杜若高校の塾向け説明会に行ってきました

自分が想像していたよりも多くの塾さんが参加していたのが、なんか嬉しかったですね
昨年よりも人数が増えていた気がします
・・・ちなみに金髪は僕だけでした
40過ぎたら髪の毛のことは色々と考えようと思います

説明会は大きく2部構成
前半は授業見学、そして後半が説明でした

【前半】
◇授業見学会
蒼心塾の卒業生たちが元気に勉強している様子が見られてよかったです
また先生たちが工夫して授業しているのが好印象でした
これは昨年行ったときも思ったのですが、若い先生ががんばっている印象を強く受けましたね
生徒たちもよく集中していたように思います

【後半】
ここからはメモもとったので、細かく紹介していきましょう
◇最近の受験者数の変化
志願者数は増加傾向にあるそうです
また公立高校を1つだけ受験し、杜若を滑り止めとして受験する生徒が昨年は約200名いたとのことでした
確かに志望校よりも学力の低い公立に進学するよりは
私立高校で手厚くみてほしいという要望は増している気がします
多く聞かれるのは豊田北を受験して、第2志望の豊田を受けずに私立を滑り止めにするパターンでしょうか

◇共学の現状(生徒数)
習熟度別のクラス編成が積極的に行われていました
習熟度別ということは、クラスはあるものの、授業後とにメンバーが入れ替わるということですね
1クラスの平均は27人程度とのことなので、この辺りは数字的にも手厚くみてもらえる印象ですね
また特進と文理は女子が過半数なので
一昔前の杜若の男子校イメージはもう学校内に見られないといえるでしょう

◇大学進学実績
杜若の文理コース限定でいえば市内2番手につけているということを強くアピールしていました
2番手なので豊田西の下、豊田北の上ですね
この数字は昨年度の文理コースの生徒数が少ないので、そのまま鵜呑みにはできませんね
200人中の100人と2人中の1人は同じ50%ですが
総数が多ければそこから1,2人増減しても割合は変化しませんが、
総数が少なければ、1,2人の数値の変動でも割合は大きく変わります
逆に共学化して人数が増え始めた今年の3年生でも同レベルの結果が出れば、
杜若の市内2番手校というのも信用できる数字だといえると思います
ちなみに今年は名大に10人合格を目指しているようです。
来年度の報告が楽しみです

◇授業料軽減の現状
私立は高いと思われがちですが、そんなことも無さそうです
まず杜若高校の月額授業料が29,500円
公立高校は無料なんで、ここだけ見ると大きな差ですね
ところが実際に支払っている授業料は様々な補助がききます
月額7,400円が20%、月額12,900円が20%、月額19,600円が60%と
1万円以上減免されているご家庭が全体の60%以上なので
世帯収入によっては大きく月謝が下がりますし
特待生になれば授業料全額免除にもなったりします
だいたい北高以上を狙える学力があれば、特待生は確実でしょう
また最大値の29,500円も、他の私立高校に比べると少し安いと言っていました
もちろん修学旅行であったり、授業料以外にもお金はかかるものですので
簡単にこれだけで、私立もたいしてかからないとは言えませんが
話を聞く前のイメージよりお金はかからない印象です
他の私立高校と比較して見たほうがいいかもしれません

◇スクールバス
藤岡地区にとってはこれは最大の魅力ですよね
スクールバスは無料だそうです
この地域はどこに行くにも遠いので
スクールバスの無料は無茶苦茶デカいですね

以上
杜若高校の説明会で聞いたことを列挙してみました
皆さんの参考になれば幸いです
もし杜若高校のことで知りたいことがあれば、こちらから学校側に聞いてみることもできそうです
お気軽にお尋ねください
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2361-802206a9