授業を行いながらも

なかなか地震のことが頭から離れない日々が続いている

ちなみに勉強について少し触れておくと

今日は新中3のAYKとSTKが良いペースで勉強できていた

繰り返しが効いていたようだ。これは素直にうれしいね


さて今回の地震に対して

被災していない子供たちには何ができるんだろう?

力もなく、自由に動かせるお金も少なく、専門的な技術もない

少ないお小遣いの中から大きな額を募金したという話を聞いたりはするし

それはすばらしいと思う

でも、今、未曾有の大地震が起きたこのときに

中学生や、小学生、もしくは高校生だったりする生徒たちにできることって

彼らにしかできないことって

いったい何だろう?


それは学ぶことなのではないかと僕は思う

なぜ地震が起きたのか?

どんな被害が起こるのか?

地震の起こる前と、起こった後で社会がどう変わっていくのか?

原子力発電所のメリットは?デメリットは?

今だからこそ学べることがたくさんある

できる限りたくさんのものを吸収してほしい

そしてそれを今後に生かしていってほしい

それこそが未来ある子供たちにしかできないことだと思う


将来、今の子供たちの中からものすごい才能が現れるかもしれない

地球上すべての地震を予知するような発明をするかもしれない

どんな津波でも弱めることができる装置を考えだすかもしれない

消防士や警察官、自衛官、医師としてたくさんの命を救うかもしれない


子供には可能性がある

今、被災していない子供たちに必要なことは

この災害に対して自分の無力さを認識すること

そして自分の可能性を伸ばしていくことだと思う

今は無力な子供たちだけど

未来の大災害に立ち向かう力をつかみ取ってほしい

そばにいる大人として

そんなことを思う
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/846-4fd95f40