けっこう久しぶりになりますが最近の読書事情(マンガを除く)

ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎
今年のゴールデンウィークに仙台に行ったときに、同行した友人に仙台を舞台にした伊坂幸太郎原作の映画があると聞かされて興味を持っていました。ただここまで読んだ伊坂作品にピンと来るものが少なく躊躇していたところ、ゴールデンスランバーの文庫が出ていて買ってみることにしました。結論としては僕が読んだ伊坂作品の中では最も好きです。簡単にいうと首相暗殺の罪を着せられ逃げる主人公の話なのですが、ラストはもう少し現実的ではなく、それこそワンピースの各エピソードのラストのようなすっきり感のある終わり方をしてほしかったと僕は思いました。それでも十分におもしろかったです。


UFO大通り/島田荘司
ちょっと強引さも感じられますが、安心して読める御手洗ものでした。島田荘司ファンなのであんまり公平な評価ができる気はしないですが、期待を越えもせず、下回りもせずといったところでしょうか。過去の名作群にはちと及びません。


謎解きはディナーのあとで/東川篤哉
お嬢様刑事と執事探偵の話で2人の絡みが一番の売りとなっています。確かにそこはおもしろい。三洋堂で平積みにされていたので買ったのですが、70点くらいを期待したら65点だったという印象でした。肝心の推理部分が弱いというか、強引というか、探偵役のすごさが感じられず、ただ都合よく事件が解決する印象でした


女子高生ちえの社長日記/甲斐荘正晃

もしも女子高生が社長になったらという話ですが、野球部のマネージャーがドラッカー~に比べると、話としての盛り上がりにもかけるうえ、何の足しにもならないという、ただの読みやすい本でしたね


30代にしておきたい17のこと/本田健

なんというか教科書のような内容というか、ピンときませんでした。僕はこういった本を読むときは、良いことが書いてあるんだからなるべく鵜呑みにしようと思うことが多いのですが・・・これはそこまで思うこともできずに・・なんというんでしょうか、たとえるなら「泥棒はいけないよ」って書いてある感じでした


まずはアパート一棟買いなさい/石原博光

なんとなくアパート経営なんて塾と共存できるんじゃないかと思い読んでみました。大変わかりやすい内容で、具体的にイメージも持てて良い本だったと思うのですが・・・自分はアパート経営がやりたいわけではないなぁと再確認してしまいました(笑)


会社をつくるメリット・デメリット/井上修

先日も中3の授業で生徒たちに税金の話を少ししましたが、個人事業主から会社にした方がいいのかを調べようと思い読みました。もちろんおもしろい本ではありませんでしたし、悪い本ではないと思うのですが、驚きは無かったです




意外と本を読んでいないですね、これくらいだったら1カ月で読めそうですが、2カ月ほどかかっています。マンガを読むペースも鈍ってますね

こういったところからも受験が近づいてきていることを感じます
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/708-a53fc46f