土曜日の夜に、1期生の生徒たち、そして講師たちとゲーム大会をしました
昔から、何か月かに1回、塾でボードゲームを楽しむ会を開いています
忙しい仕事を忘れ大いに楽しみました
参加してくれたみなさんありがとう!

今日はそこで話したことを元に、前々から考えていたことを付け加えてちょっと踏み込んだ内容を話そうと思います
それは現時点(2017年7月)の僕が近隣の各高校に対して思っていること
面談などで話ていることを思い切ってぶっちゃけようということです
卒業生たちに聞いた話を元にしてはいますが
これが正解かどうかはやっぱり通ってみないとわかりません
また実際に母校についていろいろ言われて、おもしろくない気分になられる方も多いでしょう
あくまでこれから入る受験生のためと割り切って、誤解を恐れず書き切ってみようと思います
それでも不快だと言われれば、すぐに消します
それも責任だと思いますので

今日は普通科編でいきます

豊田西高校
○長所:大学受験に強い
・生徒たちの勉強に対する意識がそこそこ高い
・入学に必要な学力が高いので、高校内の順位が低くてもそれなりの大学を受験できる
・卒業後は大学進学という進路を達成できているので、あまり悪く言われない

×短所:学校生活において勉強以外の要素がつまらない
・かなり厳しい校則、特に特徴のないイベントなど、実際に通う生徒たちの評判は良くないことが多い


豊田北高校
○長所:大学受験にそこそこ強い
・学校側の勉強に対する強制力が強い
・上位層の成績は決して西高に引けを取らない

×短所:学校側の締め付けが厳しいわりに、落ちこぼれるとサポートはしてもらいにくい
・上位層と下位層の成績格差が広く、内申があり実力不足で入学した生徒、大学進学に強い意欲がわかない生徒はギャップに苦しむ姿が見られる。
・厳しめの校則、課題の多さなど、学校生活が「やらなければいけないこと」であふれている


豊田高校
○長所:通いやすく、入りやすい
・藤岡からはとても近く、バスでも、自転車でも通えるのは良い
・平均で内申30ほど必要だが、実際にはもう少し下でも入れるので、印象よりも入りやすい学校
・実はサッカー日本代表吉田の母校

×短所:特徴が薄い
・普通科ではあるが、進学校と言い切れるほどのレベルに達する生徒が少ないため。意外と受験して大学に入学する以外の進路(専門・推薦による大学入学)も多い。
・進路に対する学校のサポートに不安あり(保護者や生徒による経験談より)
・就職に不利


加茂丘高校
○長所:勉強に目覚める生徒が多い
・入学するのに特別高い成績は必要なく、また入学後の勉強内容も難しくないことが多いため、高校入学後に勉強をがんばる生徒たちが多い。
・古くからある高校のためか、進学、就職、どちらでも選択できる懐の深さがある。
・3年間通ってみたら良い学校だったという意見も良く聞かれる

×短所:なんとなく悪い印象を持たれやすい
・多くの生徒が中退するなど、地域の方から良い印象を持たれないことがある
・進学したは良いが、高校の勉強が難しく無いため、大学の勉強についていくのに苦労することがある
・地元の人間が多く、交友関係が広がりにくい。


杜若高校
○長所:手厚いサポートと通学バスによる通いやすさ
・共学科や、少人数によるクラス編成など、公立とは違う魅力を作ろうと学校側ががんばっている
・平均値で比較すれば北高に引けをとらない進学実績(ただし文理科)
・地元までバスが来てくれるので通いやすい
・入学した生徒たちの満足度が高め

×短所:公立高校よりお金がかかるところ
・私立なので、様々なところでかかるお金まで考えると、やはり公立より高い
・共学化して間もないため、特に女子生徒の進路・就職などにどれくらい学校側が力を発揮できるか未知数
・強豪の部活には入りにくかったり、文理コースだと部活と両立しにくかったり、部活選びに制限がかかりことがある
・加茂高同様、なんとなく悪い印象を持たれることが多い


なるべく普段の授業や、保護者面談で伝えていることに忠実に書いたつもりです
結局のところは、どこの高校を選んでも一長一短あるのです
そして、その先の進路によって高校生活の評価って変わるものです

だからこそ、良く考えて、納得して受験しましょう
そのうえでの失敗ならいくらでもやり直せばよいのです
高校生活は貴重な時間です
だからといって人生のやり直しがきかないなんてことはないのです!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2368-5a19c705