今週の水曜日から南中、来週の月曜日から藤中のガチンコが始まります。豊田市は前期後期制ですから、3学期制の地区とちょっとずれますね。

とにかく年度最初のこのテストで正しい勉強を身に着けてほしい。それがこちらとしての最大の願いです。

studymethod-kaizen-01-640x336.jpeg


そこで過去に書いた気もしますが、もう一度蒼心塾で伝えている定期テストの勉強の基本を書いておきたいと思います。

テスト勉強の目標、それは点数をとることです。きれいごとはこの際置いときましょ。範囲の決まっているテストの勉強なんですから、高得点をとるため以外に目標は無いでしょう。まあもうちょっと穏やか言い方をすれば、自己ベストの更新です。そのためにがんばるわけです。

じゃあ自己ベストを更新するために、どうやって勉強したらいいか?

テスト勉強のポイント、それは3つあります。1つは理解すること、2つ目は暗記すること、3つ目はスピードをつけること。この3つを意識して勉強してください。

理解の大切さは言うまでもありません。わかっていないと使えないのです。問題形式がちょっと変わっただけで取れないということはまだまだ理解出来ていない証拠です。

暗記ももちろん大事です。英語は言えるけど書けない、社会の語句が漢字で書けないなんてのは暗記不足ですね。

スピードは意外と忘れがち。特に中1の最初のテストはこのスピード不足によって失敗する生徒が多く出ます。まあ入試のことを思えば、スピード不足が一番気にならない部分でもあります。定期テストだけですよね。あんなに多くの問題を短時間で解かなくてはいけないのは。

蒼心塾としてはこれら3つを身に着けてもらうために、反復を推奨しています。間違えた問題を繰り返して解くことこそ、テスト勉強の基本です。それらを実行しやすいように、オレンジペンと青ペンと赤シートの3種の神器も渡してあります。

写真 2018-02-16 21 53 28


理解できている問題と、理解出来ていない問題をわけるために反復してください。

暗記するために反復してください。

スピードをつけるために反復してください。


定期テストの勉強とはこれだけです。これが集中してやれるようになるのが、まず大事なところです。むずかしい問題を解くとか、先生がまとめた授業を聞くとか、予想問題や過去問を解くとか、そういうことはすべて基礎の反復ができるようになってからの話です


学年1位の生徒も、同じように勉強をしています。まずは基礎を固めましょうね
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2567-2fc3fd7e