今年の中3の夏期講習は大きく一つ変更点を加えている
それは夏休み課題のチェックをしていないこと

提出に間に合わせるために課題をやっても仕方がない
できるようになるための課題なんだという意識を持ってほしいからだ

はっきり言ってうまくいっていない
例年の強制している形の方が明らかに速いペースで進んでいる
このままではまずい
単に勉強時間が減ってしまう

そこでどうするのかを考えた
一番最初に思いついたのは締め切りを設定し、それまでに終わっていない生徒は残ってでも終わらせること
でも、これじゃああまりに後ろ向きな決定だ
子供達が変化するのには時間がかかる
それをもう少し待ちたい

そこで次に思いついた案
それは宿題が終わった先にあるものを見せること
宿題が終わった生徒は模試の過去問に進もうと思っている
つまり実戦練習を積もうということだ
基礎ができたら、それを使う練習が大事
そうすることで実力はどんどん上がっていく
中3にはこのことを伝えたい
宿題をするのがゴールではなく
宿題をするだけで成績が上がるのではなく
その先に何があるのかを伝えて、少しでも先を見て動けるようになってほしい
まだ強制はしない
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2378-5c0ef47f