を付けていることです

褒めようとすると、どうしても結果を見てしまいます
それでは子供は成長しません
だから励ましてみませんか?
励ますことなら、どんな結果に対してもできます
こちらの声がけで、子供達が元気になるように
少しでも前向きに生きていけるように
良い結果でも、悪い結果でも
子どもを励ますような声がけを意識できれば
きっと子供達は成長していくでしょう

実際にやってみるとなかなか難しいことですが
これができるようになれれば、大きな効果を生むのではないかと思っています
ぜひ子供を励ましてあげましょう!!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2264-80e35272