二次募集について調べてみた

19日(月)に愛知県の公立高校入試の結果が発表されました
その時に同時に発表されたものに二次募集の結果があります
公立高校を2つ受験できる愛知県において、なかなか二次募集の高校を受験することは珍しいことです
蒼心塾でも、これまで二次募集の高校を受験した生徒はいません
ただ、今後も0とは限らないので、ちょっと今年の二次募集の状況について調べてみました


二次募集はここで調べられる!

愛知県の公立高校の入試情報はこちらのHPに載っています
高校入試情報(愛知県)
HPの全日制募集人員のところをご覧ください
一覧で眺められるようになっています

近隣の高校の二次募集の状況は?

蒼心塾から今年だけではなく、過去も含めて受験した生徒がいる高校で、今年二次募集を行っている学校は全部で4校あります

瀬戸窯業(デザイン)6人
衣台29人
加茂丘40人
猿投農林(農業)1名
猿投農林(生活)4人


加茂丘や衣台など、やはり交通の便の悪いところは人気が出にくいので定員割れしやすいですね
少人数とはいえ、猿投農林や瀬戸窯業でも定員割れがありました
来年、このあたりの学校を受験するときは、人数がどう変化するのか気になるところです
そもそも定員が40人~80人程度と少ないので
簡単に入れるならと人数が集まり、あっさり入りにくくなる可能性もあるからです



今日は近隣の高校の二次募集状況について書いてみました
現場の感覚として公立王国だった三河でも
公立高校の人気が少しずつ下がってきているように感じます
それでも、進学校とされる豊田北や豊田西は二次募集は期待できません
進学校を目指す場合は勉強を早めにスタートするのが最も有効です
今から全開でいきましょう!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2535-464bacb2