昨日は夜中まで仕事をし、今日は昼から仕事をし、まだ大量の仕事が残っている蒼心塾の加藤です

今日はまず、こちらのブログを紹介させてください

私大入試はこれから過酷な戦いになるぞ!!

お世話になっているさくら個別の國立先生のブログです
いつもだったら大学入試の情報はピンとこないことが多いんですが
今回はなんとなくひっかかったんですね

で、今年高3の生徒にちょっと聞いてみたんです
今年の私大受験はなかなか合格出にくくなってるの?って

そしたら「そんな噂はありますね~」という返事でした
その返事をしている本人も、先日私大受験を終えたばかりです。
入試後は自信のあるような口ぶりでしたが
結果は補欠合格という、苦い結果となりました
ブログに書いてある状況と同じようなことが、ここでも起こっていたのかもしれません

ちょうど同じタイミングで、某私立高校の教員をやっている友人から電話がかかってきました
これは確認できる!と思って、同様の質問を投げかけてみると
愛工大レベルで、例年よりも不合格者が多く出ているという話でした
いつもなら合格できるような子が不合格になったりしているとのことです
ますますこれはブログに書いてあったことと現実に起こっていることのリンク具合が増してきましたね
ちょっとテンションが上がってしまいました。


僕は大学進学に対して、若干の懐疑的な気持ちを抱いている人間です
それはなぜかというと、大学は学ぶ意思がある人間が行くべき場所だと思うからです

もし自分に対しての投資としていくのであれば
大学4年間にかかる莫大なお金(ハイリスク)に対して、ハイリターンが必ずしも保証されるわけではないからです
なんなら年々リターンは下がっているように感じます
だから、どうしても大学卒の資格が欲しい人や、学びたい勉強がある人以外は、安易に大学進学の道を選ぶのは微妙じゃないか?と感じています

もちろんこの仕事についている以上、大学受験をがんばっている生徒視点から言えば
みんなが志望校に合格してほしいなという気持ちはあります
でも、大学によっては進学がハイリスク、ローリターンになることもあるのではないか?と
一度真剣に考えてみてもよい時代になってきているのかもしれません
そんなことを思った今回のニュースでした
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2521-cddb3f9e