中3生の冬期講習用の教材がほぼ決定してきた

まず弱さが目立つ英語の対策に「長文読解の名人」

さらに演習量が不足がちな中3の内容の復習に「必修ウィンター(合本)」

さらに入試レベルの問題演習として「愛知県公立高校入試完全演習」

今週のテストが終了してからこれらの教材に取り組んでいくことになる

さらにリスニング用の別教材も検討中だ

・・ここまではいいんだけど

実はこれらの教材合計すると一人当たりの教材費が5000円を越えてくる

うちの塾は基本的に料金をわかりやすく設定している(つもりな)ので

冬期講習などで別に教材費をもらうことはない

冬期講習費という名目でいただくお金の中には

冬期講習に必要なすべての金額が含まれているのだ

もちろん今回も冬期講習費としてもらうのは授業料だけ、教材費はその中に含まれているのだけども

・・・ちょっと想像より教材費が高すぎる



結論から言うと

中3生は僕が気合いを入れて選んだ教材を大事に使ってほしい

ってことかな
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/683-a1e76ef8