fc2ブログ
3月6日(金)検診日


17:40
僕は仕事。代わりに付き添ってくれたお母さんから連絡。「そのまま入院になりました」血圧が高いため入院。明日出産の可能性あり。緊張感が湧くもののできることは何もない。明日の塾をあきひととかなに任せるお願いをする。各家庭にLINE。何件か温かい返信をいただく。ありがたい。ホピに寄ってから帰宅。早くベッドに入るがなかなか眠くならない

3月7日(土)


8:30
病院到着。妻は少し元気のない様子。明るい光がダメなようで、病室は薄暗い。話しながら診察を待つ

9:30
診察。今日の方針が先生から説明される。血圧は薬で下がったが、尿にタンパクが混ざっているのが問題。促進剤を入れ13時まで様子を見て経膣分娩か帝王切開か決まるらしい。母体の状況をよくするため、本日中に産む方向。

10:15
陣痛室で促進剤を打つのかと思っていたら即分娩室に移動。採血3本。促進剤の投入開始。両親教室に参加していたので付き添い可能。オペとかで着るような服を着る。
つむ誕生日_200309_0012


10:50
赤ちゃんモニターの調子が悪く、なかなか心音等が拾われない。切迫早産で長いこと入院していたので、こういったトラブルもあるよなあ~くらいの感覚で見ていた。もし、いきなりの入院でこの状況だったらめちゃくちゃ不安だろうと思う
つむ誕生日_200309_0014



12:00
看護師さんが血圧を測り忘れていた。測定開始。

13:00
医師より説明。促進剤の効果もあまり見込めず。母子の安全を考え帝王切開をすすめられる。動揺はしたものの、結論は帝王切開。不安はあっても2人とも考えることは同じ。同意書にサイン。無事に生まれてきてほしい。

13:30
オペ室に移動。異状なければ40分から50分で戻ってこれるとのこと。待つ。帝王切開ということで、立ち合いは無しになった。でも、両親教室受けていなければそもそも陣痛室にも入れなさそうなので、立ち会う準備はしていてよかった
つむ誕生日_200309_0006



13:30
朝から何も食べていなかったので、ウィダーとお茶で食事。妻は水分も制限されている

14:20
そろそろだろうか…Mリーグも、テレビもなかなか落ち着いてみられない

14:29
無事誕生!まずは息子と対面。聞いた感じ母子ともに健康のようす。妻の帰りを待つ。
3月7日(土)13:59 2922g 50.0cm 男児
それぞれの母親と代わりに生徒たちを見てくれている蒼心塾のラインに写真を送信。
つむ誕生日_200309_0001
つむ誕生日_200309_0005



15:00
妻がオペ室から戻る。麻酔のため意識は朦朧としている。血圧が高いようで血圧を下げるための点滴を再開。何事もなければそれで良いのだけど、出産が終わっても、まだまだどうなるのかはわからない。なんとなく出産さえすれば、状況は全てよくなると思ってたけど、そんな簡単な話ではないと思い知らされる。部屋にベッドごと戻る準備の為か、部屋から出て少し離れたところで待っているように言われる

15:15
息子をガラス越しに眺めながら、呼ばれるのを待つ・・・が、なかなか呼ばれない。そこでふと気づく。わざわざ部屋から離れたところで待てと言われたということは、この後、妻に聞かれてはまずいような話をするのだろうか?手術がうまくいかなかったのだろうか?不安になっていたところ呼ばれた。部屋に入って気付く。まだまだ妻の出産は終わっていない。点滴や麻酔や痛み止めで満身創痍の姿を見て、浮かれている場合ではないのだと気づかされる

16:00
妻の麻酔が切れ始め、切開したお腹の痛みが始まる。ボタンを押したら痛み止めが投与される装置が設置されていた。10分おきに使えるらしい

16:30
だいぶ麻酔が切れてきて足の感覚が戻り始めた様子。子宮が収縮中で出血がひどくならないか確認してもらう。今のところ大丈夫そう。血圧は144/79 少し下がり始めた

17:06
お腹の状況を触って確認をされるたびにかなり痛そうな声が出る。ただ子宮がきちんと収縮してくれないと出血もひどくなるようなので、定期的に看護師さんが触って確認。結局どういう形であろうと出産は命がけ

18:40
血圧が下がらない。体勢を変えた影響もあるだろうけど、163/80 なんとなく昨日からの流れでこれが高い数値なのはわかる。30分ごとに看護師さんが見てくれる。ありがたい。今日は他の陣痛室はほとんど空いているようだ。

19:00
眺めていても様子が変わるわけでもないので、ガラス越しに息子を見に行く。かわいい。早く妻にも見せてやりたい。一応出産直後には会えたようだけども・・・

20:00
面会時間終了。家に帰る。明日は朝から中3最終授業日。質問もたまっているようだ。とりあえず息子は無事に生まれた。病院にいても、僕にできることは何もない。また明日授業が終わってから様子を見に来る

3月8日(日)


18:00
中3最終日。生徒たちはよくがんばっていた。最終日に生徒たちといくつかゲームもした。楽しかった。明日の入試もうまくいってほしい。多くの人たちが、最後だし、子供も生まれたしということでお祝いをくれた。ありがたい。ありがたい。

19:15
片付けもそこそこにして病院に到着。病室に入ったところ、痛み止めもなくなっていて、妻と普通に会話できた。日中に息子とも会えたようだ。血圧の数値は相変わらず高い。血圧に悪影響が出ないように、部屋は暗いまま。携帯も見れないようだ。血栓ができないように、ずっと足にマッサージャーがついている。まだまだ自由に動けたりはしない。でも、きっと昨日よりは状況は進んでいるのではないかと思う。きっと良い方向に。



これから僕も妻もきっとお父さんとお母さんになっていく。
色々な変化は全部つながっていて、そこに分断はない
そのことが嬉しい
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/2803-92765441