まあ塾のことを考えると

考えることはいつも同じ

この生徒の成績をどう上げようか?

これだけである


さいわい蒼心塾は地域の方々というか

保護者の皆様に温かい理解をいただいていると感じることが多く

生徒募集という塾の経営面で最大の問題に悩む必要が少ない

メインの中学生でいえば今年は1年から3年まで満席で

来年度も1年から3年まで満席の予定

だからなのかもしれないけど

悩むのはどうやって成績を上げていけるかってことばかりだ



今の中3の状況では

Sは元々順調、期末がちょい失敗

Rは合宿以降調子を上げているような気がするし、期末もまずまず

Tは旅行で少しペースを崩したけど、なんとか持ち直し

Sは苦手がはっきりしてるけどそれ以外はとれている

Yは合宿以降順調、今回も自己ベストっぽい

Yも高い目標に引っ張られて徐々に上昇中

Jもゆっくり上げてきてるし、

Kは夏休みのトライアスロンから意識の高さが行動に出てたからか期末も好調

Nはリベンジするだけの気概が出せるかが試されてるね

Tは初の400越え!すばらしい

Kも夏休み以降良い感じ

Mも大きく崩れることはなくなってきた

Tはまだまだ心配はあるけど、だいぶ勉強に正面から向き合えるように変わってきた

Sは壁にぶつかってる、ちょっと手助けが必要かも

Yはテストは順調、あとは内申しだい

Yも2学期に入ってテスト順調

こんな感じ

こうやって一人一人のがんばりを見てると

中3はがんばってるなぁって思ってしまうけど

中3はがんばって成績を上げても、志望校に行けなければすべて一緒

求められてるのは、第一志望に入ることなんだ

そのためにはまだまだ追わなくてはいけない

特に西高、北高を目指してるやつらはまだまだ実力が足りない

演習量の増加が求められる

早く模試の結果も見たいなぁ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/599-3d5b4fdd