今日は朝からSKPの勉強のため、豊田市内のとある塾までお邪魔してきました
明日は、小牧まで合宿のミーティング、明後日は杜若高校の塾向け説明会と、毎日が忙しく過ぎていく予定です
いい感じですね。この感じ。
まずは夏期講習まで続く、この準備の時期を攻め続けたいと思います


さて今日の授業は中3生
彼らには、自分の勉強の邪魔をしているのは自分の心だという話をしました
今年の中3生(8期生)は優しい、いい子たちがそろっています
優しく、行儀よく、空気の読める中3生。
僕の自慢の生徒たちであります。

でも彼らはいい子であるからこそ成績が上がりにくいんじゃないか?
ふとそう思ったのです

いい子だから成績が上がりにくい?とはどういうことでしょう

それは心が
「自分はこんなもんだ」
「自分のレベルはこれくらいだ」
「自分は(勉強的に悪い意味で)こうあるべきだ」とブレーキをかけてしまっているのではないか?ということです。
人間の心はすごいです
そう思えばそうなってしまいます

だからもっと図々しく、
「自分が本気出せばすげえことになっちゃうよ」くらい思い上がってた方が、成績って上がっていくのです
でも、性格の良い今年の中3生。
なかなか調子に乗るのが難しいようです

想像できることは実現できます

想像できないことは実現しません

今年の中3生にはもっともっと調子に乗ってほしいと思い始めています
もっともっと調子に乗って、もっともっと自分の殻をぶち破って
もっともっと成長していってほしいのです

こんなに素直ないい子たちです
もっともっとその良さを周りに評価されるべきです
そうなれるように、この夏しっかりと彼らの未来を想像して付き合っていきたいです!

良くなる姿しか浮かばねぇってな具合で、僕も調子に乗っていきます
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2359-32ebe8ac