最近は日中、授業後と面談が続いており、なかなかブログの更新ができませんでした。久しぶりのブログ更新です。

7月に入りました。今月7日で蒼心塾は9周年となります。毎年、7月7日に合わせてチラシを入れているので、今年もチラシを作っていたのですが、ここ数年チラシを作ることに対して迷いがある状況が続いています。

それは何のためにチラシを入れるのか?という根本的な部分に迷いがあるからです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、蒼心塾の中学生は基本満席状態が続いています。そして小学生は募集しているものの、塾があと1年半で無くなるというのが大きめのハードルとなっており、なかなか新規入塾が見込みにくい状況となっています。だからチラシ=新規募集と考えた場合、チラシを折り込んでも効果が見込みにくい状況となっているのです。

そんな中で何を書こうかと考えていたところ、いいアイデアが降ってきました!

蒼心塾が無くなるということは、他の塾に通う人も出てくるだろう。だったら他の塾に通うときに聞いておくべき10のコトをまとめておくのはどうだろうか?意外とこれは需要があるかもしれません。さっそく書いていってみましょう。模範解答にはならないかもしれませんが、蒼心塾だったらこうですという回答も載せておきます。



入塾時に聞いておきたい10のこと

①中3生1年間の費用総額(およそで構いません)
蒼心塾の場合:授業料295,000円+教材費12,000円+模試代(3回)10,800円=317,800円

②授業料以外の費用の有無
(入会金とか、年会費とか、教材費とか、教室維持費とか、いろいろな名前のお金がある塾もあります。)
蒼心塾の場合:受講内容によって月4,000円の教材費がかかります。

③無料体験の期間 
蒼心塾の場合:最近は2週間としています

④テスト対策の有無と費用
蒼心塾の場合:テスト前10日間ほど毎日行います。受講内容によっては4,000円/月かかります。

⑤対象中学と生徒数(生徒数が少ないとサービスが後回しになる可能性もあります)
蒼心塾の場合:藤岡中学区と藤岡南中学区のみが対象です。


⑥宿題の量と有無、忘れた場合の対応
蒼心塾の場合:宿題は無しです

⑦やめていく生徒の割合と理由
蒼心塾の場合:2018年3月末までの通算退塾率は12%ほどです。年間平均は3人程度。やはり理由は成績が上がらないからです。表面上は違う理由をおっしゃられた場合も、そう捉えるようにしています。

⑧在籍生の成績上昇例(良い例だけではなく、平均値はどれくらいかを確認)
蒼心塾の場合:例年3年間で平均10位ほど成績が上がります。極端な例だと100人中で50位以上上昇するような生徒もいますが、あまり参考にしないほうがよいでしょう。

⑨塾長・教室長の経験値
蒼心塾の場合:20歳からこの世界で働き始めて、今年で40歳になります。この道20年です。蒼心塾を始めてからは9年ですから、藤岡で教えている期間が人生で一番長いです。出身も豊田市なので、他の学区の入試情報には疎いです。

⑩勉強の量を確保する塾独自の方法はあるのか
蒼心塾の場合:やはり売りは中学生のテスト対策「ガチンコ」です。生徒個々が自分で勉強に取り組むように変わっていくのが一番の特徴です。定期テスト前の10日間ほど毎日塾に来て勉強してもらいます。





塾の選び方というのはなかなか難しいと思います。その指針の一つとしてこれらの10のことを聞いてみるのはどうでしょうか?
あ、そうそう、塾選びの参考にしてはいけない情報の一つに「極端な割引」というものがあります。

食品のように鮮度などで、割引の理由がはっきりしているものはわかります。そもそも食べなければいけないものを安く買うというのは買い物上手と言えるでしょう。でも、塾のように生活必需品ではないものを割引を理由に選ぶのはおすすめしません。安くできるということはそれだけの理由があるはずだからです。ってかそもそもいらないお金を入会金とかに設定してんじゃね~の??

これ以上、毒を吐く前に今日はこれくらいにしておきましょう。相性が合えば、塾は子供にも、おうちの方にも素敵な場所となるでしょう。みなさんの塾ライフが素敵なものになることを祈ります。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2590-6fcaee69