本日より藤中のガチンコがスタート、そして南中のガチンコも再開していきます。

今日は振り替え休日になっているので、在籍する中学生のうち約半数の生徒たちが自習にやってきています。なかなかよく来ていますね。そしてこの時期最も心配である1年生はほぼ来ていません。まあこれもこの時期のあるあるです。1年生はなかなか勉強が自分の問題だということに気づきません。今回のテストを通していろいろなことを学び、早く気づいていってほしいと思います。

本日からは南中生を対象にトライアスロンも実施していきます。藤中生は週末に実施予定です。

トライアスロンというのは塾で行う暗記テストの名称で、もともとは国・社・英の3教科の暗記テストを合格するまでやりきるというコンセプトでスタートしました。3教科行うからトライアスロンです。

自習


塾を作った当初からのオリジナル企画で、初めて1期生に実施した時は12時過ぎても終わらない生徒が続出だったことを覚えています。もちろんその分成績上昇者も続出しました。

玄関
↑開校当初の玄関を携帯で撮った画像です。今と違って下駄箱もありませんし、携帯の画像も荒いですね(笑)


そこからだんだんと形を変え、最近は内容もだいぶマイルドになってきました。これは主に成績上位層と下位層に配慮してのことです。

上位層は暗記テスト(トライアスロン)を塾で行わなくても、そこそこできてしまいます。むしろ塾から与えるこれらの課題が邪魔をしている部分もあります。下位層は塾から与えるトライアスロンが負担となってしまう場合があります。だったら学校のワークを反復してくれた方が成績も上がるはずです。

これらのことを考え、また塾に依存しすぎないようにとも考え、現在の形へと変わってきました。

現時点のトライアスロンの内容は

1:漢字テスト(6枚から11枚程度)
2:英語プリント(3枚から7枚程度)
3:社会の赤文字暗記(フォレスタ)

以上の3つで行っています。

漢字テストは満点合格しか許されなかった以前と違い、1問ミスまでOKとなっています。

英語のプリントは復習形式ではないので、間違えたところに先生たちからの説明が入る仕様になっています。

昔の社会は年表を白紙に再現という地獄の内容でしたが(それだけに成績も上がる)かかる時間が多すぎることから、フォレスタの重要語句暗記へと切り替わりました。

昔の生徒たちが聞いたら、なんだそれは?簡単すぎじゃんと怒るかもしれません。でもいろいろと考え、より全体が伸びる方向にと検討した結果の変化です。

こうやって書いていると昔の厳しい内容でやってみたい気もしてきます。・・・が、負担を増やすのではなく減らすのが先生の役目。乗り越えられないハードルを与えて、生徒が苦しんでいるだけでは何の意味もありません。今後もより有益な内容になるように工夫していきたいです。

今日はトライアスロンについて書いてみました。テストに向けてがんばります!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2573-b7ffe4f3