今日はLINE@で保護者の方からうけた質問にお答えしたいと思います
中3生と保護者の皆さんは必見ですよ!

まずは質問の紹介から~
学校より高校入試問題集のあっせんがありました。
購入しといた方がよいですか?
塾で同じような問題集の購入があるようでしたら教えていただけますか?
(中3生保護者様より)


ご質問ありがとうございます!
今日はこれについて僕の思うとことを書いてみたいと思います


まずは思うがままにメリット、デメリットを確認してみましょう

学校販売の教材のメリットは?
〇まあまあ安い
〇気軽に買える
〇公立高校と私立高校の過去問が載っていてお得


学校販売の教材のデメリットは?
〇場合によっては安くない
〇いらない学校の問題もついてくる
〇昨年から大きく問題傾向が変更された
〇そもそも使わない可能性が高い


だいたいこんな感じでしょうか?
ここからそれぞれ具体的に見ていきましょう!

1:学校教材の販売のメリットは?
〇まあまあ安い
公立高校の過去問(2年分だそうです)と近隣の私立高校の過去問が載っていて1000円だそうですから
安くてお得な教材だと言えそうです。
ただ問題集の金額というのは使うかどうかで大きく変わるものです
使いまくって成績が上がる教材なら10000円でも安いですし
使わない教材は500円でも高いですね

〇気軽に買える!
これは大きなメリットですね
本屋に行かなくても買える!
しかも色々入ってて良い商品っぽいものが買える
学校販売という安心感もありますよね
この安心感は塾では出せないものです(笑)

〇公立高校と私立高校の過去問が載っている!
僕がこの手の問題集で一番評価するのはここですね
1冊で必要(そう)なものが全部手に入る
何冊もの問題集を解くのはなかなか勉強の進捗状況を管理しにくいものです
1冊にまとまってくれていれば、カバンもスッキリしますし
自分でも管理しやすくなるでしょう
つまり、それができそうな生徒におすすめできるということですね


2:学校販売の教材のデメリットは?
〇場合によっては安くない
さっき安いと言ったじゃないか!と怒られそうです
そうですさっき安いといったんですけど
これは年々変わってきているのです
まず公立高校の過去問
これってインターネット上でいろいろなところでダウンロードできます
一番簡単なのは大手塾のHPでしょう
つまりインターネット契約さえしてあれば無料で手に入るということです
また塾に過去問は常備してありますので、そちらを利用しても無料ですね
私立高校の過去問についても同様です
塾ではだいたい生徒が受験する私立高校の過去問は買うようにしています
受験したい学校の過去問が無ければ相談してください!
ちなみに最近の私立高校はサービスが行き届いているので、
体験入学などに行くと、過去問を配布していたりもしますね

〇いらない学校の問題もついてくる
受験しない学校の問題もセットでついてきます
これにお金を払うのを無駄と捉えるか、得と捉えるかは・・・お任せします(笑)

〇昨年から大きく問題傾向が変更された
公立高校の入試限定ですが、昨年から大きく出題形式が変更されています
つまり、一昨年度以前の過去問の価値は相対的に下がったといえるでしょう
あまり昔の問題を解いたって、「全然雰囲気違うじゃん」となりやすくなったということです


〇そもそも使わない可能性が高い
ずべての問題集の最大の問題点がこれですね
買ったのに使わなかったじゃん!というやつです(笑)
自主的に買った教材は強制力が弱いので、役に立たせるのが難しいものです
しかも過去問ということは、そもそも問題の難易度も高い
これを使いこなせるのは相当自主性の高い、成績上位層に限定されそうです

3:つまり結論は?

僕が保護者であれば買いません
同等のものは塾で全て手に入るからです
しかも無料です
でも、教材を使いこなす能力がある生徒
そして塾などに通っていないという条件が重なる場合は
悪いものではないと思います
つまり
「塾に通っておらず、自己管理能力の高い生徒」
この条件に当てはまる場合のみオススメです!

今日は質問に答える形で、学校販売の教材について書いてみました
この件は塾ブログ業界日本一のアクセス数をほこるさくら個別の國立先生のブログでも紹介されていました

↓↓國立先生のブログはこちら↓↓
中学校で販売される中日教育出版チャレンジは買わんでよし
今回の藤岡中のものとは内容は違うようですが
趣旨は一緒ですよね
参考にどうぞ

それでは今日はこの辺で
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2314-bfc7f79f