授業をしていると

というか塾をしていると、子供たちを指導していくのに

どういった方法が一番良いのか

いろいろと考える


例えば厳しく指導するのと、厳しくないのとどちらが良いか?

もちろん厳しくする必要性もわかっているし

生徒を叱ることだってあるのだけど

それってなかなか前向きなエネルギーを生まない

僕自身、過去に叱られて反省したことはあるけれども

叱られた後に残るものというのは

次に同じ失敗をしないようにしようという

反省の気持ちだ

後ろ向きの気持ちと言っても良い

決して今まで以上にがんばろうとか

誰もやっていないことをやってやろうという

前向きな気持ちではない


もちろん生徒がやってはいけないことをやったなどという場合は

叱った方が良い

だけど、それ以外の場合は

やっぱり厳しくしないほうが前向きになるんじゃないだろうか?

特に勉強に関して言えばそうなんじゃないかなって思う

だって誰だって積極的に学校の勉強をやりたいって思ってないんだから

まとめるならルール違反には厳しく、勉強は楽しく、って感じに近づけたい



ちなみにうちの塾のルールは

「塾に来たらまじめに勉強する」ってことね
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://makotojuku.blog116.fc2.com/tb.php/919-3d67b4d1