今日は新中1クラスと中3クラスの授業でした。

新中1クラスは今後のことを意識して
勉強の基本的なアドバイスが多めになります。
「スピードは重要じゃない」
「間違えても良い」
「なぜその答えになるのか理解すること」
「後で取り出せる形で知識を頭に入れること」
「答え合わせは丁寧にやること」・・・

とにかく基本的なことを繰り返し、繰り返し伝えている最中です。

それに対して中3クラスはとにかくあと4日でできる勉強方法を伝えるしかありません
「どこでその答えに気づくのか」
「社会は解き直しよりも前後の知識を覚えること」
「進行形と受け身の見分けは主語で確認できる」
「内申に余裕があるってことは大逆転は狙わなくて良い
確実にあと1点を取りに行く勉強をするんだよ」
「みかんとお茶の山地には地形的な特徴があるんだよ」
「周りに何もない土地は天気が変わりやすいんだよ」

精神面のアドバイスと技術的なアドバイスが混在して
生徒を焦らせるわけにはいかない
でも、少しでも点が伸ばせるように知識を伝えたい
一瞬、一瞬の間に色々な気持ちが交錯しながら
始まったばかりの3月がどんどん過ぎていきます

まずはあと4日
毎日、できる限りの努力をしてほしいです!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2281-cf3f8464