先日、新しい小学生の生徒の入塾が決定しました。とてもありがたいことです。お力になれるようにがんばりたいと思います。

閉じることが決まっている塾に入塾してくださるというのは、とてもありがたいことです。もちろん理由はなんとなくとか、近いからとか、上のご兄弟が通っているからなどが多いことはわかっています。それでも、やはり選んでくださるということはとてもありがたいことです。

蒼心塾としてはもうすぐ9周年。それでも日々いろいろな発見があります。長くやっていて見えてくることがたくさんあるわけです。最近はLepton英語も3年目に入り、SKP算数・国語がそろそろ1年経とうとしている中で、小学生の勉強の重要性を強く感じることが多いです。

小学生というのはとても学力差・個人差が大きいです。だからこそ、個々の歩みに応じて成長の機会が与えられるべきだと僕は思います。そして適切な機会が与えられれば、子供たちはそれぞれが成長していきます。僕は塾はそういう場所であるべきだと考えるようになってきました。

現在蒼心塾では小学生たちが日々勉強をがんばっています。

そしてその学ぶ内容は多岐にわたっています。

小6の算数と小3の国語を学ぶ小5男子

小1の国語と英語のフォニックスを学ぶ小4男子

小6の算数を学ぶ小5女子

・・・


色々な生徒たちが目の前の自分の勉強に取り組んでいる今の塾の環境が僕はとても好きです。次に作る塾もこんな感じを強めていきたいですね。

もちろん蒼心塾も小学生は引き続き募集しています。残された時間は多くはありませんが、半年もらえれば、生徒たちは目に見えて変わってきます。もしご興味ありましたらお問合せくださいね~精一杯やらせていただきます。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2576-53f5622e