今年は歴史漫画を読むのだ
新年度からさらに成績UPをしてもらうために
色々と変更点が出始めています
もちろんそこには難化が進む、高校入試対策を意識したものも多いです。
一番大きい変更点では「自習中に歴史漫画を読ませる」というものがあります。
もう「ただ覚える」というだけでは解けない入試に変わりつつあります
きちんと知っていないといけないのです
たとえば織田信長が1582年に明智光秀に殺されたってことだけ覚えていてもダメになってきました
信長と光秀の関係、そして秀吉や家康との関係
そもそも当時の信長の行動
そういったことを知ったうえで問題を解こう!という製作者の意図が感じられる方向に
各教科変わってきているように思います


できる奴は最初から知っている
そして、意外でもなんでもない事実なのですが
そもそも社会が得意な生徒はそんなこと最初から知っているのです
苦手な生徒は何も知らないことを授業で習い
得意な生徒は最初から知っていることを習うのです
だったらどうすればいいか?
こちらも知っている状態で授業を受けられるようにすればいいのです
そのために学校や塾の授業を受ける前に歴史漫画を読んでほしいのです


歴史漫画の効果は?
自分自身、小学校の図書館と家にあった歴史マンガを読むことで
ことわざも、故事成語も、歴史上の人物も、知っている状態で中学に入りました。
また今回の歴史漫画を読ませることについて
他塾の先生も、蒼心塾の講師も、ビリギャルも(笑)
多くの人たちが良い効果が出ると太鼓判を押してくれています
今年は真剣にマンガを読んでもらって
歴史に困らない生徒になってほしいです
マンガを読んで成績が上がるなんて最高じゃないですか!
大枚はたいて評価の高かったものを3セットも買いましたからね
もう後には引けないのです

とにかく文章を読み、語彙力を増やし、それを元に考える力を育てないと
通用しない入試になってきています
どんどん本を読みましょう
マンガでも良いじゃないですか
知識が増えれば、思考のレベルも上がっていきます
もう遅いと思わないで、だまされた気分で始めてみましょう
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2290-1ff6d22a