FC2ブログ
毎日保護者面談をしています。

今回申し込んでいただいたのが、32件
各家庭と平均40分以上は話していると思うので、
32件×0.7h=22.4
おそらく22時間くらいは面談をしていることになります。

話していて、よく話題に上がるのが、子供への声のかけ方です
どうしても叱ってしまう。どうしてもできていないことが気になってしまうというお気持ちはよくわかります
僕も正直そうです。
子どもたちに感情移入すればするほど、そうなってしまう気がします

それでも、一応子供たちへ対応するプロとして
一つアドバイスさせていただくとしたら

未来を見て声をかけてください!
今を見ないでください!


こうアドバイスさせていただきます。

今できていないことに対し、「できていないじゃん!」と言っても、できるようになるわけではありません。
どうやったら明日できるようになるのか?1週間後、1か月後、1年後にできるようになるために、なんて声をかけようか?そう考えてみてください。そうすることで、大人側も感情的にならず、声掛けを考えられるようになります

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2592-09cc629c