FC2ブログ
生徒たちのテスト結果がなかなかの出来で一安心している蒼心塾の加藤です

まだまだ把握している最中ですが、生徒たちのテスト結果がなかなか良い感じです
特に例年と違う結果として出てきているのが
学診の結果が良いということです
※学振というのは豊田市独自の実力テストのことです

これまでの蒼心塾の定番だと
定期テストの順位と、学振の順位を比較すると学振のほうが下に出ることがよくありました

これは僕自身、納得の部分があります
なぜかといえば、定期テスト前の蒼心塾にはガチンコがあるからです
ガチンコで思いっきりテスト対策に時間を使えば、もちろん良い結果になりやすいに決まっています

それに比べて、ガチンコのない学診はまさに実力テスト
これまでにやってきたことが、どれくらい身についているかを試すテストです
今、現在持っている力がどうしても出てしまいますね

今年の中1、中2は、今のところ学振のほうが良い結果になっている生徒が何人かいます
というか、ここに来て、自己ベスト、過去最高順位を更新する生徒が何人もいます
これは蒼心塾にとって初めてのことです

何がこの変化の要因なのか?と考えてみると
一番塾として変わったのは、授業のやり方かもしれません

今年は、ここ数年で一番授業をしていません
いわゆるアクティブラーニングの影響を受けて
こちらが説明する量を減らし、生徒たちが教えあい、考えてもらう時間がとても増えています
これによって変わったものは2つ
1つは退塾の減少、もう1つは今回の学診の結果が良くなったことです
退塾に関してはもう1年以上、小中学生では、誰もやめていない状態がつづいています
今回の学診では自己ベストを更新した生徒が中1、中2全体の30%を越える見込みです


まだまだ相関関係がはっきりといえるほどの結果ではありませんし
全員分のデータが出そろったわけでもありません
それでも、何か良い動きのような気がしてうれしい気持ちになっています
この流れを続けていきたいです



今日の余談1
学診の塾内最高点は242点でした
これは過去の塾生たちと比較してもおそらくトップなのではないかと思われます
とてもよく努力できる生徒なので、それが形になってくれるとほっとします



今日の余談2
中1、中2にも協力してもらいながら、今年の卒業制作の準備が進んでいます
良いものができそうです
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2515-064564a3